VMware vRealize Suite 製品概要

オンプレミスと外部物理・
ハイブリッドクラウド環境の統合監視・自動化

VMware vRealize Suiteは、オンプレミスと外部の物理・ハイブリッドクラウド環境を統合監視、管理、および自動化を可能にします。それぞれ目的に応じた製品がvRealize Suiteにバンドルされる形で提供されており、各製品を個別に購入いただくことも可能です。

vRealize Operations

各リソースの利用状況・ボトルネックの監視のほか、将来的なリスク報告および回避策の提案などを行う、統合監視ツールです。vRealize Operations

vRealize Automation

仮想マシンやアプリケーションの展開を自動化する、セルフサービスポータルを作成します。 

vRealize Automation

vRealize Log Insight

vCenter・vSphere・VMおよびその周辺機器のログを一括収集します。 vRealize Operationsとも連携し、トラブル時に迅速なログ収集およびレポートを可能にします。 
Log Insight.png

vRealize Business for Cloud

各リソースの利用状況を可視化し、グループやテナントごとの利用量に応じたサービスコストを算出します。

vRealize Business.png

機能

VMware vRealize Suiteの機能は、コンポーネントの各製品をご覧ください。
 ・vRealize Operations (各製品ページへリンク)
 ・vRealize Automation
 ・vRealize Log Insight
 ・vRealize Business for Cloud

ライセンス

vRealize Suiteには、PLU(Portable License Unit)と呼ばれる新しいライセンス体系が導入されました。
PLUでは、「vSphere上のVMを管理対象とする場合は物理 1 CPU単位」・「外部クラウド上のVMを管理対象とする場合は15 OS インスタンス単位」でライセンスをカウントします。
これにより、vSphere・クラウド間でVMを移行しても、ライセンスを切り替えることなく柔軟にご利用いただけます。vCloud-Suite-エディション.jpg

エディション

vRealize Suiteは、含まれる機能によって3つのエディションに分かれています。 必要な機能にあわせてご利用ください。 vRealize Suite エディション

PAGE TOP