Office365 with Networld

今までのOfficeの悩みは
Office 365で解決。

いつでも、どこでも最新のOfficeが使えることに加え、電子メール、スケジュール、ドキュメントの共有、オンライン会議などのクラウドサービスにアクセスできます。「オンプレミス」も「クラウド」も、さらに「ハイブリッド」まで、ネットワールドなら企業の様々な環境に柔軟に対応いたします。

Office 365導入支援サービス実施中

安心安全99.9%の稼働率保証 Office 365 主な導入メリット

初期コスト軽減、
導入も月額で簡単に

今までのように一括購入しないので、先行投資を抑えられます。

COST DOWN

バージョン管理や
更新管理が不要

自動で更新されるため余計な手間がかかりません。

UPDATE

大容量1TBオンライン
ストレージを標準装備

他社の有償クラウドストレージと比較してもお得です。

各社クラウドストレージの比較
製品名 容量 価格
Office 365 Business 1TB 900円/月
Dropbox Plus 1TB 1,200円/月
Google Drive 1TB 1,300円/月
Apple iCloud 2TB 1,300円/月

1ライセンス最大15台の
マルチデバイス対応

PC・Mac 5台、スマートフォン5台、タブレット5台で利用可能

たとえば、こんなに使っても1ライセンス月額900円!

出張先でもどこからでも
ファイルアクセスできる

スマートフォンやタブレットから安全にアクセスできます。

\ さらに、ネットワールドだから! /

Microsoft 正規販売代理店の
ネットワールドだからこそ
提供できるサービスがあります

世界有数のトップベンダーと強力なパートナーシップをもつネットワールドでは300以上のメーカー・3万点を超える製品の中からマルチベンダーで最適な製品を提案するだけでなく、設計や構築支援まで行なっており、販売店様の技術支援にも注力しています。

手厚いサポート

  • CSPのOffice 365 オリジナルマニュアル提供
  • CSPのOfffice 365は土日祝もメール・電話で対応可能
  • CSPのOfficeアプリはオプションで操作サポートも選択可能
  • CSPのAzureには無償サポートが付属
    (マイクロソフト有償サポートのStandardプラン相当)

多様な独自サービス

  • CSP Office 365マニュアルプレゼントキャンペーン
    (2018年6月〜9月)
  • CSP キャッシュバックキャンペーン(2018年7月〜9月)
  • CSP Office 365 初月無料継続キャンペーン(2018年7月〜12月)
  •  

一次店商材である強み

Azureでは、「Citrix on Azure」や「VMware Horizon on Azure」、「Backup with Azure」など、ネットワールドが注力する一次店商材と連携した提案が可能です。

専門スタッフによる
導入支援サービス

メール移行やADFSなど、専門スタッフの技術支援を受けられます。(別途見積)

働き方改革ブリーフィング
センター開設

“働き方を変える”をテーマに、お客様が考える目標達成に向け、最新のVDIシステムや最新のデバイスを体感できるショーケースでデモンストレーションやソリューションをご提案します。

パートナー様向け
販促資料も充実

AzureやOffice 365、Microsoft 365など、パートナー様の販売を支援するための弊社オリジナル資料を提供いたします。

(弊社販促資料の一例)

Office 365 導入支援サービス実施中!

「オンプレミス」も「クラウド」も、さらに「ハイブリッド」までネットワールドなら企業の様々な環境に柔軟に対応いたします。

Office 365 導入支援サービス

  • Exchange Online
  • Skype for Business Online
  • SharePoint Online
  • Office 365 ProPlus

Office 365 Add-in Product

  • HDE One
  • Skykick
  • Nextset
  • Trend Micro Cloud App Security

\ そもそもOffice 365って何? /

Office365のサービスについて
Office 365とは?

新しい生産性ビジョンと、働き方改革を実現するツール

Office 365は、マイクロソフトのWordやExcelなどのOfficeアプリ以外にも、メールや掲示板、オンライン会議など様々な機能が付属したクラウドサービスの総称です。

\ さらに詳しくOffice 365を知ろう! /

サービス構成の概要

Office 365は4つのソリューションを中心に構成されています。

Office

Office
常に最新のOfficeが使える

1ユーザ5台のデバイスでOfficeを利用。
最新Officeを自動インストール。

[Officeの特長]
  • 1ユーザーでPC 5台まで使える
  • いつでもどこでもマルチデバイスでOfficeが使える
  • 常に最新バージョンで管理不要、業務効率・生産性がアップ
  • 1TBの大容量クラウドストレージ(OneDrive)が利用可能
  •  

Exchange Online

Exchange Online
メール・予定表

メール・スケジュール調整の効率化。
大容量メールボックス。

[Exchange Onlineの特長]
  • 運用管理のコストや工数を削減できる
  • メールボックス容量の悩みを解決できる
  • 複数のPCを使っても同じメールボックスが利用できる
  • データ保護とコンプライアンス対策が可能
    (Office 365 E3以上のプランで対応)

SharePoint Online

Exchange Online
ファイル保管・共有

ナレッジ共有。共同作業・編集。
1TBの個人用作業ストレージ。

[SharePoint Onlineの特長]
  • 文書のバージョン管理機能で、どのファイルが最新版か一目瞭然
  • エンタープライズ検索で目的のファイルにすばやくアクセスできる
  • 標準装備のアンケート機能で簡単に情報収集ができる
  • 外部招待機能を使って社外の人とも情報共有が可能

Skype for Business Online

Skype for Business Online
Web会議・在席確認

場所を選ばないオンライン会議。
相手の状況に適したコミュニケーション。

[Skype for Business Onlineの特長]
  • 離れた場所でもフェイストゥフェイスでコミュニケーション可能
  • 事前に資料を配布しなくても、同じ画面で資料を共有できる
  • 在席確認機能で状況に合わせたコミュニケーションが可能
  • 高価な専用システムが不要で、在宅勤務にも対応できる

購入ライセンスの概要

Officeには2つのクラスがあり、各クラスそれぞれに2段階のバリエーションが存在します。
また、「Skype for Business」「SharePoint Online」「Exchange Online」の3つの Onlineサービスには、
それぞれに月額の料金プランが存在します。

Target Customer
Office 365
Business
Enterprise
Business
Business
Essentials
Business
Premium
ProPlus
E1
E3
1ユーザーあたりの月額料金(CSP 参考価格)
900円
540円
1,360円
1,310円
870円
2,180円
利用ユーザー数 – 上限
300
制限なし
Standard Services
1ユーザー5台までデスクトップ版の
OfficeをPC / Macにインストール可能
Business
 
Business
ProPlus
 
ProPlus
タブレット・スマートフォンからのOffice利用
 
 
Web版Officeによる表示・編集
組織内個人用クラウドストレージ
(OneDrive for Business)
メール・予定表・連絡先 (Exchange)
 
 
在席確認・Web会議・インスタントメッセージ
(Skype for Business)
 
 
共同作業ポータル (SharePoint)
 
 
ソーシャル (Yammer)
 
 
Advanced Services
ハイブリッド展開
Active Directoryとの統合
 
 
Microsoft Teams、Delve、Planner
 
 
コンプライアンス・アーカイブ
(訴訟ホールド・eDiscovery等)
 
 
 
 
 
情報保護(IRM , DLP等)
 
 
 
 
 

\ こんな使い方も可能です!! /MAX 15 デバイスを1ライセンスで!

パソコン5台
パソコン1
パソコン2
パソコン3
パソコン4
パソコン5
+
タブレット5台
タブレット1
タブレット2
タブレット3
タブレット4
タブレット5
+
スマートフォン5台
スマートフォン1
スマートフォン2
スマートフォン3
スマートフォン4
タスマートフォン5

たとえば、\ こんなに使っても1ライセンス月額900円! /

\ Office 365を導入している企業について /

ビジネスに有効なOffice 365活用例

Office 365がもっと身近になるように、様々なビジネスシーンでの有効活用をご紹介します。

\ Office 365と旧製品の比較をしてみよう /

旧バージョンからのコスト比較例を見てみる

[ 購入方法別のライセンスの違い ]

購入方法
プリインストール
(Office Premium)

プリインストール(Office Premium)
POSA


POSA
ボリューム
ライセンス

ボリュームライセンス
Office 365


Office 365
ライセンス形態
永続ライセンス(買い取り)
永続ライセンス(買い取り)
永続ライセンス(買い取り)
非永続ライセンス(契約期間中だけ利用)
Officeのバージョン
常に最新版
購入時のもの
購入時のもの(ダウングレードは標準で可能、
アップグレードは有償オプション)
常に最新版
インストール可能PC台数
1台(購入時のPCのみ)
2台
2台(1台は携帯用デバイス)
1ユーザーあたり
PC5台まで
ライセンスの柔軟性
他のデバイスに
移管して使用不可
ライセンス数は
追加のみ可能
ライセンス数は
追加のみ可能
ユーザー数の
増減に対応可能
ソフトウェア付属
(個人用One Drive
/ Skypeのみ)
×
×

[ コストを比較してみよう! ]

実際にOffice 365を導入した時のコストを確認しましょう。
利用したい製品を選び、利用ユーザー数をご入力頂くと旧製品とのコスト比較のシミュレーションができます。

利用するユーザー数をご入力下さい。
※半角数字でご入力下さい。
▶︎
Office 365 Bussiness vs Office 2016 Standard
Office 365 Bussiness
月額 900円
Office 2016 Standard
49,000円
 
1年目
2年目
3年目
4年目
Office 365 Bussiness
Office 2016 Standard
4年目でのコスト差
Office 365 ProPlus vs Office 2016 Professional
Office 365 ProPlus
月額 1,310円
Office 2016 Professional
66,900円
 
1年目
2年目
3年目
4年目
Office 365 ProPlus
Office 2016 Professional
4年目でのコスト差

\ お客様に合わせたプランがきっと見つかります /

必要なものだけ購入できる
Office 365の購入バリエーション

メールやオンライン会議をしたい (Officeは既存製品を利用)
そんな方には
Office 365
Business Essentials
Officeもグループウェアも
最新版で統一したい

そんな方には
Office 365
Business Premium(操作サポートなし)
Windows 7とOffice 2010の
サポート終了に伴い、
OSもOfficeも刷新したい
そんな方には
Microsoft 365
Business

どの製品が良いのか迷われた場合でも安心!
ネットワールドが最適なOffice 365プランをアドバイスいたします。

Office 365のサービスについて ビジネスに有効なOffice 365活用例 コスト比較例を見てみる

\ 購入方法はこちら /

Office 365の購入方法

CSPクラウドソリューションプロバイダープログラム

CSPとは、マイクロソフトのクラウドサービスを月額課金方式で再販できる新しい販売モデルです。販売店様はクラウドサービスへの拡張が容易になり、エンドユーザー様との関係を一層強化することが可能です。

従来
年払いのみ
月額製品の仕入れ販売は不可
単体サービスの販売が中心
CSP
  • 実際に使った分だけ従量課金
  • 月額製品の仕入れ販売ができる
  • 複数商材を包括的に提案ができる
\ さらに! ネットワールドのCSPのメリット /

販売店様に対してユーザーへの月額課金請求や、ユーザーサポートなどの支援策を提供します。過去の豊富な構築経験からハイブリッド環境やマルチベンダー対応など、エンドユーザー様の課題に対しても柔軟なご支援が可能となります。

ネットワールドのCSPのメリット

ご存知ですか?

2020年10月13日以降は、Office 2010・Office 2013・Office 2016 からOffice 365サービスにはアクセスできなくなります。最新バージョンがいつでも定額で使用できるCSPに乗り換えましょう!

Office 365 ProPlus / Office 365 BussinessおよびメインストリームサポートフェーズのOfficeからのみ接続可能です。

Office 365 ProPlus / Office 365 BussinessおよびメインストリームサポートフェーズのOfficeからのみ接続可能

Office 365では、他社CSPや他社商流の
ボリュームライセンスから弊社CSPに移行可能!!