仕事紹介

空港業務を支えるクラウド環境構築 幅広いソリューション提案でニーズを捉え空港インフラのIT基盤をクラウドで集約

24時間365日止まってはいけない空港業務のシステム。個別の物理サーバから成り立っていたシステムをクラウド化するプロジェクトに参加し、アドバイスという立場から最終的に一括案件として勝ち取ることに成功した。鍵はユーザーの意向を把握し、仮想化のプロだからこそ提供できた内容と技術力だった。

営業 細川 雅樹

マーケティング 丸岡 淑子

技術 渡会 正行

営業 小澤 康弘

営業アシスタント 本田 悠

営業 加羽澤 良成

案件の一括獲得で掴んだ自信と信頼これを土台にさらなるステップアップを

このプロジェクトで得られたこと、感じられたこととは?

小澤

うれしかったのはお客さまにチームの一員として「一緒にやりましょう」と言っていただいたことかな。システムは導入だけじゃなくて、その後の保守や運用まで何年もお付き合いしていくものだから、そうした信頼関係を築けたことが大きい。

加羽澤

それは提案内容が良かったというところもありますね。要件を満たしながら新しいテクノロジーであるFLASHなどを入れつつ、コストも抑えられた。そこで大きな信頼をいただいたのは、本当に良かったと思います。予算内でありながらお客様が驚くような質の高いものを提案したことで相手の心をつかんだ。それに、私個人としては複合案件の経験を積めたことは大きいですね。

丸岡

私はお客さまを通じてネットワールドの魅力を改めて感じることができました。それに、一括で受注したおかげでお客さまも楽になったんですよね。先方に伺った時に、作業も運用も一括でできるのはいいと言われて、なるほどと思いました。マーケティングがお客さまの生の声を聞く機会は少ないので、より良いソリューションを柔軟に提供できる良さに改めて気付きがありましたね。

渡会

僕はSEだから新しい機能をいじれたのは収穫でした。それに社内で総合的にできる案件はそう多くないので、経験も知識も両方得られたのは大きかったですね。

細川

僕は今回はサポートがメインだったけれど、この後これに似たような導入があって役に立ちました。それはやはりこの件があったからだと思うし、おかげでスムーズに導入できました。

本田

こういうお話を聞くといろんな人が支えあって仕事をしているんだなと感じますね。

小澤

さまざまなフィールドで突出した能力を持つ仲間がたくさんいる。それがひとつになってお互い支えあったり、吸収したり、のびのびと仕事ができるのがネットワールドのいいところ。良い事例もできたし、このプロジェクトはクラウド基盤が全部含まれる、当社にとっては本当に誇れる事例。今後もこういう案件を取れるように一丸となって頑張っていきたいね。

page top