Actifio CDS 製品概要

システム管理者の悩み

増殖するデータの「コピー」
本番環境で利用しているオンラインデータは、様々な部門にて利用目的別に同一のデータが世代管理を含めて何重にも“コピー”されている。そのような状況によって、企業内で管理されているデータ量は、本番データの13倍~120倍 にも肥大化している

Actifio CDS(Copy Data Storage)

Actifio CDSは企業内に増殖した様々な用途のコピーデータを、スナップショット、重複除外 及び データの圧縮技術を利用して、企業内データを最適なデータ容量に抑えることが出来ます。CDSはそれらの機能を“All in One”で提供するアプライアンス製品です。

あらゆるデータを重複排除してから保管します

Actifioは、保護対象となる物理(ファイル, DB) 及び 仮想イメージファイルのスナップショットコピーを取得し、そのコピーイメージより 「ブロック単位」での重複除外を行います。重複除外されたデータは、データ圧縮されて「重複除外プール」に保管されます。この仕組みにより、企業内データを増加を最小限に抑えることが出来ます。

新たな災害対策(DR)基盤の確立へ!

Actifio CDSを採用することで、これまでの複雑な構成・運用や大量のストレージ機器を、Actifioアプライアンス+重複除外ストレージのシンプルな組合せに集約出来ます。よって以下のようなとてもシンプルな構成にてDR基盤を構築することが可能になります。

Actifio CDSまとめ

  • ハードウェア・アプライアンス製品です
  • 1000社以上の企業に採用
  • 永久ブロック差分 & 重複除外によるバックアップ
  • 仮想イメージコピーの利用によりデータ増加を最小限に!
  • 新たな災害対策基盤の確立
PAGE TOP