Check Point セキュリティアプライアンス 製品概要

フル・レンジで最も先進の脅威防御

日々進化し大規模化・高度化する脅威から、企業・組織を保護することが、年々困難になってきています。チェック・ポイントの次世代脅威対策は、多層防御による保護機能および最新かつ豊富な脅威インテリジェンスをもとに、将来の脅威に対する一歩先の対策を実現できます。

Check Point セキュリティアプライアンス

アプライアンスの選び方

必要な機能からNGTP/NGTXを選択し、必要な性能に対応したサイズをお選びください。

  • NGTPシリーズ:ゲートウェイ・セキュリティの総合的な機能を提供します
  • NGTXシリーズ:NGTPに「サンドボックス(クラウド版)」「ファイル無害化」の機能を追加します
利用できる機能NGTPシリーズNGTXシリーズ
ファイアウォール
VPN(IPsec/SSL)
アンチウイルス
IPS(NGFW)
Webフィルタリング
アンチスパム
サンドボックス (クラウド版)
(Threat Emulation)
×
ファイル無害化
(Threat Extraction)
×

Check Pointのサンドボックス 「SandBlast」の特長

NGTXシリーズのライセンスを適用すると、アプライアンス単体で、クラウド上のサンドボックス機能が利用可能になります。サンドボックス専用機は不要です。

セキュリティアプライアンス+クラウド上のサンドボックス

サンドボックス専用機を用いると、クラウド上にデータを持ち出さず、オンプレミスの専用機内でのみサンドボックス機能が利用できます。他社製FWとの併用も可能です。

他社製ファイアウォール+サンドボックス専用機

Check Point独自のゼロデイ攻撃対策

未知のマルウェアやゼロデイの脅威、標的型攻撃に対して、エクスプロイト・コードの実行前にマルウェアを検知する、Check Point独自のリアルタイム保護、およびメールの無害化が可能です

Check Point独自のゼロデイ攻撃対策

ゼロデイ攻撃対策 動作概要

NGTXシリーズで利用できる、Threat Emulation + Threat Extraction

ゼロデイ攻撃対策 動作概要

ゼロデイ対策を支える世界最大の脅威インテリジェンス

THREATCLOUDは毎秒発生する新たな脅威からお客様を守るCheck Point社独自運営するデータベースです。

THREADCLOUD

管理用製品「Smart-1 」で、セキュリティを統合管理

オールインワンのセキュリティ管理

ネットワーク、クラウドおよびモバイル環境のポリシーを単一コンソールに集約。物理と仮想を問わず、組織内の全ての環境を統合管理できます。

完全な脅威の可視化

リアルタイムのフォレンジック分析とイベント調査、コンプライアンス管理およびレポート作成を単一のダッシュボードに統合し、セキュリティを可視化します。

エンタープライズ・レベルの拡張性

データ・ストレージとパフォーマンスを最大で8 倍に拡張可能。最大5,000台の小規模・店舗向け1400シリーズを1台のアプライアンスで集中管理できます。また、サービス・プロバイダや社内SOCに対応するマルチ・ドマイン機能も搭載(Smart-1 5050、5010)

管理用製品「Smart-1 」で、セキュリティを統合管理

管理用製品「Smart-1 」で、セキュリティを統合管理

新登場! 6000シリーズ アプライアンス

Check Point 6500/6800次世代セキュリティ・ゲートウェイは、包括的なセキュリティ技術を統合した、中規模環境向けのセキュリティ・ソリューションです。最も高度な脅威対策を実行できるよう最適化されており、強力なセキュリティで組織の重要な資産や環境を保護することが可能です。

6000シリーズ アプライアンス

数値での比較

従来の製品と比べて、コスト・パフォーマンスが大幅に向上しました。

数値での比較

新登場! ハイパースケールシステム「MAESTRO」

Check Point MAESTRO(マエストロ)は、Check Pointのアプライアンスを接続し、一つの統合セキュリティ・システムとして調和する、ハイパースケール・ネットワーク・セキュリティ・ソリューションです。これにより、アプライアンスの拡張がかつてないほど簡単になります。

ハイパースケールシステム「MAESTRO」

MAESTRO(マエストロ) の特長

ハイパースケール・セキュリティ・システム
Maestro では、3.4 Gbps の構成からスタート(6800 シリーズは8.9 Gbps)し、ネットワークの拡大に合わせて既存のゲートウェイや新しいゲートウェイを簡単に最大52 台まで追加できます。例えば、8.9 Gbps からスタートした場合は、最高で450 Gbps にまで拡張できます。Check Point Maestro では、このように大幅な拡張がシンプルに実現できます。
数分でセットアップ可能
システムにゲートウェイを追加すると、そのゲートウェイのすべての設定、ポリシー、ソフトウェア・バージョンが、既存のゲートウェイに合わせて自動的に更新されます。このため、わずか6 分ほどで運用の準備が整います。
トラフィックの分散
HyperSync は、アクティブ、スタンバイ、バックアップというグループ・メンバーの状態を追跡して、実際に接続を処理しているアクティブおよびスタンバイのメンバとのみトラフィックを同期します。このようにパケットをユニキャストすることで、Maestro セキュリティ・アーキテクチャ全体の同期トラフィックの負荷を軽減しています。
Hyperscale Orchestratorへの接続
セキュリティ・グループを作成すると、SMO 管理インタフェースからSecurity Management サーバに接続するためのIP アドレスが生成されます。IP アドレスの作成と、内部/外部ネットワーク・インタフェースへの割り当ては容易に行えます。これらのアップリンクは、Maestro セキュリティ・アーキテクチャを構成するコンポーネントとして識別できます。
コスト効率に優れたN+1 クラスタリング
Maestro Security Orchestrator では、1 つの統合されたシステムにおいて、N+1 の効率的なクラスタリングが実現します。このため、どのような規模の組織でも、キャリア・グレードの技術を活用してクラウド・レベルの耐障害性を実現できます。

MAESTRO(マエストロ)動作概要

MAESTRO(マエストロ)動作概要

PAGE TOP