Xterity BaaS(バックアップ) 製品概要

Xterity BaaS(バックアップ)

Xterity BaaSは、システム丸ごとのイーメジバックアップをローカルの本番環境で高速に実現し、さらにクラウドへWAN越しに高速レプリケーションを行い、ローカルとクラウドで大切なデータを二重で保護します。Xterity BaaSは、ローカルバックアップ費用を実質無料で提供し、費用対効果に優れた統合バックアップソリューションを提供します。

サービスの概要

物理/仮想サーバーでWindows/Linux OS全般に対応し、仮想化ソフトの種類やバージョン(VMwareやHyper-Vなど)を問わず、ローカルとXterityクラウドへ二重にバックアップします。ローカル拠点の仮想環境に、専用のXterityストレージサーバー(バーチャルアプライアンス)をインストールし、保護したいサーバーへXterityエージェントをインストールします。そのエージェントは、Xterityストレージサーバーへバックアップを行います。初回同期はフルバックアップを行い、それ以降はスケジュール通りにデータの変更部分のみをブロックベースでXteirtyストレージサーバーへ転送します。リストアする際は、最新のデータと過去のスナップショットを組み合わせ、任意の日時のディスクを再現します。

Xterity BaaS 基本動作

サービスの特長

イメージ丸ごと高速バックアップ
システム丸ごとイメージ化して、OS(Windows、Linux全般)とアプリケーション(Oracle、SQL、MySQL 、SAP HANA、Exchange、ADなど)を含めたデータ(データとシステム領域両方を含む)の全てをバックアップします。対象サーバーに常駐するエージェントは、CPU負荷が数%、メモリ負荷が数百MBで、日々変更されるデータ変更部分を常にトラッキングを行い、変更があったブロックのみを転送するので、データ量やファイル数に依存しない高速なバックアップを実現し、ほとんどシステムに負荷をかけません。
従量課金
ローカル拠点でのバックアップデータは通常無料*1で、クラウド上に保存したバックアップ容量による従量課金です。
*1 弊社推奨構成時は無償になります。様々な要件のご相談を承っております
ライセンス費用不要
ローカル拠点の仮想環境にインストールするXterityストレージサーバー*2(バ—チャルアプライアンス)や、保護対象サーバーへインストールするエージェントの追加ライセンス費用はありません。無償でご利用になれます。
*2 ローカル拠点の仮想環境は、お客様の仮想環境を利用いたします。仮想環境がない場合はご相談下さい
高速・高効率なクラウドへのレプリケーション
ローカル拠点のXterityストレージサーバーとXterityクラウドは、転送データに対する変更を512バイト単位で特定し、変更ブロックのみを暗号化して転送するので、高額な通信回線ではなく、低帯域の回線で効率よく転送ができ、回線コストを大幅に抑えられます。
運用・管理の自動化
設定したスケジュール通りにスナップショットを取得し、常に最新状態の世代管理を自動化します。また、ローカル拠点の保護されているディスク資源も監視します(ディスク容量が緊迫する前に通知します)
無償の24/365監視体制
Xterityオペレーターによって、最新のミラーディスクが保たれているか、24時間365日で監視を行なっています。
多拠点の企業にも
ローカルのみにバックアップしている企業から、全国津々浦々に拠点がある企業まで、対応することが可能です。 Xteirty統合BaaSソリューション資料はこちらから参照になれます。

ご利用料金

表示価格は税抜になります

 BaaS
初期構築費用 *3 ¥60,000〜

*3 DRaaSも同時申し込みの場合、DRaaSのみ初期費用が発生

月額費用 *最小構成はありません単価/月
BaaS (Xterityクラウド上で1GBごと)¥14/月
ネットワーク費(VPN)*4 ¥1300/月

*4 WAN越しにエージェントが直接Xterityストレージサーバへバックアップする場合に必要

構成例                          バックアップ容量月額費用
500GB ¥7,000/月
1TB ¥14.000/月
5TB ¥70,000/月
PAGE TOP