F5 BIG-IP i850 製品概要

BIG-IP i850は

BIG-IP iSeriesからLTM機能のみに絞りこんだ
ローエンドアプライアンス

  • BIG-IP 800の後継モデル
  • LTM(Local Traffic Manager)機能に限定
  • L4/L7/SSLスループットは従来エントリーモデルからパフォーマンスが2倍
  • ハードウェアによるSSL/ECC暗号化処理機能を実装
  • App Transport Security(ATS)に準拠したアクセス可能

big_ip_i850.png

BIG-IP i850 技術仕様

項目BIG-IP i850
プロセッサ シングルCPU(デュアルコア)
メモリ 16GB
HDD搭載 1TB
SSD搭載 なし
SFP 1000BASE-SX/LX/T 4(オプション)
SFP+ 10G BASE-SR/LR 2(オプション)
QSFP+ 40G BASE-SR/LR なし
L7/スループット(負荷分散時) 2 Gbps
標準SSL TPS 1000TPS
AC対応(冗長) あり(オプション)
DC対応(シングル) あり(オプション)
DC対応(冗長化) あり(オプション)
電源スペック 250W
最大消費電力(W)
(Single Power supply)
110VAC input: 120W / 220VAC input: 120W
皮相電力(VA)
(Single Power supply)
110VAC input: 133.3VA / 220VAC input: 133.3VA
最大電流(A)
(Single Power supply)
100V環境[1.48A] / 200V環境[0.74A]
発熱量
(Single Power supply)
110VAC input: 325 BTU/hour
220VAC input: 345 BTU/hour
動作時温度 0 to 40℃
動作時湿度 5% to 85%(40℃)
外形寸法 幅44.2cm
高さ4.37cm
奥行57.15cm
重量 9.07kg(one power supply)

ユーザーは BIG-IP i850をどう使うか

ユースケース: SSL Offload

課題
  • SSLトラフィックは過去1年で倍増。全トラフィックの34% → 53%がSSL
  • 2017年までにサイバー攻撃の50%がSSL/TLS を使用
BIG-IP i850の利点
  • SSL暗号化/複合化によるサーバー負荷を軽減
  • SSLトラフィックに潜むマルウェアをスキャン

ユースケース: SSL Offload

ユースケース: Office365対策(プロキシバイパス)

課題
  • Office365クライアントのセッション増加によるプロキシサーバーのオーバーロード
  • Office365の頻繁なURLの変更による更新の必要性
BIG-IP i850の利点
  • プロキシサーバーの追加不要
  • BIG-IPはインターネットとプロキシへのトラフィックを動的に管理
  • URLリストを動的に更新、手動でのPACファイルの更新は不要

ユースケース: Office365対策(プロキシバイパス)

ユースケース:HTTP2.0対応 (プロトコルゲートウェイ)

課題
  • HTTP/2 対応のクライアントの増加とサーバー未対応の現実
  • ユーザーエクスペリエンスへの影響
BIG-IP i850の利点
  • HTTP/2 から HTTP/1.1へのプロトコル変換
  • サーバープラットフォームのサービス延長によるROIの保護

ユースケース:HTTP2.0対応 (プロトコルゲートウェイ)

ユースケース: L7トラフィック管理

課題
  • ビジネスクリティカルなアプリケーション
  • 許容できない停止時間
  • iRulesによるL7レベルのインスペクション
BIG-IP i850の利点
  • 高いコストパフォーマンス
  • アプリケーションの高可用性
  • 低コストでのLTMのフル機能(iRules, iControl, iApps)

ユースケース: L7トラフィック管理

1世代前/BIG-IP800との比較

1世代前/BIG-IP800との比較

SpecificationBIG-IP 800BIG-IP i850
Performance
L7 Connections per Second (cps) (1-1) 10K cps 15K cps
L7 Requests per Second (rps) (1-inf) 40K rps 50K rps
L7 Requests per Second (rps) (inf-inf) 100K rps 150K rps
L4/L7 Throughput (Gbps) 1Gbps 2Gbps
SSL Acceleration
Maximum SSL/TLS TPS (RSA 2K Keys) 500TPS 1,000TPS
SSL/TLS TPS (ECDSA P-256) (Hardware) - 1,000TPS
Maximum SSL Bulk Encryption 500M bps 1Gbps
Maximum Compression 500M bps 1Gbps
PAGE TOP