IBM Spectrum Virtualize セーフガード・
コピーによるランサムウエア対策

「IBM Spectrum Virtualize」は、2003年から「IBM SAN Volume Controller」(SVC)の名前で提供されてきた製品であり、
対応するマルチベンダーのSANストレージは500種類以上に上り、機能や容量の異なるSANストレージを束ねて
仮想的なストレージ・プールを構成し、仮想化ストレージ全体にわたり機能を標準化し、
柔軟性を高めてコスト削減を実現します。

SDSとしてソフトウエア単体で販売されると同時にIBM FlashSystemファミリーに搭載され製品グループごとに
以下機能が提供されています。

エントリー
ミッドレンジ
ハイエンド
FlashSystem 5015
FlashSystem 5035
FlashSystem 5200
FlashSystem 7300
FlashSystem 9500
FlashSystem 9500R
セーフガード・コピー
VMware & Red Hat OpenShift コンテナ対応
3 サイト・レプリケーション
ローカル & リモート レプリケーション (FlashCopy, DR, copy/migrate to cloud)
Easy Tier (AI による自動階層化)
Transparent Data Migration
Data Reduction Pools (DRP: データ圧縮・重複データ排除・シンプロビジョニング)
Scale-out クラスタ構成
HyperSwap High Availability
暗号化
NVMe 対応(FCM, SSD, FC-NVMe ホスト接続)
FCM ハードウェア・データ圧縮、暗号化
ストレージの外部仮想化
ストレージ・クラス・メモリ対応(SCM ドライブ)
セーフガード・コピー機能活用には、FlashCopyとCopy Service Manager(CSM)が必須です。
FlashCopyはFlashSystem5200/7300製品ではライセンス・マシン。コード(LMC)として標準提供されています。
まずはFlashSystem5200から検討頂ければと考えております。
ランサムウェアとは?
ランサムウェアとは、ユーザーの同意なくユーザーのコンピューターに違法にインストールされる マルウェア (悪意のあるソフトウェア) の一種で、コンピューターのファイルを暗号化して"人質"にとった上で、「復号するパスワードを教えるから身代金(ランサム)を出せ」等の要求をする非常に悪質なプログラムです。
弊社 PIC (Pre-Integration Center)にてPoC可能です。弊社営業までお問い合わせ下さい。
IBM Spectrum Virtualize セーフガード・コピーとは
ディスク装置内エアギャップでデータを保護し、万一のデータ論理破壊発生時に正しいデータを迅速、確実に回復する機能
ランサムウェア
本番サーバー
アクセス不可
必要な頻度で長期保存し、感染直前のデータを復旧
本番ボリューム
エア・ギャップで隔離された区画
データ改変不可
バックアップ・データ(256世代)
高速復旧
検証OK!
リカバリー
ボリューム
IBM FlashSystem
IBM FlashSystem5200の特徴
ディスク装置内エアギャップでデータを保護し、万一のデータ論理破壊発生時に正しいデータを迅速、確実に回復する機能
1.コンパクト・ストレージ
・1Uサイズのコンパクトな筐体
・物理容量約460TB、データの圧縮により最大
 容量約1.7PBの大容量。
・50%以上の省スペースで経済的。
2. 圧倒的なパフォーマンス
・70マイクロ秒未満の応答時間。
・End-to-End NVMe 対応。
・IBM独自のフラッシュモジュール。
・パフォーマンス劣化のないハードウェアデータ圧縮。
3. 管理負担の徹底削減
・オンプレとクラウド(AWS、Azureも含む)が連携
 したハイブリッド・クラウドのストレージを一元管理。
・Ansible®に対応し、システムの自動化に対応。
・IBMおよび他社の複数のストレージも一括管理
参考:Copy Service Managerの型番        
5639-003 IBM Copy Manager for IBM Spectrum Virtualize 355,400円   5639-006 IBM Copy Manager for IBM Spectrum Virtualize 3 YR S&S Reg 142,200円
5639-004 IBM Copy Manager for IBM Spectrum Virtualize 1 YR S&S Reg 0円   5639-007 IBM Copy Manager for IBM Spectrum Virtualize 4 YR S&S Reg 213,300円
5639-005 IBM Copy Manager for IBM Spectrum Virtualize 2 YR S&S Reg 71、100円   5639-008 IBM Copy Manager for IBM Spectrum Virtualize 5 YR S&S Reg 284,400円

株式会社ネットワールドについて

社名 株式会社ネットワールド
設立 1990年8月1日
代表者 代表取締役社長 森田 晶一
所在地 [本社] 東京都千代田区神田神保町2-11-15 住友商事神保町ビル
事業内容 ネットワーク製品のソリューション・ディストリビュータ
Microsoft社を始めとする様々なネットワークベンダー(メーカー)の主要ディストリビュータであり、300以上のベンダー、3万点以上の商品を取り扱い、どんなユーザーにも、最適なシステム構築を提供できる製品を品揃えしています。
facebook twitter
IBM Spectrum
Virtualize セーフガード・
コピーによる
ランサムウエア対策

「IBM Spectrum Virtualize」は、2003年から「IBM SAN Volume Controller」(SVC)の名前で提供されてきた製品であり、対応するマルチベンダーのSANストレージは500種類以上に上り、機能や容量の異なるSANストレージを束ねて仮想的なストレージ・プールを構成し、仮想化ストレージ全体にわたり機能を標準化し、柔軟性を高めてコスト削減を実現します。

SDSとしてソフトウエア単体で販売されると同時にIBM FlashSystemファミリーに搭載され製品グループごとに以下機能が提供されています。

エントリー
FlashSystem 5015 FlashSystem 5035 FlashSystem 5200
    セーフガード・コピー
VMware & Red Hat OpenShift コンテナ対応
3 サイト・レプリケーション
ローカル & リモート レプリケーション (FlashCopy ,DR, copy/migrate to cloud)
Easy Tier (AI による自動階層化)
Transparent Data Migration
  Data Reduction Pools (DRP: データ圧縮・重複データ排除・シンプロビジョニング)
  Scale-out クラスタ構成
  HyperSwap High Availability
  暗号化
    NVMe 対応(FCM, SSD, FC-NVMe ホスト接続)
    FCM ハードウェア・データ圧縮、暗号化
    ストレージの外部仮想化
    ストレージ・クラス・メモリ対応(SCM ドライブ)
ミッドレンジ ハイエンド
FlashSystem 7300 FlashSystem 9500 FlashSystem 9500R
セーフガード・コピー 
VMware & Red Hat OpenShift コンテナ対応
3 サイト・レプリケーション
ローカル & リモート レプリケーション (FlashCopy, DR, copy/migrate to cloud)
Easy Tier (AI による自動階層化)
Transparent Data Migration
Data Reduction Pools (DRP: データ圧縮・重複データ排除・シンプロビジョニング)
Scale-out クラスタ構成
HyperSwap High Availability
暗号化
NVMe 対応(FCM, SSD, FC-NVMe ホスト接続)
FCM ハードウェア・データ圧縮、暗号化
ストレージの外部仮想化
ストレージ・クラス・メモリ対応(SCM ドライブ)
セーフガード・コピー機能活用には、FlashCopyとCopy Service Manager(CSM)が必須です。
FlashCopyはFlashSystem5200/7300製品ではライセンス・マシン。コード(LMC)として標準提供されています。
まずはFlashSystem5200から検討頂ければと考えております。
ランサムウェアとは?
ランサムウェアとは、ユーザーの同意なくユーザーのコンピューターに違法にインストールされる マルウェア (悪意のあるソフトウェア) の一種で、コンピューターのファイルを暗号化して"人質"にとった上で、「復号するパスワードを教えるから身代金(ランサム)を出せ」等の要求をする非常に悪質なプログラムです。
弊社 PIC (Pre-Integration Center)にてPoC可能です。
弊社営業まで問合せ下さい。
お申し込みはコチラ
IBM Spectrum Virtualize
セーフガード・コピーとは
ディスク装置内エアギャップでデータを保護し、万一のデータ論理破壊発生時に正しいデータを迅速、確実に回復する機能
IBM FlashSystem5200の特徴
IBM FlashSystem5200の特徴
1.コンパクト・ストレージ

・1Uサイズのコンパクトな筐体

・物理容量約460TB、データの圧縮により最大容量約1.7PBの大容量。

・50%以上の省スペースで経済的。

2. 圧倒的なパフォーマンス

・70マイクロ秒未満の応答時間。

・End-to-End NVMe 対応。

・IBM独自のフラッシュモジュール。

・パフォーマンス劣化のないハードウェアデータ圧縮。

3. 管理負担の徹底削減

・オンプレとクラウド(AWS、Azureも含む)が連携したハイブリッド・クラウドのストレージを一元管理。

・Ansible®に対応し、システムの自動化に対応。

・IBMおよび他社の複数のストレージも一括管理

参考:Copy Service Managerの型番
5639-003 IBM Copy Manager for IBM Spectrum Virtualize 355,400円
5639-004 IBM Copy Manager for IBM Spectrum Virtualize 1 YR S&S Reg 0円
5639-005 IBM Copy Manager for IBM Spectrum Virtualize 2 YR S&S Reg 71、100円
5639-006 IBM Copy Manager for
IBM Spectrum Virtualize 3 YR S&S Reg
142,200円
5639-007 IBM Copy Manager for
IBM Spectrum Virtualize 4 YR S&S Reg
213,300円
5639-008 IBM Copy Manager for
IBM Spectrum Virtualize 5 YR S&S Reg
284,400円
キャンペーンに関するお問い合わせはこちら IBM製品詳細はこちら
社名 株式会社ネットワールド
設立 1990年8月1日
代表者 代表取締役社長 森田 晶一
所在地 [本社] 東京都千代田区神田神保町2-11-15 住友商事神保町ビル
事業内容 ネットワーク製品のソリューション・ディストリビュータ
Microsoft社を始めとする様々なネットワークベンダー(メーカー)の主要ディストリビュータであり、300以上のベンダー、3万点以上の商品を取り扱い、どんなユーザーにも、最適なシステム構築を提供できる製品を品揃えしています。

pagetop