F5 BIG-IP Link Controller™ (回線負荷分散)

WANリンクを最適化しながら事業の継続性を確保

BIG-IP Link Controller は、ファイアウォールやインターネット回線を二重化するアプリケーション・デリバリ・コントローラです。
複数のWANリンクのパフォーマンスや健全性をシームレスに監視し、ISP回線や接続ルータに障害が起こった場合の回線切替えはもちろん、マルチホーミング時の高度な経路制御を実現。
障害時の自動切替えを備えた複数回線を使った効率的なインターネットアクセスを提供します。

主な特長

  1. 回線の冗長化はもちろん、回線をアクティブ・アクティブで運用可能。
  2. 「HTTP圧縮」機能により、WANリンクのコストを削減可能。
  3. iRulesによる経路上の状態に応じたダイナミックなトラフィックコントロール。

現状の課題

  • 万一に備えて、複数のISPと契約しなければならない
  • マルチホーミングのためにBGPを使用しているが、運用管理に手間がかかる
  • コスト削減のため、契約帯域の見直しを迫られている
  • サイトの接続に期待通りのスループットが得られない

解決策

  • ISPの最適性や正常性をリアルタイムに判断したり、障害のある回線やルータの利用を回避する機能などにより、止まらないシステムを実現
  • 帯域の使用状況やトラフィックの種別に応じて、自動的に最適パスを選択、手間をかけずにリンクの冗長化を実現
  • 最もコストのかからないリンクにトラフィックを転送することで、帯域幅への投資を最適化
  • データ圧縮やTCP最適化などによりインターネット回線を効率化し、パフォーマンス向上とコスト削減を実現

bigip_lc.jpg

PAGE TOP