株式会社ネットワールド

ITインフラのソリューション・ディストリビューターである株式会社ネットワールド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 森田 晶一)は、イスラエルStratoscale(ストラトスケール)社と国内初の代理店契約を締結し、AWSと互換性のあるクラウド環境をオンプレミス環境に構築可能なソフトウェアソリューションを、本日4月16日より国内販売開始します。

近年、パブリッククラウドへのワークロード移行が進む一方で、コスト、セキュリティおよびコンプライアンスの観点から、多くの組織が、アプリケーションやデータをオンプレミスで運用し続けています。Stratoscaleのソリューションは、AWS互換(*)のインフラストラクチャーと各種サービスをオンプレミスのデータセンター内で実現するプライベートクラウド構築ソフトウェアです。パブリッククラウドでの柔軟性と迅速性の利点を維持しながら、オンプレミス環境で、AWSと同等の操作により、ミッションクリティカルなアプリケーションや機密性の高いデータを管理・運用することが可能となります。また、開発・運用の知識やノウハウをAWSパブリッククラウドとオンプレミス間で共有でき、ワークロード移行もスムーズなため、柔軟性の高いハイブリッドクラウド戦略を展開できます。
(*: 主要サービスにフォーカスしているため、サポートされる機能には、一部制限があります.)

Stratoscaleの主な製品は以下のとおりです

(1)Stratoscale Software Defined Data Center
AWS EC2互換サービスを実装するフルプライベートクラウド(IaaS)ソリューションであり、クラウド自動化によるエンドツーエンドプロビジョニングのスピードと敏捷性の実現を目指すDevOps主導のIT組織に最適です。
(2)Stratoscale Database Platform
完全に自動化されたSQL&NoSQLデータベースプラットフォーム(DBaaS)で、複数のオープンソース/ 商用のデータベースの展開と管理を簡素化します。
(3)Stratoscale Container Platform
Kubernetesソリューションであり、複数のKubernetesクラスターをプロビジョニングおよび管理する複雑さを解消します。
(4)Stratoscale Cloud Service Platform
上記(1)~(3)をすべて含みます。

Stratoscaleソリューション構成図

Stratoscaleソリューション構成図

Stratoscale 製品の販売について

◇ 販売・出荷開始: 2019年4月16日
◇ 販売経路: ネットワールド、および同社販売パートナー経由
◇ 稼働環境: オンプレミス
◇ 価格体系: 物理CPUソケットごとのソフトウェアサブスクリプション
  Stratoscale Software Defined Data Center 標準構成354万円(税別)より(予価)

Stratoscale社エンドースメント

Stratoscale最高経営責任者(CEO)Ariel Maislos氏

Stratoscaleは将来を見据えて、日本市場への進出に自信を持っています。 私たちが他の地域で成功したように、私たちはその地域で最も戦略的な企業と提携するよう努めています。
Stratoscaleのエンタープライズ市場に対する価値についてのネットワールドの実績、ビジョン、そして理解により、私たちにとって素晴らしいパートナーになると期待しております。

Stratoscaleが目指すもの

「われわれの調査結果は、顧客から耳にする声を裏付けています。多くがパブリッククラウドへの移行に向けて動き始めていますが、非常に多数の企業が依然として、主にセキュリティやコストが理由でミッションクリティカルなワークロードと機密データをプライベートソリューションで動かしています。ハイブリッドクラウドモデルが、規模に関係なく、ほとんどの企業の短期的、長期的な未来のものとなるのは明らかです。」(CEO Ariel Maislos氏)

Stratoscaleエコシステム

Stratoscaleは、北米とヨーロッパにおいて、包括的なパートナープログラム「PartnerFirst」を展開しており、事業を拡大し続けています。パートナー企業にはCisco Systems、Dell EMC、HPE、Lenovo、Pure Storage、Supermicro、Intel、Cloudera、Docker、およびOpenStack Mellanox、Red Hat、HashiCorpなどがあります。

Stratoscale社について

Stratoscale社は、2013年、Ariel Maislos氏によって設立された会社で、ハードウェアに依存しないAWS互換のインフラストラクチャー / サービスを提供しています。カナダと北米とイスラエルに拠点があり、ハイブリッドクラウド向けのソフトウェアテクノロジーを開発しています。2018年、シリーズCで2,700万ドル(約30億3,345万円)の資金調達を実施し、資金調達額は累計9,500万ドル(約104億5,000万円)以上となりました。

株式会社ネットワールドについて

株式会社ネットワールドは、ITインフラストラクチャーのソリューション ディストリビューターとして、クラウド コンピューティング時代の企業IT基盤を変革する技術製品と関連サービスを提供しています。サーバー、ストレージやネットワーク、そしてアプリケーションやデスクトップの仮想化に早期から取り組み、次世代のITインフラストラクチャーのあるべき姿をリードしています。

報道関係者お問い合わせ先

株式会社ネットワールド
マーケティング本部MARCOMグループ
お問い合わせフォーム

製品ならびにご購入に関するお問い合わせ先

株式会社ネットワールド
Stratoscale お問い合わせフォーム

PAGE TOP