どうやって
取ったデータを戻すの?
次に考えなければいけないのは
取ったデータをどう戻すか? じゃ。
リカバリってやつですね。
実はこのリカバリが、なかなか奥が深いんじゃ。
ただバックアップしてもダメで、
戻すにはそれなりのお作法があるんじゃ。
まずは「リストア」と「リカバリ」の違いについて考えよう。
リストアとは
リカバリとは
データ損失が起きた際に複製しておいたデータから戻すことを「リストア」と言います。
リストアとセットになっているものが「リカバリ」です。リストアして戻したバックアップデータに何らかの処理を加えてデータを正常化・最新化することを指します。
つまりリストアしたデータを正常に稼働させることがリカバリなのです。
なるほど。同義語としてリストアとリカバリを使っていましたが
正確には違う意味なんですね。
ただ上で説明している「何らかの処理を加えて
データを正常化・最新化する」というのがよくわからないです。
例えば、Word、Excelなどで作成したファイルのバックアップを
例にとって考えてみよう。

ファイルが既にバックアップ済みで他のPCにOfficeが
インストールされていれば、バックアップしておいたファイルを
リストアすることで、バックアップした時点のファイルを使用することが
できるようになる。しかし、Officeがインストールされていない
場合には、当然ファイルだけをリストアしても使用することはできない。
Microsoft Officeをインストールし、ファイルをリストアすることで
初めてそれらのファイルを使用することが可能
になりうる。
Officeが
インストールされている場合
Officeが
インストールされていない場合
なるほど。
上記の例ではMicrosoft Officeなど単体のファイルの場合の話だ。
例えばこれがDBサーバーの場合には話が変わる。

DBサーバーの場合は障害直前まで戻さなければいけないんじゃ。
例えばWEBのオンラインショップなんかだと、お客様は発注した
直後に障害が起きると、発注したデータが残っておらず
クレームになってしまうことはざらにある。
そんなときのためにバックアップデータを
リストアした後に、トランザクションログ を戻して
可能な限り障害直前まで戻す必要があるんじゃ。
トランザクションログですか…
トランザクションログとは、リレーショナルデータベース管理システムが
稼働中に行ったデータベースごとに発生した一連の処理と、
加えられた変更が全て記録される重要なログファイルのこと
じゃ。
ロールバック処理や障害発生時にバックアップからのリストアを
行う際に利用され、データの一貫性を保つためのログじゃな。
トランザクションログ
データベースの複数の処理(仮想ログファイル)を1つにまとめたもの。循環利用される。
補足
トランザクションログは循環利用するため、全ての仮想ログファイルが使用中となった場合は、拡張して空き容量を作る。
ステータスの「使用中」を「再利用可能」に変更するには、「トランザクションの切り捨て処理」が必要となる。
なんだか難しいですね。
そうじゃな。ここはデータベースの勉強をしないと
わからない領域じゃからのう。
今回は「DBサーバーには専用の仕組みで
バックアップとリカバリをしなければならない

と覚えておけばいいじゃろう。
ほかにもリカバリには方法があるんですか?
リカバリの手法は基本的にはバックアップの手法と
同じ数だけ方法があると考えていい。
例えばイメージを丸ごと取るイメージバックアップでは、
イメージを丸ごと戻す方法とかな。
その中で今回伝えたいのは「インスタントリカバリ」じゃ。
インスタントリカバリですか?
なんかインスタントラーメンみたいですね。
カップ麺みたいにすぐに戻せるんですかね?
あながち間違いではないのう・・・(笑)
インスタントリカバリとは、仮想化環境においてバックアップデータを
直接ハイパーバイザー(ESXiやAHVなど)にマウントして
仮想マシンを即座に起動させる機能
じゃな。
バックアップデータを仮想化のデータストアに移動させることなく、
バックアップ領域から直接仮想マシンファイルをマウントして
読み出すことができるんじゃ。
よって普通のリカバリよりも迅速に復旧できる。
インスタントリカバリ
インスタントリカバリができるといろんなメリットがあるぞ。
DR対策
クイックスタート
有事にバックアップサイトの起動が早くなる。
実働環境のシステムにパッチを適用する前に、インスタントリカバリした仮想マシンでパッチをテストができる。
イメージの起動確認
信頼性のある開発環境
バックアップイメージが正しく起動できるか容易に確認ができる。
実働環境に近い開発環境を用意することが容易になる。
これは便利な機能ですね! やっぱり有償のソフトは
値段も高いだけあっていろんなことができるんですね。
バックアップデータも積極的に利用しないともったいないですね。
インスタントリカバリのメリット

pagetop