株式会社ネットワールド

ITインフラのソリューション・ディストリビューターである株式会社ネットワールド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 森田 晶一)は、米Confluent社(コンフルーエント)と国内初の販売契約を締結し、ビッグデータ / IoT 時代に不可欠なイベントストリーミングプラットフォーム「Confluent Platform」と「Confluent Cloud」を、本日4月23日より国内販売開始します。

Confluentは、静的スナップショットとしてではなく、イベントが連続的に更新するストリームとしてデータを活用するデータインフラストラクチャーのための新しいモデルを作りました。Confluent PlatformとConfluent Cloudは、2つの重要な価値を提供します。第1に、すべてのイベントを収集し、転送し、格納するための高度にスケーラブルなリアルタイムパイプラインを提供します。第2に、オンプレミスとクラウドの両方で、リアルタイムデータと格納されたデータの両方を組み込むことができます。

Apache Kafka®のオリジナル制作者が創設したConfluentは、エンタープライズ対応のイベントストリーミングプラットフォームのパイオニアです。エンタープライズ向けに構築されたConfluentの業界初のイベントストリーミングプラットフォームにより、デジタル時代を生き残る先進的な企業がリアルタイムで事業を展開するために必要とされる、使いやすさ、スケーラビリティ、セキュリティ、および柔軟性を享受することができます。各業界をリードする企業は、この新しいプラットフォーム・パラダイムで成功を収め、アーキテクチャーをバッチ処理、オンプレミス、マルチクラウド環境にわたるストリーミングに変えています。

世界中の組織は、Apache Kafkaを活用して、非常に大規模なデータストリーミングパイプラインを実行し、マイクロサービスアプリケーションやIoTの取り組みをサポートしています。Confluent Platformは、Kafka上に完全に構築された唯一のイベントストリーミングプラットフォームであり、Kafkaを用いたエンタープライズストリーミングプラットフォームの実装および管理を容易にし、信頼性が高く、セキュアです。

Confluent Platform は、Apache Kafka を、以下の開発・運用ツールで補完・増強します。

  • 完全なイベントストリーミングプラットフォーム - 企業は、Kafka用のクライアントおよびコネクターの最も広範なエコシステムを使用して、組織全体にわたってすべてのアプリケーションを統合し、Kafka用の唯一のストリーミングSQLエンジンであるConfluent KSQLを含む高度なストリーム処理機能を使用して、リアルタイムでデータを処理することができます。
  • ミッションクリティカルな信頼性 - 弾性スケーリングを単純化するための自動データバランシング、回復力を高めるためのマルチデータセンター複製、KPIを追跡しSLAを満たすためのグラフィカルユーザーインタフェース、およびイベントストリーミングプラットフォームを保護するためのエンタープライズグレードの暗号化、認証、および許可を含みます。
  • 最先端企業は、ハイブリッドおよびマルチクラウド環境を構築するために、一貫したプラットフォームおよび動作モデルを用いて、パブリックまたはプライベートの任意のクラウド上に展開することができます。また、企業は、ストリーミングプラットフォームの運用モデルに関して、Confluent Platformを自己管理ソフトウェアとして使用するか、Confluent Cloud(主要なパブリッククラウドでインスタンス化された完全管理サービス)を使用するかを選択できます。

「Confluent Platform」の構成図

「Confluent Platform」の構成図

「Confluentは世界中で多くの成長を経験しており、日本のApache Kafkaの需要に応えるために強力なパートナーエコシステムを導入しています。このパートナーシップは、顧客がビジネスを変革するために当社の技術を採用するのに役立ちます。ネットワールドと協力して、イベントストリーミングプラットフォームを日本市場に投入できることを楽しみにしています。」と、Confluent社のビジネス開発シニア・ディレクター、Tim Attwood氏は述べています。

「Confluent Platform」の機能比較表

「Confluent Platform」の機能比較表

デジタルトランスフォーメーションやコネクテッド・デバイスの増加などにより、ストリーミングデータの利活用がますます企業の競争優位を確立する中、ネットワールドは、全国に拡がるパートナー網を活かして、同社製品の拡販に努めます。その第一弾として、来る5月21日(火)、Confluentソリューションセミナーを開催し、「Confluent Enterprise」製品をご紹介します。

「Confluent Enterprise」の販売について

◇ 販売・出荷開始: 2019年4月23日
◇ 販売経路: ネットワールド、および同社販売パートナー経由
◇ 稼働環境: オンプレミス、パブリッククラウド(AWS、Google Cloud Platform、Microsoft Azure)
◇ 価格体系: 年額サブスクリプション、従量課金

Confluent ソリューションセミナー

◇主催: 株式会社ネットワールド
◇協賛: Confluent,Inc.
◇日程:2019年5月21日(火)14:00~(受付開始13:30)
◇会場:ホテル雅叙園東京 2F「華しずか」  
◇参加費: 無料(事前登録制)
◇対象: ネットワールドパートナー様、エンドユーザー様
◇内容:
「Confluent の概要と事例 」
  Confluent Inc. Head of WW SI, Consulting and Channel Partners  Tim Attwood 氏(同時通訳)
「Confluent/Kafka の技術、製品、ユースケース 」
  Confluent Inc. Systems Engineer, APAC  David Peterson氏(同時通訳)
※他、ゲストスピーカー調整中

お申し込みサイトはこちらから

Confluentについて

Apache Kafkaの開発者によって設立されたConfluentは、企業がデータの価値を最大限に引き出すことを可能にするイベント駆動型のストリーミングプラットフォームを提供します。組織の枠を超えてリアルタイムイベントのストリームにデータを取り込むストリーミングプラットフォームを使用することにより、小売、物流、製造、金融サービス、技術、メディアなどの業界の企業はすべての顧客にリアルタイムで対応できます。ベンチマーク、Index Ventures、Sequoiaに支えられたConfluentは、カリフォルニア州パロアルトに拠点を置いています。

株式会社ネットワールドについて

株式会社ネットワールドは、ITインフラストラクチャーのソリューション ディストリビューターとして、クラウド コンピューティング時代の企業IT基盤を変革する技術製品と関連サービスを提供しています。サーバー、ストレージやネットワーク、そしてアプリケーションやデスクトップの仮想化に早期から取り組み、次世代のITインフラストラクチャーのあるべき姿をリードしています。

報道関係者お問い合わせ先

株式会社ネットワールド
マーケティング本部MARCOMグループ
お問い合わせフォーム

製品ならびにご購入に関するお問い合わせ先

PAGE TOP