VMware Horizon 製品概要

デスクトップ仮想化 完全ガイド VMware Horizon

VMware Horizonで多様化するデスクトップ環境を
シンプルに統合管理

VMware Horizonは、仮想デスクトップをはじめとするエンドユーザーコンピューティングソリューションの全てを網羅しています。管理者はHorizonによる中央集中管理が可能になり、ユーザはあらゆるデバイスから、デスクトップ、アプリケーション、コンテンツ等を利用できます。

機能

仮想デスクトップの利用

WindowsやLinuxの仮想デスクトップをvSphere上に統合します。 管理者は仮想デスクトップの集中管理とvSphereによる仮想化のメリットを最大限活用できます。 ユーザはあらゆるデバイスからリモートで仮想デスクトップへアクセスすることで、場所を問わず業務を継続できます。また、リモートのデバイスにデータを残さないため、端末紛失などによるトラブルを未然に防ぐことができます。
仮想デスクトップの利用

RDSH

RDSHWindows Serverのリモートデスクトップセッション ホストに対応し、リモートデバイスへのより効率的なアプリケーション配信が可能です。
仮想デスクトップの配信とRDSHによるアプリケーションの配信を、組み合わせてご利用いただけます。

仮想デスクトップとRDSHの違いについて

仮想デスクトップは物理マシンとほぼ同様の環境をユーザ個別に提供します。 自由度が高く、アプリケーションにもほとんど制限がかからない反面、RDSHよりも必要リソースが嵩みます。 RDSHは仮想デスクトップと異なり、1つのアプリケーションやデスクトップを複数ユーザへ配信、共有します。仮想デスクトップに比べ必要リソースが少ない反面、アプリケーション側が対応していないなど自由度が少なく、要検証となります。仮想デスクトップとRDSHの違いについて

リンククローン

VMからのレプリカと、その差分データをリンクさせ個別の仮想デスクトップとすることで、 フルクローン方式に比べて大幅にストレージ容量を削減し、パッチの配信などの運用を効率化します。リンククローン

インスタントクローン

仮想マシン作成時のステップの一部排除・短縮し、約2000台の仮想マシンを20分以内に構成できます。
インスタントクローン

3Dグラフィックの利用

仮想デスクトップ上でも、3D CADなどの高度な3D描画アプリケーションを実行できます。 3D描画には3種類の実行方式があり、必要な3D処理に応じて選択いただけます。
3Dグラフィックの利用

バンドル製品群

Horizonの各エディションには、下記の製品群がバンドルされています。

vRealize Operations for Horizon
仮想デスクトップ環境のリソース利用状況を統合監視し、トラブル時のボトルネック箇所の特定や改善策の提案などを行える管理ツールです。
ThinApp
アプリケーションを仮想化します。仮想化されたアプリケーションはOSへのインストールが不要になるほか、複数バージョンの同時利用、本来動作しないバージョンのOS上での動作が可能になります。
App Volumes
ThinAppとは別の方式でアプリケーションを仮想化します。 数百個のアプリケーションでも瞬時に各仮想デスクトップへ配信し、ユーザごとに利用アプリケーションを制御することができます。
vSAN Advanced for Desktop
複数のESXiホストのローカルストレージを仮想化し、一つの共有ストレージにします。 vSphere HAやDRSなどの機能を、高価な共有ストレージを持たずに利用可能になります。
Mirage
物理PCにエージェントをインストールし、中央サーバのイメージと同期することで、 統合管理とバックアップを同時に実現します。クライアントへのイメージ配信によるアプリケーション管理や、トラブル時のセルフサービスによるリストアなどが可能です。

ライセンス

同時接続数とNamed User数の違い

Horizonは以下2種類のライセンスがあります。

  • 同時接続数ライセンス 
    「同時に」接続するクライアント数分のライセンスが必要です。同時接続数ライセンス.png
  • Named Userライセンス 
    仮想デスクトップへアクセスするアカウントユーザ数分のライセンスが必要です。Named Userライセンス.png

Horizon BundleとAdd-onの違い

Horizonは以下2種類のライセンスがあります。BundleとAdd-onを混ぜて利用することはできませんのでご注意ください。

  • Bundleライセンス
    vCenter Standard for DesktopとvSphere Desktop(vSphere Enterprise Plusと同等の機能) が含まれます。新規にHorizon環境を構築する方におすすめです。ただしVDI目的でのみ利用できます。サーバ統合とVDIを混在させて利用する場合は、以下のAdd-onライセンスをご利用ください。 
    Bundleライセンス.png
  • Add-onライセンス
    vCenterとvSphereが含まれないため、別途ご用意いただく必要があります。Bundleと異なり、利用可能な仮想マシンの制限がないため、仮想サーバ環境と仮想デスクトップ環境を混在して利用できます。 
    Add-onライセンス.png

エディション

 Horizon StandardHorizon AdvancedHorizon Enterprise Horizon Universal
Add-onBundleAdd-onBundleAdd-onBundle
ライセンス
同時接続数 同時接続数 または
Named User数
同時接続数 または
Named User数
同時接続数 または
Named User数
ライセンス提供タイプ
Perpetual Perpetual Perpetual  Perpetual Perpetual  Perpetual Subscription
販売単位
10または100毎 10または100毎 10または100毎 最低50、追加10毎
仮想デスクトップの利用
View Composer
(リンククローン)
Unified Access Gateway
Persona Management
ThinApp
 
vCenter Standard for Desktop
     
vSphere Desktop
     
vSAN Advanced for Desktop
       
VMware Mirage
     
VMware Identity Manager
   
RDSH
   

vRealize Operations for Horizon
         
App Volumes
       
Horizon for Linux
       
User Environment Manager 
       
Instant Clone
       
Cloud Connector
           

※Horizon for Linuxは単体でもお求めいただけます。

 

 

PAGE TOP