VMware NSX 製品概要

VMware NSXは、ネットワークコンポーネント(スイッチ、ルータ、ファイアウォール、ロードバランサなど)を抽象化し、物理ハードウェアとリソースを分離する、ネットワーク仮想化のプラットフォームソフトウェアです。 かつてVMware WorkstationやvSphereが物理サーバとリソースを分離し、仮想マシンに俊敏性や冗長性をもたらしたように、VMware NSXはネットワークにこれらのメリットをもたらします。 ネットワークは物理ハードウェアから分離され、全てソフトウェア上で構成されます。管理者は既存の物理ネットワークコンポーネントのベンダーや設定を意識することなく、自由に仮想ネットワークを構成することができるようになります。

Network Virtualization Platform

ネットワークコンポーネントの抽象化

NSXは、仮想ネットワークを構成するための論理スイッチ、ルータ、ファイアウォール、ロードバランサなどのほかに、それらの設定を構成・保持するためのNSX Controller、管理者が操作するためのNSX Managerといったコンポーネントで構成されます。 管理者はvSphere Web Clientのプラグインに統合されたNSX Managerから、自由に仮想ネットワークのコンポーネントをデプロイし、構成することが可能です。

ネットワークコンポーネントの抽象化

NSX アーキテクチャ

ハイパーバイザと統合された分散仮想スイッチにより、VLAN、IP、MACアドレスなどは抽象化され、仮想ネットワークを通して処理されます。 これにより既存の物理ネットワークに手を加えることなくあくまでも基盤とした、プログラムベースの仮想ネットワークの利用が可能になります。 NSX Controllerは各ホストに分散保持され、冗長性を確保しながら容易にスケールアウトが可能です。

Services Distributed to the NSX Virtual Switch

Operational Tools – Network Virtualization

関連リンク(VMware NSX Portal )

NSX導入によるメリット

分離性
物理ハードウェアからネットワークを分離し、ハードウェア変更によるネットワークへの影響を最小限にします。
俊敏性
仮想ネットワークは全てプログラムで管理・自動化されるため、これまでハードウェア設定に数時間かかっていた作業も数秒で終えることが可能になります。
可搬性
仮想ネットワークトポロジをそのままに、新しいファブリックへ移行することができます。
可視性
仮想ネットワークの状況は、NSX Managerで全てGUIに可視化され、トラブルシュートも可能です。
セキュリティ
仮想ネットワーク上のIPやMACアドレスは、物理ネットワークから完全にマスクされ、セキュリティを高めます。

VMware NSX のライセンス体系、エディションについて

VMware NSXのライセンスに関しては、NSX Portalサイトをご確認ください。

関連リンク(VMware NSX Portal )

VMware NSX エコシステムパートナー

NSX のエコシステムパートナー サービスは、論理 Layer 2 ゲートウェイ、ファイアウォール、ロード バランシング、VPN を含む NSX プラットフォームの主要な機能を拡張するもので、ネットワーク仮想化のライフサイクル実装に最適なソリューションを提供します。

トレンドマイクロ株式会社

トレンドマイクロ社

Foritnet社

Foritnet社

F5ネットワークスジャパン株式会社
F5ネットワークスジャパン株式会社
Palo Alto Networks
Palo Alto Networks
株式会社シマンテック
株式会社シマンテック
日本ヒューレット・パッカード株式会社
日本ヒューレット・パッカード株式会社
Check Point Software Technologies Ltd.
Check Point Software Technologies Ltd.
リバーベッドテクノロジー株式会社
リバーベッドテクノロジー株式会社
PAGE TOP