ところで REST API 連携って何ですか?
最近よくお客様から聞かれますが正直猛ダッシュで
逃げて帰ってきます。まったくわかりません…
うん、困ったな。まだまだ勉強が必要じゃ。
今日はアプリケーション開発の話をすると時間が
足りないので、かいつまんで説明しよう。
REST API連携
守くん、まずアプリケーションの開発工程を説明していこう。
通常はざっくり大きく3つの工程からなる。
要件定義→プログラミング→アプリケーションリリース だ。
プログラミングは通常複数人でコードを書いたり、機能をパーツごとに
分けて開発していく。
その工程の中で、開発→テストリリース→検証→バグ修正を何回も繰り返すんじゃ。
その際にテストリリースで非常に手間になる工程がいくつかあるんじゃ。
イメージはこんな感じじゃ。
あらためて見るとアプリケーションリリースまでにたくさんの
工数がかかり大変ですね…
高機能バックアップアプライアンスならこの工程は全てJenkinsなどの
自動化ツールとAPI連携して自動化される。Jenkinsから指令を受けた
バックアップアプライアンスが最新のデータベースなどを用意するんじゃ。
最近はこのような開発方法を DevOps という。
DevOps
DevOpsとは、開発チーム(Development)と運用チーム(Operations)が連携し、
開発・運用システムによってビジネスの価値を高め、その価値をより確実かつ迅速にエンドユーザーに
提供し続ける概念を指す。
❶開発したソースコードを
 GitHubなどのソース
 コード管理レポジトリに
 保存する
❷状況指定のレポジトリなど最新の
 ソースコードが保存された事を
 きっかけに、Jenkinsなどの自動
 リリースツールがテスト用に
 利用するデータベースなどを用意
CI(継続的インテグレーション)
❸❷の環境が整い次第最新のソース
 コードをテスト環境にリリース
❸❷の環境が整い次第最新のソース
 コードを本番環境にリリース
CD(継続デリバリー)
と言う事は REST API の機能を利用すると別の機器や
サーバーなどが自動連携できるという事ですね。
開発サイトではこのような常に柔軟なかつ迅速な展開を求められる。
その際にデータをためているアプライアンスなどは非常に重要な役目となり、
APIなどの連携が求められるんじゃ。
なんだかすごく難しかったです。
でもこのようなデータの再活用を考える企業も最近では多くなってきたから、
バックアップ機器もアプライアンス型で、中でもパフォーマンスが出るもの
としてスケールアウト型の需要が増えているというわけですね。
そうじゃ。だから最近は多少値段が高くてもトータルコストを考えて
高機能アプライアンスモデルが売れているんじゃ。
では次に 「冗長性」 についてみていこう!

pagetop