株式会社ネットワールド

ITインフラのソリューション・ディストリビューターである株式会社ネットワールド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 森田 晶一)は、米PernixData(パーニックスデータ)社のストレージ高速化プラットフォームの最新版「PernixData FVP™ 3.0」を発表し、本日10月29日より販売開始します。

「PernixData FVP」は、ストレージのパフォーマンスとキャパシティを分離することをコンセプトに、VMwareのハイパーバイザー内にカーネルモジュールとしてインストールし、サーバに搭載された高速なメディアをキャッシュ・バッファとして利用し、既存ストレージのI/O性能、レスポンスタイムを飛躍的に高めるソフトウェアです。
最新版の「PernixData FVP 3.0」は、従来までのハイパーバイザーへのシームレスな統合はそのままに、VMware社の最新ハイパーバイザー「vSphere 6.0」に対応するなど機能を追加・強化しています。

また、本ヴァージョンから「PernixData FVP」の完全無償版として「FVP Freedomエディション」も提供開始します。「FVP Freedomエディション」は、米PernixDataが運営するコミュニティフォーラムによりサポートされますが、これに加えて、ネットワールドは、独自の日本語コミュニティフォーラム「FVP Freedom」を開設します。この日本語コミュニティフォーラムは、当面はネットワールドが運営を支援し、いずれはPernixData本社の管理下に移行する計画です。
ネットワールドは、2013年に「PernixData FVP」の国内販売を開始して以来、無償評価版の提供、認定トレーニング提供、日本語ブログ公開などにより、その画期的なソリューションに対する理解を高め、SaaS事業のサービス基盤の性能改善、VDI環境の性能改善、仮想化した基幹業務システムの性能改善など、非常に多くの導入ユーザ各社が成果を上げています。そして、今回の無料版の提供と国内コミュニティへの貢献を通じて、より幅広いユーザにサーバサイドでの高速化のメリットを訴求し、コスト効果の高いストレージソリューションを提案していきます。

市場背景と「PernixData FVP」の特長

近年の調査(※)によると顧客企業の87%がストレージのパフォーマンス問題に起因するアプリケーションのレスポンスやトランザクション時のスループット不足、ストレージ自体の高額な購入コストに苦しんでいます。また、このストレージの問題がボトルネックとなって、ファイルサーバやERP/CRMなどの基幹系業務システム、OLTP/OLAPデータウェアハウスの仮想化を避けてきたと回答する一方で、64%もの顧客がサーバサイドでの高速化ソリューションにより問題を解決できることに注目しており、「PernixData FVP」の導入を検討しています。
※出典:Taneja Group storage acceleration and performance multi-client study 2015 (694 respondents) 

「PernixData FVP」は、サーバフラッシュやメモリー(RAM)を仮想化し、低遅延の高速化層を構成します。ストレージのパフォーマンスとキャパシティを分離することで、VMware環境のパフォーマンスを最大化し、ストレージのコストを最小化します。特に、「PernixData FVP」は、VMwareの公開APIを利用しハイパーバイザーに組み込まれて動作し、仮想マシンや既存のストレージへの変更や再起動は不要で、vMotionやスナップショットなどの機能をそのまま利用可能なこと、読み込み(リード)だけでなく書き込み(ライト)の両方を、耐障害性を備えて高速化可能なこと、クラスタ化したサーバ間にまたがってキャッシュを共有可能であることなどが特長です。
また、データの保管にはあらゆる共有ストレージハードウェアを利用することができるため、莫大な投資が必要なストレージ置き換えや、運用の変更を伴わずにコスト効率のよいストレージ環境を実現可能です。

「PernixData FVP」は、ライセンス単位、利用条件などの違いにより、全5つのライセンスモデルで提供しています。詳細は以下をご参照ください。

最新版「PernixData FVP 3.0」の新しい機能・特長

「vSphere 6.0」のサポート
「PernixData FVP」はvSphere環境に対応し、「PernixData FVP 3.0」では、VMware社の最新のハイパバイザーである「vSphere 6.0」環境においてもこれまでと変わらないシームレスな高速化を実現します。
新しいHTML 5ベースのユーザインターフェース
「PernixData FVP」のインターフェイスは優れた表示パフォーマンスと直感的な操作を提供してきましたが、最新版ではより良いユーザエクスペリエンスを提供するHTML 5をベースとし、モダンで高速、かつ柔軟なインターフェイスに刷新されました。
問題の発生を事前に把握可能な「PernixPlus」
最新版「PernixData FVP 3.0」では、関連する顧客のデータを収集し、環境の健全性を事前に把握する機能「PernixPlus」を備えました。これにより問題の発生以前に潜在的な問題を発見、サポートチームによる迅速な問題解決に役立てることが可能です。
「FVP Freedom エディション」について
最新版「PernixData FVP 3.0」から提供される「FVP Freedomエディション」は、読み込み(リード)の高速化、分散耐障害性メモリ(DFTM)など、「PernixData FVP」の基本となる要素を備えており、ストレージの高速化を検討しているあらゆる顧客が完全に無償で利用可能です。
「FVP Freedomエディション」はネットワールドのWebサイトからダウンロードして、既存のサーバのメモリの一部をサーバサイド高速化用途に変更するだけで、ストレージの高速化を実現します。
これにより、パフォーマンスを上げるために、ストレージ内のReadキャッシュ用ソフトウェアを購入する必要もなく、小規模なVDI環境から巨大なデータベース環境に至るまで、あらゆる環境のストレージを高速化することが可能です。

「FVP Freedom」の利用可能な機能および制限事項は以下のとおりです。

  • 1つのFVP クラスタのみ利用可能
  • DFTM(メモリ)による高速化のみ利用可能
  • DFTM-Z(メモリ圧縮)は利用できない
  • FVP Cluster 内で最大 128GBまでのメモリを高速化に利用可能
  • Write-Throughモードのみを利用可能、Write-Backモードは利用できない
  • 直近10分間のパフォーマンスデータのみを表示可能
  • FVP専用のネットワークをアサインすることはできない
  • パフォーマンスグラフ内でRead/Writeのブレイクダウン、カスタムブレイクダウンを利用できない
  • PowerShellは利用できない

「ネットワールドは、「PernixData FVP」の販売、また導入を検討されているお客様に向け、毎月Webセミナーを開催し、最新の製品情報や国内外の導入事例を紹介しています。同セミナーで実施されるデモンストレーションでは、「PernixData FVP」による高速化を実際にご覧いただけます。
Webセミナーの申し込みはネットワールドホームページから受け付けています。

無償評価版の提供と認定トレーニング

ネットワールドは、「PernixData FVP」の国内販売を希望するパートナーを対象に、「PernixData」の販売・サポートを行うための専門知識を有することを保証する技術認定プログラムとして、PernixData社認定のトレーニング「PernixPrime」を提供しています。ネットワールドは、パートナーを含めた販売・サポート体制を充実させ、企業やデータセンターの仮想化環境におけるストレージ性能を飛躍的に向上させる革新的なソリューションである「PernixData」の普及促進を一層強化します。

最新の評価版、「PernixPrime」受講の申し込みはネットワールドホームページから受け付けています。

PernixData社について

PernixData社はカリフォルニア州サンノゼに拠点を置くスタートアップ企業でOracle Exadataの共同出資者であるPoojan Kumar氏、VMwareのストレージCTOでVMwareのクラスターファイルシステム(VMFS)を開発、10年にわたってVMwareのストレージ関連のイノベーションのアーキテクトを努め、VAAI, VVOLSなどのプロジェクトを始動させたSatyam Vaghani氏によって創業されました。PernixData社は仮想データセンターのストレージの設計と運用を根本から変革することを目指しており、2012年に創業後、2013年の8月6日に旗艦プロダクトであるFVPを市場に投入しています。

株式会社ネットワールドについて

株式会社ネットワールドは、ITインフラストラクチャのソリューション ディストリビューターとして、クラウド コンピューティング時代の企業IT基盤を変革する技術製品と関連サービスを提供しています。サーバー、ストレージやネットワーク、そしてアプリケーションやデスクトップの仮想化に早期から取り組み、次世代のITインフラストラクチャのあるべき姿をリードしています。

報道関係者お問い合わせ先

株式会社ネットワールド
マーケティング本部MARCOMグループ
お問い合わせフォーム

製品ならびにご購入に関するお問い合わせ先

株式会社ネットワールド
マーケティング統括部 コンバージドインフラソリューション課
PernixData製品 お問い合わせフォーム

PAGE TOP