HanDreamnet 変化するセキュリティ事情

今、なぜスイッチにセキュリティが求められるのか!?

昨今、標的型メールを使ったサイバー攻撃が話題になっています。さらに、スマートデバイスの普及により新たなセキュリティ脅威も心配されます。個々に対策する方法も出てきていますが、コスト・設置場所・運用面など現実的な対策でなくては意味がありません。

ハンドリームネットは、そんな最近の脅威にも現実的な対策が実施でき、将来の変化するセキュリティ脅威にも対応できるスイッチの新しいカタチを提供します。

理由1 急速に変化するエンドポイント

急速に変化するエンドポイント

理由2 社内ネットワークに潜むセキュリティリスク

ワーム・ウイルスによる2次拡散

もはや、社内のネットワークに侵入する脅威を完全にブロックする事は、難しい時代です。
マルウェアに感染したスマートデバイスや、持ち込みPC、USBメモリなどがネットワークに接続された場合の対策は十分でしょうか?
侵入されてもウイルス・ワームの拡散は防止する。そんな新たなアプローチが必要になっています。

ウイルスによる2次拡散

ハッキングによる盗難・盗聴、情報漏洩

盗聴なんて、スパイ映画じゃあるまいし・・・そうお考えの方が多いのではないでしょうか?
今やフリーの盗聴ツールや、サイバー攻撃のように盗聴結果を第三者に送るウイルスなど、情報漏洩は身近な脅威になっています。ネットワークを流れるID/Passwordや機密情報は狙われています。
なりすましによる情報漏洩を防ぐ新たなアプローチが必要になっています。

ハッキングによる盗難・盗聴、情報漏洩

PAGE TOP