VMware vRealize Automation 製品概要

ハイブリッドクラウド環境に対応した、
セルフサービスポータルとデリバリの自動化

VMware vRealize Automationは、マルチベンダー・マルチクラウドのITサービスを横断的に管理し、各環境上への仮想マシン・アプリケーション・ネットワークなどの設計・プロビジョニングを自動化します。
また、各環境のポリシー・コスト管理や、サービス開始から削除までのライフサイクル管理も行えます。VMware vRealize Automation.png

機能

様々なサービス提供を自動化する専用ポータル

vRealize Automationはマルチプラットフォームのハイブリッドクラウド環境に対し、様々なサービスをアイコン化し、統合ポータル上で展開することができます。
 ・ハイブリッドクラウド環境の仮想マシンの自動作成
 ・仮想デスクトップのデプロイやアプリケーションのユーザ割り当てをセルフサービス化
 ・Active Directoryのアカウント管理をセルフサービス化 など様々なサービス提供を自動化する専用ポータル.png

環境全体のコスト算出

環境全体や各仮想マシンごとのリソース、カテゴリごとの仮想マシンの利用量などを算出、それぞれのサービスコストを表示します。コストを削減しながら、ITサービスデリバリの効率化に繋がります。環境全体のコスト算出.png

vRealize Orchestratorプラグインによる拡張

vRealize Orchestratorプラグインとの連携により、AWS、Azureなどのクラウドサービス、Cisco、EMC、F5などサードパーティ製品を含めての自動化を実現できます。 ※vRealize OrchestratorはvCenter Stanardに無償で付属する機能です。vRealize Orchestratorプラグインによる拡張.png

承認ベースのワークフローの実現

承認ベースで各ワークフローを進めるよう設定できます。
これにより自動的に仮想マシンが作成されたり、各種サービスが実行される際にチェックポイントを自由に設けることが可能です。承認ベースのワークフローの実現.png

PAGE TOP