VMware Workspace ONE 製品概要

デバイス管理・制御と統合ワークスペースの提供

Workspace ONEは、デバイス管理・制御を行う「VMware AirWatch」と、カスタマイズされた統合ワークスペースをユーザに提供する「VMware Identity Manager」の機能がセットになった製品です。 ユーザは単一のポータルから、あらゆるアプリケーション・サービスをシングルサインオンで利用できます。 また、管理者は各ユーザアカウントおよびデバイスに対して詳細なポリシーを設定し、自在に制御することができます。

機能

統合ワークスペースポータル(Identity Manager)

Workspace ONEは、ユーザに対してカスタマイズされた、あらゆるデバイスで共通のワークスペースを提供します。ユーザは利用するデバイスに関わらず、同じ感覚であらゆるアプリケーションやサービスにアクセスし利用することができます。Identity Manager.png

アプリ・サービス・企業間を横断したシングルサインオン

特許出願中の Secure App Token System (SATS)により、ポータルへの最初のログインのみで、サードパーティの企業間も含めたあらゆるアプリケーション・サービスへアクセスすることができます。

Workspace ONE_SSO.png

VMware AirWatchによるデバイス管理・制御

Workspace ONEにはVMware AirWatchの機能が含まれており、管理者はユーザアカウントおよび利用デバイスに対して様々なポリシーを設定し、統合ポータルの提供に加えて端末やアプリ、サービス、メールなどに対するセキュリティポリシーを自在に制御することができます。

Workspace ONEでできること.png

端末紛失時の対策

ipodの紛失.jpgユーザーが利用するモバイルデバイスを紛失した際、端末のロック、メッセージ表示、データのワイプなど複数の対策を組み合わせて実行できます。
管理者だけではなく、紛失に気付いたユーザーがセルフサービスで対応するような設定も可能です。

GPSトラッキング

GPSトラッキング.jpg特定エリア内でのみ端末の利用を許可する、オフィスから離れたらカメラの利用を許可するといった、GPSと連動したセキュリティポリシーを設定できます。

アプリケーションの配布と制御

アプリケーションの配布と制御.png利用可能なアプリケーションのカタログ配信や、一般アプリストアの利用制限、ブラックリストなどを組み合わせることで、ユーザー側のアプリを制御できます。

機密ファイルの漏洩防止

専用ビューワ「Content Locker」により、PDFやWordなどのドキュメントをセキュアな環境で利用できます。また指定外のストレージへの保存やメール添付を禁止することでデータの漏洩を防ぎます。機密ファイルの漏洩防止.png

Webサイトのアクセス制御

Webサイトのアクセス制御.png専用ブラウザにより、利用可能サイトを指定したり、ネット経由のファイル転送の制限をかけることができます。
利用感覚はSafariと同等で使いやすく、安心してご利用いただけます。

ライセンス

Workspace ONEのライセンスは、4種類の要素から成り立っています。自由に組み合わせてお求めいただけますので、お見積りなどをご希望の方はお気軽にご相談ください。

workspace oneライセンス.png

エディション

 Workspace ONEAirWatch
機能Application
Access
StandardAdvancedEnterprise    
アクセス管理 統合ポータル    
シングルサインオン    
多要素認証        
コンディショナルアクセス    
リスクベースの
コンディショナルアクセス(※1)
       
Emailアクセス管理  
Secure Email Gateway
による暗号化
  Add-on  
アプリ管理 アプリケーション管理
ポリシーの設定
 
専用Email/Browser/Content
アプリ
  Add-on Email  
アプリケーションVPN        
App Wrapping        
Content Locker Standard
(閲覧のみ)
       
Content Locker Advanced
(編集可)
         
デバイス管理 デバイス管理ポリシーの設定  
OEMデバイス管理  
ウェアラブル/周辺機器管理  
高度なデスクトップ管理
(Bit Locker等との連携)
       
テレコム管理          
VDI Horizon Enterprise              
PAGE TOP