NetApp 製品情報 (SolidFireシリーズ)

Solid Fire

次世代データセンターのための
スケールアウト型オールフラッシュストレージ

Solid Fireは、クラウドサービスプロバイダや自社グループにプライベートクラウドを提供しようとしている大企業などに向けた次世代データセンター構築のための最新ストレージです。

製品特長

  • 容量と関係なくストレージのパフォーマンスを増やすことが可能。他のボリュームに影響を与えることなくリアルタイムにパフォーマンスを管理できます。
  • 細かなQoS設定により、すべてのボリュームのパフォーマンスを保証することが可能です。
  • 単一プラットフォームの数百個のアプリケーションで常に予測可能なパフォーマンスが得られます。
  • ストレージのプロビジョニング、管理、レポートなど、すべての作業を自動化する信頼性の高いRESTベースAPIに接続できます。
  • ビルディングブロック方式によってITサービスの提供を迅速化して、容量とパフォーマンスをオンデマンドで実現します。
  • データ保全機能としては、同期/非同期のリアルタイムレプリケーションやクラウド連携も可能なバックアップ/リカバリ機能などを搭載しています。

製品仕様

※SolidFireストレージの各ノードにはElement OSが搭載されており、暗号化または非暗号化アプライアンスとして利用できます。
※最小構成は4ノードとなり、ノード追加は1ノード単位で可能です。

 H610S-1H610S-2H610S-4
  1Uストレージ ノード
ドライブ 960GB、
2.5インチSSD×12
1.92TB、
2.5インチSSD×12
3.84TB、
2.5インチSSD×12
システム メモリ
/読み取りキャッシュ
256GB 384GB 704GB
物理容量 11.52TB 23.04TB 46.08TB
実効容量* 19.64TB 39.28TB 78.57TB
ノードあたりの
パフォーマンス
100,000 IOPS
ネットワーク データ10/25GbE  iSCSI SFP28x2 管理 1GbE RJ45×2
平均消費電力 353.1W
I/O負荷によって
異なる
393.1W
I/O負荷によって
異なる
423.1W
I/O負荷によって
異なる
重量 18.37 kg(40.5 ポンド)

* SolidFireの実効容量の計算には、Helixのデータ保護、システム オーバーヘッド、全体的な効率性(圧縮、重複排除、シンプロビジョニングなど)が考慮されています。SolidFireのお客様は、アプリケーション ワークロードにより、概して使用可能な容量の5 ~ 10倍の実効容量を使用しています。
仕様に関しての詳細および最新情報はこちらをご覧下さい。(NetAppサイト)

PAGE TOP