sol_lead.jpg

課題 1 サーバとスイッチの別管理による運用負荷増大

sol_kadai01.jpg

Cumulus Linuxは汎用のベアメタルスイッチに最適化されたネットワークOSであり、スイッチのハードウェアを完全にコントロールしています。また、シェル(bash)やエディタ(vim等)も備えており、設定ファイルがLinuxと同じなので、従来のようにネットワーク機器ベンダー特有のコマンドを覚えてスイッチを設定する必要がなく、サーバ管理者がLinuxサーバと同様にスイッチも管理・運用できます。PuppetやChef等のサーバの構成管理ツールからサーバとスイッチの一元管理や運用の自動化を可能にし、VMware NSX等のクラウドOSと連携した管理・運用も可能になります。また、ユーザ自身で独自にアプリケーションを開発することも可能で、スイッチ上でLinuxのアプリケーションを動作させることもできます。

sol_kaiketsu01img.jpg

sol_img02.jpg

サーバの構成管理ツールとは?

予め用意しておいた設定ファイルに基づいて、サーバの様々な設定を自動的に行うソフトウェアのことです。クラウドの躍進によって(手順書やスクリプトによる管理の限界)から、もはや必須となりつつあります。

Chef 大規模向け

  • 大規模データセンターで利用されるなども影響して最近人気のあるサーバ構成管理ツールです。
  • Puppetと比較し内部DSLの言語仕様からコードの記述に対する自由度の高さや設定ファイルの再利用のしやすさが特徴です。
  • 実行ファイルのRecipeはRubyが採用されていることからRubyのエンジニアにも人気があります。

Puppet 中規模向け

  • 2005年にリリースされ現在まで様々なバージョンアップを重ね洗練されたサーバ構成管理ツールです。
  • 外部DSLの言語仕様からmanifestの記述は独自の宣言型であり、文法は非常にシンプルなところが特徴です。

Ansible 小規模向け

  • Phythonで記述された構成管理ツールです。
  • コードの記述はPythonである必要はなく、標準入出力の仕様にさえ則ればどのような言語で記述してもよいことが特徴です。
  • サーバエンジニア、ネットワークエンジニア問わず人気のあるツールとなっています。

課題 2 非効率な管理・運用による運用コストの増大

sol_kadai02.jpg

サーバの構成管理ツールからサーバとスイッチの一元管理や運用の自動化を可能にします。 この一元管理・運用の自動化により、少人数での運用や設定にかかる時間の短縮が可能になり、運用コストも同時に削減することが出来ます。

sol_kaiketsu02.jpg

sol_img03.jpg

課題 3 既存ベンダーのスイッチが高価格なため、コスト削減に限界

sol_kaiketsu03.jpg

「Cumulus Linux」はスイッチに、OSとハードウェアを分離し、低価格なベアメタルスイッチで動作させることができるようになります。そのため、従来の高価格なベンダーのスイッチと比較して大幅な機器コスト削減を実現できます。「Cumulus Linux」のライセンスも低価格で、スイッチのコストを大幅に削減可能です。

sol_kaiketsu03img.jpg

sol_img04.jpg

ホワイトボックススイッチとは

ネットワークOSが入っていない、ネットワーク機器のハードウェアを指します。かつてOEM/ODMを手掛けてきたベンダーが独自に培ってきたノウハウと汎用チップを用いて、一般的な市場よりも安価に手に入れることが可能です。

sol_img05.jpg

PAGE TOP