Veeam Backup &
Replication(VBR)
仮想環境ならVeeam!SMBからEnterpriseまで対応
仮想環境に特化
アプリケーション連携
ストレージ連携
VMware,Hyper-Vのバックアップに特化!仮想環境といえばVeeam
インスタントVMリカバリ

●VMwareまたはHyper-V上で、バックアップから直接仮想マシンを実行可能

●Veeamの特許を取得したvPowerテクノロジーにより、仮想マシンを簡単に起動

●起動後、VMware Storage vMotion、Hyper-V Live Migration、またはVeeam独自のQuick Migrationを使用して、仮想マシンを運用ストレージに移動

エージェント不要!驚きのアプリケーション連携
エージェントレスなのにVeeam Explorerから
アイテム単位での復元が可能なんです!
<アイテム復元例>
●ファイル・フォルダ単位
●Active Directoryオブジェクト単位
●Exchangeのメールアイテム単位
●Share Pointのアイテム単位
●SQLデータベース・テーブル単位
●Oracleデータベース単位
ストレージスナップショット連携でバックアップ時間を大幅削減
アプリケーションの整合性も担保してストレージスナップショットを切ることができるのはVeeamだけ!
ストレージスナップショット連携することでバックアップ時の仮想環境への負荷を軽減できます。
注目の重複排除ストレージ連携!
PowerProtect DD+DD Boostと一緒に導入いただくことにより、バックアップ速度が大幅に向上し、
永久増分バックアップが可能となります。
●PowerProtect DDの重複排除機能により大容量データを多くの世代保管しても保存容量を大幅削減。
●DD Boost連携によりVeeamサーバー内で事前に重複排除することができ、PowerProtect DDへのデータ転送量も大幅削減。
●DD Boost連携により初回フルバックアップ以降はCBTによる永久増分のイメージバックアップが可能になり、バック
 アップ時間の大幅短縮(最大10倍高速化)
●PowerProtect DDへのLANフリーバックアップを可能にするファイバー チャネル接続
●HPE StoreOnce Catalystとの連携によりDD Boostと同様の効果を得られます。
AHVは、AHV専用のVeeam Backup & Replication AHV Backup Proxyで対応可能です。
※詳細は右記URLをご参照ください。https://www.veeam.com/jp/backup-replication-system-requirements.html

pagetop