VMware vRealize Log Insight 製品概要

物理・仮想・クラウド環境にまたがる、あらゆるログを一元監視

Log Insight.pngvRealize Log Insightは、物理環境・仮想環境、およびクラウド環境にまたがるVMware環境に最適な、リアルタイム・ログ統合管理ツールです。
VMware製品をはじめOSやアプリケーション、ストレージ、ファイアウォールなどあらゆる種類のログを管理します。さらにvRealize Operationsと連携することで、トラブルシュート時にリソースとログの両面から迅速な問題点の特定を可能にします。

 

機能

リアルタイムでのログ解析

Log Insight ログ管理.pngvRealize Log Insightは、リアルタイムでログの監視状況を可視化します。さらに強力な検索機能を利用することで、専門知識のない方でも膨大なログデータから簡単に該当するイベントを発見することができます。

 

カスタマイズ可能なダッシュボード

Log Insightダッシュボード.jpgダッシュボードはユーザが自由にカスタマイズ可能です。よく利用するクエリや、特定デバイス、アラートなどに限定したログを可視化し、効率良く監視や分析が行えるようになっています。

vRealize Operations Managerとの連携

vRealize Operations Manager(vROPS)と連携し、リソース管理とログ監視の両面からトラブルの検出と原因の特定を行えます。 また、Hyper-VやAmazon Web Serviceといった、VMware以外のサービスについても監視・管理可能です。vRealize Operations Managerとの連携

ライセンスとエディション

vRealize Log Insightには、物理CPU単位とOS Instance(OSI)単位の2種類があります。 監視対象や価格が異なるため、お客様の環境に必要な方をお求めください。 

 vRealizeLog Insight(per CPU)vRealize Log Insight(per 25 OSI)
ライセンス 物理 1 CPU毎 25 OS Instance毎
監視対象 vSphereおよびその上で動作する仮想マシンのログ 単一の IP アドレスを持つ任意のサーバ、仮想マシン、物理マシンで生成される、ネットワーク デバイスやストレージ アレイを含むログ

Log Insight通常版と他製品バンドル版のライセンスの違い

vRealize Log Insightは、通常販売されているライセンスの他にvCenterやNSXに無償でバンドルされ提供されているものがあります。 利用可能範囲がそれぞれ異なっているため、ご注意ください。 なおライセンスを混在させての利用は可能です。

 Log Insight
(25 OSI)
Log Insight
(CPU)
Log Insight
for vCenter
Log Insight
for NSX
(CPU)
Log Insight
for NSX
(25 OSI)
販売形態 単品販売 単品販売 vCenterに
バンドル
NSX Standard,
Advanced,
Enterprise,
NSX for Desktopにバンドル
NSX
Enterprise
(Term)に
バンドル
ライセンス 25 OSI
単位/1ライセンス
物理CPU
単位/1ライセンス
25 OSI/1vCenter 1CPU/1NSX
2CPU/1NSX for Desktop
(100CCU)
25 OSI/1NSX
Enterprise
Term(25VM)
ログ管理範囲 vCenter、ESXiホスト、VM、
およびスイッチなど各デバイス
vCenter、ESXiホスト、VM vCenter、ESXiホスト、VM、
およびスイッチなど各デバイス
ESXiホスト
およびNSX
ESXiホスト
およびNSX
備考 ESXiホスト自体も
1 OSIとして
カウントします。
管理するVMの数は
無制限です。
デバイスを
管理対象に
取れない点に
ご注意ください。
(別途25OSIライセンス
が必要)
デバイスを
管理することは
可能ですが、
サードパーティ製の
コンテンツパックは
利用できません。
ESXiホスト自体も
1 OSIとして
カウントします。
vCenter、VM、
各デバイスを
管理対象に
取れない点に
ご注意ください。
NSX用コンテンツ
パックは
利用可能です。
vCenter、VM、
各デバイスを
管理対象に
取れない点に
ご注意ください。
ESXiホスト自体も
1 OSIとして
カウントします。
NSX用コンテンツ
パックは
利用可能です。
PAGE TOP