BOM ライセンス

BOM for Windows Ver.6.0 とオプション製品のライセンスポリシーをご案内いたします。

必要ライセンス数の計算方法

license_count.jpg

BOM導入の際にご購入いただく必要のあるライセンス数は、『BOMで監視するコンピューターの総数』です。監視の対象でないコンピューターに、BOMマネージャーやアーカイブマネージャー、集中監視コンソールをインストールして使用する場合は、追加でライセンスを購入する必要はありません。
※ 1インスタンスに作成できる監視項目が200までという制限がありますので、1台のコンピューターに 200以上の監視項目を作成する場合に限りましては、そのコンピューターに追加で1ライセンス(1インスタンス)必要となります。
※ 代理監視をご利用になる場合は、監視される(代理監視先)コンピューター台数分のライセンスが必要です。

BOM for Windows Ver.5.0からは、クライアントOSに対するインストール/監視が無償となりました。クライアントOSにインストールする場合は、先ずBOM for Windows 基本パッケージを1つご購入ください。ご購入いただいたパッケージに含まれるメディアから、複数のクライアントOSにBOM for Windows をインストールしてご利用いただけます。
※ クライアントOSを代理監視する場合には、別途ライセンスをご購入頂く必要があります。
※ クライアントOSで運用されているBOM 6.0でのご質問を頂く場合にも、有効なインシデントが必要となります。

【注意】 「1台のコンピューター」の定義について従来、「1台のコンピューター」といえば、「一つの筐体に一つのオペレーシングシステムが動作しているもの」でしたが、昨今、テクノロジーの進化が激しく、クラスタサーバや、仮想OS、FTサーバなどの出現で、この定義自体があいまいになっております。必要ライセンス数を計算する場合の「1台のコンピューター」の定義を、「一つのオペレーシングシステムが動作しているもの」と定義します。
クラスタサーバ上で稼動する仮想サービスにつきましても、仮想化環境にOSのリソース(ハードディスク、IPアドレスなど)を割り当てるため、 「1台のコンピューター」として扱います。

オプション製品のライセンスについて

オプション製品のご購入の際に必要なライセンスについては、すべてのバージョンにおいて以下のようになります。

 

オプション製品名必要なライセンス数
BOM VMware オプション Ver.6.0 監視対象とするOracle サーバの台数
BOM Linux オプション Ver.6.0 監視対象とするCitrix XenApp、あるいはターミナルサーバの台数
BOM Oracle オプション Ver.6.0 監視対象とする Linuxサーバの台数
BOM Citrix XenApp オプション Ver.6.0 監視対象とする VMwareサーバの台数
BOM Report オプション Ver.6.0 BOM レポートオプション(BOM 6.0レポート作成ウィザード)を導入するコンピューターの台数
PAGE TOP