Stratoscale Cloud Platform とは︖

Stratoscale社は中東イスラエルのヘルツェリアで 2013年 に創業されました。
Stratoscaleは今日のクラウドネイティブ時代に「自動化された迅速なアプリケーション開発」を実現する「パブリッククラウド同等のプラットフォーム」を「オンプレミスへ提供すること」に挑戦しています。
Stratoscale Cloud Platformにより、時間のかかる運用タスクを自動化し、セルフサービスおよびオンデマンドですべてのリソース(コンピューティング、ストレージ、ネットワーク)のプロビジョニング、コードによるインフラの管理(IaC : Infrastructure-as-Code)をサポートするパブリッククラウドAPIによってアプリケーション開発を加速させます。そして、集中管理と定型的な業務を高度に自動化するとともに、セキュリティを強化することができます。

主な機能

クラウド最適化ハイパーバイザーによるコンピューティングインスタンス

Stratoscaleにはプライベートクラウドプラットフォームに最適化されたKVMが含まれています。
KVMは市場をリードするオープンソースハイパーバイザーです。

オンプレミスクラウドストレージ

Stratoscaleはブロックストレージ、オブジェクトストレージ、ファイルシステムを単一のプライベートクラウドプラットフォームで提供します。
DELL EMC、HPE、NetApp、Pure Storageなどの主要ベンダーの外部ストレージ装置利用またはStratoscaleに統合されたCephベースの分散ストレージをサポートしています。

Software Defined Network

StratoscaleはDNSやロードバランサー、セキュリティグループなどを含む高度なネットワーク機能と組み合わせ、ネットワークセグメンテーションを可能にします。

リソースモニタリング

StratoscaleはCPU使用率、メモリ使用率、ネットワーク負荷などの利用可能なリソース使用率を継続的に監視します。管理者はインスタンス数、CPUコア数、RAMの容量など個々のユーザーリソースを監視し、需要の変化に応じて割り当てを調整できます。

ワークロード配置

ワークロード配置ポリシー(アフィニティおよびアンチアフィニティルール)をきめ細かく制御できます。
低レイテンシを必要とするワークロード同士を近くに配置することができます。一方で分散型のスケールアウトワークロードは異なるリソースプールまたは障害ドメインに配置することができます。

Auto Scaling

Stratoscale Auto Scalingはアプリケーションを監視し、要求されるリソースを満たすようにインスタンスを自動的に増減できます。シンプルかつ強力なインターフェイスにより、実際の使用率に基づいた起動設定およびスケーリングポリシーを定義し、パフォーマンスと可用性を確保しながらコストを最小限に抑えることができます。

アイデンティティとアクセス管理

Stratoscaleはパーミッションセットおよびセキュリティポリシーによるきめ細やかなアイデンティティとアクセス制御が可能なマルチテナント対応のプラットフォームです。プライベートクラウドにマルチテナント管理を提供し、LDAPやActive Directoryなどの認証基盤とシームレスに統合できます。

AWS互換API

Terraformなどのサードパーティ製の自動化ツールを活用し、AWSと同じ方法でリソースを管理することができます。

最新情報

PAGE TOP