Digital Arts ホワイト運用とは

ホワイト運用とは

サイバーリスクの顕在化と従来方式での限界

「標的型攻撃」「改ざんサイト」…技術の進化に伴い、サイバーリスクは今まで以上に注意が必要な存在になってきました。しかしながら従来のブラックリスト方式では、攻撃手段の変化に対応しきれず、安全性を保つことが難しい状態でした。

サイバーリスクの顕在化と従来方式での限界

新たな運用方式による「安全なWebの世界」の実現

デジタルアーツ株式会社が提唱する「ホワイト運用」は長年収集した情報を活用し、国内で検索可能なURLと安全な送信元であると判定したメール情報を全て網羅したDBによって未知の脅威や攻撃からお客様を守ります。

新たな運用方式による「安全なWebの世界」の実現

「安全性」と「運用効率」の共存

「ブラックリスト」方式では既知の脅威にしか対応ができず、対応が遅れれば状況が深刻化するリスクがあり、一方「ホワイトリスト」方式ではホワイトリスト登録が遅れれば業務の妨げになってしまうリスクがありました。
「ホワイト運用」ではデジタルアーツ株式会社がお客様に代わり日々情報を収集することで、手間をかけず安全にアクセスできる情報のみ触れることができるようになっています。

「安全性」と「運用効率」の共存

日々積み重なる「安全」「安心」

「ホワイト運用」に利用するDBは常に強化されており、セキュリティ製品の提供を通じて、最新の攻撃や未知の脅威から守るだけでなく、セキュリティを気にせず安心してチャレンジできる業務環境づくりを支援いたします。

日々積み重なる「安全」「安心」

PAGE TOP