Arcserve
UDP Cloud Hybrid
UDPからクラウドへのバックアップが超簡単に!
転送量を最小限に!
見積り簡単!
クラウドで
保護とDR
お客様サイトのバックアップを簡単にクラウドに転送。さらに業務継続も
●お客様要件に対応する2つのサービスをご用意
BaaS:クラウドにバックアップ転送
DRaaS:クラウドで業務継続
バックアップデータの二次保管先として
Microsoft 365の一次バックアップ先として
災対サイトとしてクラウドを手軽に利用
年額固定制で費用の計算も楽々
●BaaSはストレージを契約。
 DRaaSはそれに加えてクラウドで
 起動するCPUやメモリを契約するだけ
●転送量に課金なし。
 年額固定料金なので、見積りも簡単!
●契約したストレージに入りきる限り、
 台数無制限でバックアップ
好きな時間に効率よくバックアップ。重複排除や圧縮と併用も可能
●フルは初回のみ、2回目以降は増分だけを効率よく転送。重複排除や圧縮と併用も可能
●業務に支障が及ばないように、曜日や時間帯を指定しての"帯域制御"が可能
インターネット経由の転送でも安心!
●不安定なネットワークでも安心!"かしこい"リトライで効率よく転送
 回線障害などによる転送失敗時にもリトライに加え、回線復帰時には未送信データのみを転送
●セキュリティも安心!
 転送時にはSSL、保管時にはAESで暗号化
ライセンス表
ご利用リージョン 製品名 提供形態 課金単位 購入単位 標準価格
東日本
リージョン
Storage - 1TB サービス クラウド
ストレージ
1TB ¥192,000
Additional Storage - 1TB サービス クラウド
ストレージ
1TB ¥192,000
Compute - 1vCPU & 4GB RAM サービス コンピュート
リソース
1vCPU+4GB
RAM
¥63,000
Compute - グローバルIPv4 アドレス サービス 個数 1アドレス 個別見積もり
西日本
リージョン
Storage - 4TB サービス クラウド
ストレージ
4TB ¥816,000
Additional Storage - 1TB サービス クラウド
ストレージ
1TB ¥204,000
※ すべてのサービス項目は1年サブスクリプションです。 ※ 価格は税抜です
※ Office 365のバックアップ以外では、一次バックアップ用に Arcserve UDP が必要です。
スペック一覧
項目 対応状況
クラウドインスタンスの
電源管理
AWS, Azure, Arcserve UDP Cloud Hybrid ※Arcserve UDPを利用
データ変換
※Arcserve UDPを利用
VMDK→AMI AMI→VMDK
VMDK→VHD VHD→VMDK
AMI→VHD VHD→AMI
物理→AMI 物理→VHD
SaaS対応 Exchange SharePoint
OneDrive Teams

※2021年5月現在

pagetop