アプライアンス特別ライセンス
アプライアンス購入のメリットとして、最近各社からよく提供されているものに、
容量ライセンスがある。
バックアップ対象サーバー数は関係なく、そのモデルの容量に入れば何台でも
バックアップが取得可能というライセンス体系じゃ。
アプライアンスの容量を
超えなければ何台でも
バックアップOK
ううーん。台数に制限なく利用できるのはうれしいですが、
いまいちその利用用途がイメージつきません。
ふむふむ。いろんな利用方法があるぞ。
例えば最近は在宅ワークやリモートワークなどが増えて、PCを社外に持ち出すことから
PCのデータ障害や紛失なども問題になっている。
そこで全PCを対象にバックアップを行い、その分ライセンスが課金されてしまうと、
非常に高い料金となってしまう。
リモートワークに潜む様々なデータ損失リスク
全社員のPC台数で数えると費用が高くなる
なるほど。
また最近ではポリシーベースのバックアップアプライアンスも登場した。
管理者が意図しない間にバックアップ対象が増える問題もあり、
ライセンス規約違反とならないためにも必要なライセンス体系となる。

pagetop