mono+WEB Separation 製品概要

mono+WEB Separation

仮想プラットフォーム不要!!
画期的なWeb分離ソリューション

近年、自治体が総務省から求められているセキュリティ強化の手法の1つとして、Web分離がガイドラインで推奨されております。Web分離とは、社内や庁内などの内部ネットワークとパブリックネットワークの接続を分けることを指します。
例えば、金融機関や製造業の工場などインフラでは、重要なネットワークをインターネットから物理的に分離してセキュリティの脅威から防御していたり、インターネット専用端末を設置するなどで、インターネットからの脅威を防いできました。
但しWeb分離の環境を構築するには、高価な仮想プラットフォームの導入が必要となり、小規模ユーザーには検討さえできない費用でした。
そこで小規模ユーザー向け「mono+Web Separation」は、いままでコスト面から検討さえもできなかったユーザーへ最適なWeb分離ソリューションとなります。

mono+WEB Separation

PAGE TOP