日本初! Diamanti D20を開けてみた!

ハードウェア開梱

購入機種

Diamanti D20(20-192-4)20コアモデル

ハードウェア開墾

こちらがDiamanti D20のハードウェアが入っている箱です。
届いた箱サイズは、980(W)x575(D)x255(H)です。

ハードウェア開墾

箱を開けると、まずは同梱物が入っていました。
写真左側「電源ケーブルx2本」「書類一式」、中央長細い箱の中に「ベゼルx1個」です。

ハードウェア開墾

同梱物と緩衝材を取り除くと、Diamanti D20ハードウェアが登場!

ハードウェア開墾

3人で慎重に取り出します。

ハードウェア開墾

ビニール袋を取り除いて、Diamanti 20の筐体が1台出てきました!
1Uのアプライアンス機器ですので、すべて組み上がった状態で納品されます。

同梱物と付属品

D20の同梱物と付属品をチェック

本体の箱に入っているのは「ベゼルx1個」「ドキュメントx4種」「電源ケーブルx2本」の3種類です。 別箱で、ラックレールキットもあります。

同梱物と付属品 (ベゼル)

ベゼルのUSBを本体側に接続して通電すると、ダイヤモンド型のディアマンティロゴが光ります。
点灯した画像は「ラックマウント」をご確認ください。

同梱物と付属品 (ドキュメント×4種)

4種類のドキュメントは、全て英語です。

同梱物と付属品 (電源ケーブル×2本)

電源ケーブルは、C13-C14 200Vが2本入っています。
本体は冗長電源のため、電源は2本とも接続時に使います。
因みに、同梱されている電源ケーブルとは別売りで、日本用の100V電源ケーブルを購入することも可能です。
オプションケーブルの詳細は「オプション(電源ケーブル・ブレークアウトケーブル)」をご参照ください。

同梱物と付属品 (ラックレールキット (別箱))

Diamanti D20本体とは別箱で、ラックレールキットが付属しています。
レールキットの外箱サイズは、850(W)x105(D)x66(H)です。
留め具とラックレール設置用のガイド(英語)が同梱されていました。

オプション(電源ケーブル・ブレークアウトケーブル)

オプションの確認

  • 100V電源ケーブル(日本用)
  • ブレークアウトケーブル(L2スイッチへ接続)

オプション 100V電源ケーブル(日本用)

”Japan C13-C14”100Vケーブルも追加で調達しました。こちらの長さは2mです。

オプション ブレークアウトケーブル(L2スイッチへ接続)

「 Passive Copper breakout cable 3m」のオプションもあります。
ケーブルの先が、四つ又に分かれています。
本体側にケーブルのQSFP+(40GbE)x1、L2スイッチ側にSFP+(10GbE)x4つを挿して使います。
ブレークアウトケーブルは、本体数量と同数が必要です。

Diamanti D20外観

Diamanti D20外観  上蓋

天板の背面側に「Quick Reference」(英語)情報が貼付されています。

Diamanti D20外観  Quick Reference

クイック リファレンス

  1. サーバーボード診断LED
  2. システム構成とリカバリージャンパー
  3. プロセッサーの脱着方法
  4. 背面の機能識別
  5. メモリー交換
  6. 注意事項
  7. ファンの交換
  8. フロントパネル機能識別

Diamanti D20外観

フロント側の「銘版ラベル」には、製品型番、シリアル、第三者機関認証などが記載されています。

Diamanti D20外観

背面
向かって左側は、PowerSupply(スイッチング電源)があります。 1100ACと記載されており、もちろん電源は冗長化されています。
上蓋を外さない状態で引き出すことができました。

Diamanti D20外観

電源の隣で、向かって右側のインターフェース各種。「Quick Reference」の「Back Panel Feature Identification」より。

Diamanti D20外観

上:前面には、ストレージスロットx8か所あります。
中:蓋を開けずに、ストレージの脱着が可能です。
下:右側にはVGAx1ポート/USBx2ポートのインターフェースがあります。

Diamanti D20外観

ベゼルを付けるとこんな感じになります。

Diamanti D20内部

それでは上蓋を外して中を見てみましょう。

Diamanti D20内部

Diamanti D20内部

Diamanti D20内部

じゃーん!日本初公開!!基盤や各種パーツが見えてきました!

Diamanti D20内部

スイッチング電源(PowerSupply)

Diamanti D20内部

スイッチング電源を引き抜くと、上部にこのようなラベルが貼付されていました。

Diamanti D20内部

背面インターフェース上部

Diamanti D20内部

メモリ
メモリx24スロットが本体には搭載されています。
Diamanti D20(20-192-4)は、16GBメモリx12枚搭載されており、計192GB構成となっていました。

Diamanti D20内部

CPU
CPUはメモリの間に2個搭載されています。
1~4は「Quick Reference」の「Processor Installation and Removal」説明に記載のネジ番号となっています。

Diamanti D20内部

上記CPUとメモリスロットのレイアウトは「Quick Reference」の「Server Board Diagnostic LEDs」より。

Diamanti D20内部

ファン
ファンは、左右2か所x3個づつで、計6個あります。

Diamanti D20内部

エアフローは、背面(電源、ポート側)から全面(ストレージ側)の様子です。

Diamanti D20内部

ストレージ
フロントにはNVMe SSDスロットx8個があり、引き抜くと上記の1TのSSDが入っていました。

ラックマウント

Diamanti D20をラックに収容します。Diamantiは最小3ノード構成ですが、今回は合計4台をマウントします。

ラックマウント

1台1Uを二人で支えながら、レールに本体をかませてマウントしてゆきます。

ラックマウント

ラックマウント

ラックマウント

ラックマウント

ラックマウント

ラックマウント

電源ケーブルと、ブレークアウトケーブルをL2スイッチへ結線します。

ラックマウント

ベゼルを付けて、通電!ディアマンティロゴが、グリーンに光りました!!

PAGE TOP