仕事紹介

仮想化技術のリプレイス成功の鍵は“チームワーク”と“コミュニケーション力”

仮想化システムのリプレイスにおいて、情報の少ない最新マシンを使ったがゆえに不可解なエラーが頻発。問題解決に挑むチームは、互いを信頼してそれぞれの仕事を全うすることに注力。最終的にはクライアントの信頼だけではなく、強固で頼れるチームを形成するまでに至った。

営業 井野 貴哉

技術 重原 智幸

営業 高田 悟

営業アシスタント 吉田 美咲

マシンの不明なエラーが続き新たに信頼できるSEをアサイン

リプレイスは順調に進んだのでしょうか?

井野

技術審査があってベンダーが決まり、大学側も含めてパートナーと詳細設計を詰めていきました。そこまでだいたい2ヶ月ないくらい。しかし詰めの設計段階からなかなかうまくいかない部分が出てきたんだよね。

高田

ネットアップのマシンが出たばかりのものだというのが大きかった。機能や構成に関するマニュアルもなく、中のプログラムのバージョンも新しい。ちょっと未知の部分が多かった。最先端すぎて情報が出揃っていないという状態。でもそれは仕方がなかったと思う。

吉田

私は営業アシスタントだから見積もりや発注書が来るまで何も分からない状態ですが、井野さんが大変そうだなと感じていましたよ。だから普段のサポートをしっかりやるだけでしたけど。ミスがあってはいけないと感じていました。

井野

この時は担当SEも苦戦して、高田さんに相談して新たにアサインしたのが重原さん。技術はもちろん、先方の信頼を勝ち得るような人材が欲しかった。

高田

井野さんから適任者がいないかと相談されて、重原さんがすぐに思い浮かびましたよ。

井野

僕は重原さんをよく知らなかったから、レベルは分からないけど高田さんが言うなら大丈夫だろうと。

重原

自分としては途中から参加したので難しい状態でしたよ。スタート時にちらっと参加はしたような状態でその後のことは関わっていなかったので。

高田

重原さんは元々障害対応にいたこともあって、技術はもちろんだけど相手が納得する説明の方法や、お客さまの感情コントロールがとてもうまい人。そのサポートスキルが生かせると思ったんだ。

重原

問題がある時でも「できると言ったり変に隠したりする人もいるけど、駆け引きをしない方がいいんですよ。できることはできる、分からないことはどこが分からないかをきちんと説明する。問題になっている要因は何か、情報を整理して原因を探る。技術的な問題は製品メーカーに疑問を投げて返答をもらう。これはできるけど、ここはできないとはっきり理詰めで説明すれば相手も納得するんです。

高田

そういう意味で、重原さんは適任だったと思う。それにお客さんのことが好きだよね。

重原

そうですね。だから何かあるとすぐに電話をしますね。そうすれば対応もすぐできるし、ストレスも感じない。とにかくこの時は予想しないマシンの動きが多かったので、一つひとつどうしてこうなるのか、原因を探って情報を整理して対応するということをカットオーバーまでの2~3ヶ月続けるだけでした。

高田

でもまさにそういう対応がお客さまの信頼を得ていくことになったんだよね。

page top