VxRail チャンピオンクラブ公式 facebookVxRail チャンピオンクラブ公式 Twitter入会お申し込みはこちら.jpg

検証報告:Smart Fablic

こんにちは! ネットワールドのDell EMC製品のマーケティング担当です。 今回は、先日のブログの続きとして、SmartFablicの検証報告情報をお届けします。

まずはじめに、「Smart Fablic」とは・・・?
⇒HCIの物理ネットワーク環境の構成や変更を適切に自動化してくれる機能/フレームワークのこと。
 スイッチ側はモード設定するだけで、VxRail Managerでデプロイ時にスイッチを簡単に初期セットアップできます!
 さらにセットアップ後はvCenterからスイッチの管理もできるので、運用管理の負担が軽減されます。

<ご参考> SmartFablic 概要説明動画 

Smart Fablicに必要なコンポーネントは以下↓

VxRail.png
VxRail(VxRail 4.7.100以降)
Dell-EMC-PowerSwitch-S4100-S5200シリーズ.png
Dell EMC PowerSwitch S4100/S5200シリーズ
(OS10 Enterprise Edition)
Open Manage Network Integration for VMware vCenter.png

OMNI-VV (Open Manage Network Integration for VMware vCenter)

VxRail Managerではスイッチの構成のみ実施し、デプロイ後はOMNI-VVのvCenter Plug-inからスイッチを管理します。
使い慣れたvCenterインターフェイスを用いて、Smart Fabric対応スイッチのネットワーク自動化や仮想化管理を行う操作が可能になります。

OMNI-VVはOVA形式で提供されていて、VMware社のマーケットプレイスからダウンロードすることができます。

SmartFablicの初期設定の流れを簡単にご説明します。

Step1
スイッチの設定
(SmartFablic機能有効化)

Step2
VxRail Managerで
クラスタ構築

Step3
OMNI-VV設定

Step1:スイッチの設定(SmartFabric機能有効化)

スイッチの設定(SmartFabric機能有効化).gif

Step2:VxRail Managerでクラスタ構築

VxRail-Managerでクラスタ構築.gif

Step3:OMNI-VV設定

OMNI-VV設定.gifOMNI-VV設定2.gif

検証してみて・・・まだまだ課題点があったようですが、他のHCI製品にはない機能ですので、今後の成長に期待大です。
どういったところが上手くいかなかった等の情報含め、詳しい検証結果は弊社のTechブログ【ネットワールド らぼ】に掲載予定です。掲載されましたら、ご紹介いたします。

今後も弊社の技術部チームは、最新技術の検証を行っていく予定です!
その模様や検証結果は、当ブログやネットワールド らぼ でご紹介していきたいと思います!

今回のブログはここまで!次回以降、最新機能/ツールのご紹介をしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します!

PAGE TOP