VMware vRealize Operations 製品概要

仮想インフラ全体のヘルスチェック、トラブルの事前予測

vRealize Operationsは、仮想インフラ全体を俯瞰表示して監視でき、異常やボトルネック箇所も一目で発見できる管理ツールです。上位のエディションでは外部ストレージの状況も一元管理できるようになるほか、将来的なリソース不足の予測、コスト削減のシミュレート、仮想マシンにインストールされているアプリケーションを含めた構成チェックなども可能になります。

※画像をクリックすると拡大します。仮想インフラ全体のヘルスチェック、トラブルの事前予測

機能

運用概要ダッシュボード

仮想環境の情報が表示され、監視対象であるデータセンター全体の仮想マシンの状況を確認することができます。
運用概要ダッシュボード.jpg

キャパシティと使用率ダッシュボード

稼働している仮想マシンのCPU、メモリ、ディスク、ネットワークのリソースを大量に消費し、過負荷となっているホストを特定することができます。管理者は、過負荷状態のホストから余裕のあるホストへ仮想マシンを移動するなどの対処が可能で、当該ホストに対する物理リソース追加の必要性を検討できます。
キャパシティと使用率ダッシュボード.jpg

トラブルシューティングダッシュボード

ダッシュボードに表示されるステップを追いながら、現在の仮想基盤の課題を把握することができます。トラブルが発生している場所と関連情報が紐づけて可視化されるため、迅速なトラブルシューティングすることが可能です。
トラブルシューティングダッシュボード.jpg

物理キャパシティの将来のワークロードを予測

現在の仮想環境の稼働状態から、物理キャパシティの需要予測を行うことは容易でありませんが、 VMware vRealize Operations Managerを使用することにより、物理キャパシティの将来的なワークロードの変化を予測することが可能になります。
物理キャパシティの将来のワークロードを予測.jpg

再利用可能なリソースをリスト化

VMware vRealize Operations Managerのレポート機能を使用すると、再利用可能な仮想マシンのリソースをPDFまたはCSVファイル形式で出力することができます。再利用可能なリソースがわかりやすくリスト化されるため、今後のリソースの割り当ての見直しなどに役立てる上での有効な情報を確認することができます。
再利用可能なリソースをリスト化.jpg

カスタムダッシュボード

仮想マシンを管理するために必要な標準的なダッシュボードが豊富に用意されていて、 管理用途に応じたカスタマイズしたダッシュボードを作成することも可能です。
カスタムダッシュボード.png



vSANのサポートが開始されました!!

ストレージ利用状況の最適化.png

ストレージ利用状況の最適化を図ることが出来ます。

ライセンス

製品ライセンス販売単位
vRealize Operations 管理対象にする仮想マシン25VMごと
※Advanced以上は物理環境も管理できるため、「OSインスタンスごと」と便宜上区別されていますが、考え方はVM数と同じです。
vRealize Suite [vSphere環境上で利用する場合] vSphereがインストールされている物理1CPUごと
[クラウドサービスや他社製ハイパーバイザ上の仮想マシンを管理する場合] 管理対象にする仮想マシン15VMごと

エディション

 StandardAdvancedEnterprise
ライセンス CPUまたは
25 VM毎
CPUまたは
25 OS
インスタンス毎
25 OS
インスタンス毎
プラットフォーム
運用プラットフォームのスケールアウト 
シングル・サインオン
リモートコレクター
可視化:詳細設定なしですぐに使えるダッシュボード、ビュー、レポート、ヒート マップ、パフォーマンス チャート
カスタマイズ可能なダッシュボード、レポート、ビュー  
カスタムVMプロファイル  
パフォーマンスの継続的な最適化
ガイド付きの修正機能
パフォーマンスの監視と分析
vRealize Log Insightの連携
vSANの概要と移行ダッシュボード
手動でのワークロード最適化
ワークロード バランシングの自動化とスケジューリング  
プラットフォーム ノードの自動フェイルオーバー  
スーパーメトリック  
ホストベースの配置  
自動化アクション(エンド ユーザー使用許諾契約書で制限)  
vSANのパフォーマンス、容量、トラブルシューティング  
効率的なキャパシティとコスト管理
リアルタイムのキャパシティ予測管理(トレンド分析、測定、適切なサイジング、最適化)
データセンター全体のコスト管理
VMを追加/削除するWhat-Ifシナリオ
Predictive DRS と DRS の管理
パブリック クラウドのプランニング、コスト分析  
ハードウェア調達、VMware Cloud on AWS、AWS への移行を計画するWhat-if シナリオ  
複数の What-If スタックシナリオ  
vSAN対応ワークロードバランシング  
変更・構成・コンプライアンス管理
vSphereのセキュリティとコンプライアンス
OSリソース(CPU、ディスク、メモリ、ネットワーク)の監視  
SDDCおよびCloudPod 健全性管理パック  
vRealize Orchestrator 管理パック  
カスタムコンプライアンステンプレート  
コンプライアンスドリフトの自動修復  
サービスの検出とアプリケーションの依存関係のマッピング  
サードパーティ製インフラストラクチャ管理パック  
検出、監視、トラブルシューティングパッケージ化されたアプリケーション    
マルチクラウドおよびコンテナ監視管理パック:AWS、Azure、OpenStack、Kubernetes    
ケアシステム分析管理パック    
サードパーティのデータベース、ミドルウェア、アプリケーション管理パック    
統合
ServiceNowの統合  
VMware Skylineの統合  
Wavefront統合  
高度なAPI:リソース/データの追加、レポート生成など  
初期配置および進行中の配置のvRealize Automationとの統合  
PAGE TOP