VxRail チャンピオンクラブ公式 facebookVxRail チャンピオンクラブ公式 Twitter入会お申し込みはこちら.jpg

最新リリースノート情報(2019.06版)

こんにちは!
ネットワールドのDell EMC製品のマーケティング担当です。
しばらく投稿のなかったVxRailチャンピオンクラブの当ブログですが、今後は2週間に1回のペースで更新していきたいと思います!
このブログを通して、みなさまへVxRailの最新情報を発信したいと思います。

最新情報とは、具体的に・・・?

  • リリースノート情報…英語&文字量も多くてわかりづらいリリースノートの重要ポイントを絞ってサマライズ
  • 最新の注目機能やツールの紹介
  • NWの検証結果等のご紹介・・・等々

みなさまのビジネスに役立つ情報をどんどん発信していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します!

早速ですが、リリースノート情報を抜粋してご紹介いたします。
※2019.06.06にリリースされた情報となります。

リリースノートはこちらから確認できます。

❖ VxRail 4.7.211に含まれるパッケージ

VxRail Manager

  • VxRail Manager 4.7.211 build 13893929

VMware integration

  • VMware ESXi 6.7 Express Patch 09 GA build 13644319
  • VMware vCenter Server Virtual Appliance (vCSA) 6.7 Update 2a GA build 13643870
  • VMware vSAN 6.7 Express Patch 09
  • VMware vRealize Log Insight 4.6.0 GA build 8080673
  • ESRS 3.28.00.06

Dell PowerEdge platform components

  • PTAgent: 1.8.5-12
  • BIOS: 2.1.8 (14G), 2.9.1 (13G)
  • iSM: 3.4.0-1471
  • iDRAC: 3.32.32.32 (14G)


❖ 新機能 ☜☜☜☜☜ 注目!

VxRail Appliance software version 4.7.211 includes the following new feature:

  • SmartFabric support with Dell EMC S5200 25GB TOR switches

→従来はS4100シリーズのスイッチのみサポートされていたSmart Fabric(※)が、 4.7.211から25G対応のS5200シリーズスイッチについてもサポート開始しました。
※SmartFablicとは、VxRaillの物理ネットワーク環境の構成や変更を適切に自動化してくれる機能のことです。弊社技術部で検証しましたので、後ほどご紹介いたします。

<ご参考>Dell EMC PowerSwitch S5200


❖ セキュリティ情報

VxRail Appliance software version 4.7.211 includes the following security fix:

  • VxRail Appliance software 4.7.211 contains vSphere 6.7 Express Patch 09 / Upgrade 2a, which addresses the MDS vulnerability. VMware KB article 67577 provides a centralized source of information about this vulnerability.

リリースノート情報に加え、今回は先日開催しました弊社イベント「Dell EMC Edge2019」について、軽くおさらいしたいと思います。

Dell EMC Edgeとは・・・?
GWにラスベガスで開催されたDell Technologies World内で発表された内容をネットワールド流に解説、みなさまに最新情報をお届けするセミナーです。
→「Edge」というセミナータイトルの前は、「ism」という名前で同様のセミナーを開催していました。来年は別のセミナータイトルになっているかも・・・!? 

セミナー会場.jpg今年は、大阪/東京の2拠点で開催し、あわせて約200名の方にご参加いただきました!
ご参加いただいた方々、どうもありがとうございました。

セミナーでは、今回のDell Technologies Worldの目玉となったDell Technologies Cloud/VMware Cloud on Dell EMC(VxRailがベース!詳細は別の機会にご説明します) の解説や、新製品のUnity XT / Data Protectのご紹介、そしてVxRailの新ツール:ACEのご紹介と検証報告をさせていただきました。今回は、VxRailの検証報告について、簡単にご紹介したいと思います!

気になるVxRailの検証報告とは・・・

 ①VxRail ManagerのvCenter統合
 ②2node VxRail Cluster
 ③Smart Fablic

すべてVxRail4.7/4.7.100以降に新しく追加・利用できるようになった機能です。順番に実際の画面交えて簡単にご紹介します。

①VxRail ManagerのvCenter統合

これまで・・・HCIアプライアンスとしての運用管理はVxRail Managerから実施
4.7.100以降・・・VxRail ManagerがvCenterに統合!!
→vCenterでワンストップで直感的に運用管理オペレーションが可能に!

4.7.100以降のノード追加オペレーションはこんな感じ!!4.7.100以降のノード追加オペレーション

VxRail Manager固有のアクセス方法や、使い方を覚えておく必要がなくなり、vCenterを使い慣れている方にとって、とても使いやすくなりました。

②2node VxRail cluster

2node-VxRail-cluster.gifこれまで・・・最低3node、推奨4node以上
4.7.100以降・・・2nodeからVxRail(E560/F限定)が利用可能に!!

《2node VxRail clusterの特有の仕様》
★Node間の内部管理ネットワークは直結が必須
★HCIクラスタの拡張は不可
★以下のコンポーネントをVxRailの外部に配置
・vCenter
・Witness ※

※Witness(監視)は障害時どちらのデータが正なのか判断するために存在するブローカーやクォーラムのような役割で、サービスの正常稼働の為に必ず稼働させる必要があります。

実際に弊社の技術部が2node clusterを検証!2node-VxRail-cluster.jpg

デプロイ完了

ノード数が少なくて済むので、費用を抑えて、地方拠点等にHCIの展開をされたい方におすすめです。

詳しい検証報告については、弊社のTechブログ【ネットワールド らぼ】に掲載予定です。掲載されましたら、ご紹介いたします。

今回のブログはここまで!検証報告③SmartFablicの記事は後日アップします!

PAGE TOP