VxRail チャンピオンクラブ公式 facebookVxRail チャンピオンクラブ公式 Twitter入会お申し込みはこちら.jpg

こんにちは!
ネットワールドのDell EMC製品のマーケティング担当です。
今回のブログは、以下2つのトピックスをご紹介します!

★最新リリースノートについて(Revision:25  December 17, 2019)
★ネットワールドキャンペーンのご紹介

最新リリースノート情報(2019.12版)

・リリースバージョン:4.7.410
・リリース日:2019.12.17
・前回リリースバージョン:4.7.300
リリースノートはこちらから

★前回リリースバージョンとの違い★
今回リリースされた4.7.4xxでは、なんと・・・「All NVMeのE560N/P580Nをサポート」しました!
ん?と思われた方もなんとなく聞いていた方もいると思いますが、今まではキャッシュでの利用だけだったNVMeが、 ついにAll NVMeで利用可能となり、新機種が2つリリースされました!

超ざっくりですが・・・  

■E560N:Dual-Soket、All NVMeの1Uアプライアンス  ※E560がAll NVMeに対応したとイメージしてください。

E560N.png

■P580N:Quad-Soket、All NVMeの2Uアプライアンス       ※VxRail初のQuad-Soketです!Quadですよ、Quad!P580N.png

E560Nはまさに省スペースでハイスペックとなるので様々な利用用途がありそうですし、兄弟機のE560はまさにネットワールドでも不動の一番人気のモデルです。

P580NはQuadも何に使うの?とか思われたと思います。
この超ハイスペックの利用用途はずばり、「SAP HANA」での利用を想定しています。
すでにSAP HANAのHCIとして運用する事がいち早く認定されていたりします。

https://www.sap.com/dmc/exp/2014-09-02-hana-hardware/enEN/hci.html#recordid=2173

超最新情報なので詳細はここまでとなりますが、2月に開催を予定しているチャンピオンクラブセミナーでは、ハードウェアの詳細などもご紹介をしますのでぜひご参加ください!
※近日中に申込サイトをオープンします。オープンしましたら、メルマガやSNSでお知らせします。

話が若干それてしまいましたが、本題に戻りたいと思います。
今回リリースされた4.7.4xxについて、4.7.400と4.7.410がリリースされております。
4.7.400は新機種のE560N/P580N専用のバージョンとなり、現在お使いのVxRailには適用が出来ません。
4.7.410が通常のVxRailに適用可能なバージョンになります。※E560N、P580Nにも適用が出来ます。

4.7.410については以下の通りです。

❖ VxRail 4.7.410に含まれるパッケージ

VxRail Manager

  • VxRail Manager 4.7.410 build 26262335

VMware integration

  • VMware ESXi 6.7 Patch 01 GA build 15160138
  • VMware vCenter Server Virtual Appliance (vCSA) 6.7 Update 3b GA build 15132721
  • VMware vSAN 6.7 Patch 01 GA build 15160138
  • VMware vRealize Log Insight 4.8.0-13036238

Dell EMC integration

  • SRS 3.36.00.10

Dell PowerEdge platform components

  • PTAgent: 1.9.4-41
  • BIOS:
    • E Series, G560/F, P570/F, V570/F: 2.4.8
    • P580N: 2.4.7
    • 13G: 2.10.5
  • iSM: 3.4.1-1818
  • iDRAC: 3.36.36.37 (14G), 2.70.70.70 (13G)

❖セキュリティ関連

VxRail Applianceソフトウェア4.7.410には、VMware vSphere 6.7 Patch 01が含まれています。

❖不具合解消

Upgradeに失敗する不具合など様々な不具合が解消されています。以下のバージョンの不具合が解消されています。

  対象バージョン:4.7.300, 4.7.301, 4.7.111, 4.7.100, 4.7.100, 4.5.225, 4.0.524

 現在ご利用のバージョンに該当される方はリリースノートをチェックしてださい。

❖既知の不具合

・VxRail GUI(4.5.x)もしくはvCenter Plugin(4.7.X)を使用して内部用のSRSをアップグレードすると失敗するかもしくは誤ったSRSアップグレード失敗のエラーメッセージが出力される。
⇒SRSをアップグレードする際に発生しますが、詳細はKB 539565をご確認下さい。

・4.7.410にアップグレードすると、iDRACとPhysical Viewでディスクが表示されなくなります。 
⇒iDRACをリセットすることで復旧します。詳細はKB 539540をご確認下さい。

ネットワールドキャンペーンのご紹介

「Dell EMC VxRailでお悩み解決キャンペーン」
期間:2019/12/12~2020/3/31発注分まで

仮想インフラのバージョン管理やサポートでお悩みの方必見!
VxRail E560(4ノード)+ PowerSwitch S5212(2セット)のお得なキャンペーンがスタートしました。
PowerSwitchもVxRailのサポート窓口で一括サポートが可能ですので、VxRailと一緒にスイッチの購入も検討されている方は、PowerSwitchがおすすめです!
さらにPowerSwitch なら、以前ご紹介しましたSmart Fablic Serivicesにも対応しています。

キャンペーンWebページに、3構成分の価格を記載しておりますので、ご参考にしていただければと思います。
あくまで参考構成です。お客様環境にあわせて構成作成、価格調整を行いますので、お気軽に弊社営業までお問い合わせください。
またページ中盤には、VxRailの強化されたポイントをご紹介しておりますので、是非ご一読ください!

ネットワールド販売パートナー様限定「Storage Sprintキャンペーン」
期間:2019/11/8~2020/1/31発注分まで

ネットワールド経由でDell EMCのストレージ製品をご購入の方に、なんと「JCBギフトカード1万円分」をプレゼント!
対象製品は、「VxRail」、「Unity XT」、「IDPA」、「Dell EMC SC」、「VxFlex Appliance」です。
1台(1node)につき、1万円の太っ腹キャンペーンになります!!(1案件あたり上限10台まで)
1月31日までの期間限定のキャンペーンとなりますので、ご購入の予定がある方は是非お申込みください。
※発注前に必ずお申込みを行ってください。その他注意事項がございます。キャンペーンWebページをご参照ください

今回のブログはここまで・・・
2019年最後の更新となります!!!
最近更新ペースが落ちていて、大変申し訳ございません(/_;)
2020年も引き続きVxRailに関する情報を発信していきたいと思いますので、よろしくお願い致します。
ちなみに、2月にはセミナーも開催します!申込受付スタートしましたら、SNSやメルマガ等でお知らせいたします。

それでは、みなさま良いお年をお迎えください(^^)/~~~

PAGE TOP