パブリッククラウドのバックアップ
博士いよいよクラウド編ですね。なんだかわくわくします。
単にクラウドバックアップと言っても、大きく2通りの使い方がある。
「パブリッククラウドにバックアップ」 と、 「パブリッククラウドを
バックアップ」
じゃ。
パブリッククラウドにバックアップ
パブリッククラウドをバックアップ
言っている事はわかりますが、いまいちイメージが湧かないです。
うむ、まず考えて欲しいのが最近はクラウドファーストと言って、クラウド利用を前提として考えている企業もある。だからオンプレには必要最小限の設備しか置かずに基幹システムですらクラウドに置く企業が出てきている。
この様な企業は、日本では比較的まだ少なく、出来立てのベンチャー企業や小規模事業者が多い。これは小規模事業者やベンチャー企業は比較的過去の縛りなどが少なくシステムを移動しやすいことが、クラウドへの移行に起因していることが多い。
オンプレファースト
クラウドファースト
なるほど。やっぱり長年運営している企業は、いきなり
システム全てをクラウドに持っていくのは難しいんですね。
そうじゃな。ただクラウドは柔軟さや使い方によっては非常にコストが安くなる。
クラウドにすべてのリソースを移行できない企業は、まずはクラウドをバックアップや
アーカイブなどのデータ保存先として利用する事から始める企業が多いんじゃ。

pagetop