株式会社ネットワールド

ITインフラのソリューション・ディストリビューターである株式会社ネットワールド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 森田 晶一)は、パブリック・クラウド・サービス「NETWORLD CLOUD」を本日10月23日より販売開始します。
ネットワールドは、今年2月からニフティ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 三竹 兼司)と戦略的なパートナーシップを締結して、そのパブリック・クラウドである「ニフティクラウド」のサービスを販売していますが、今回の「NETWORLD CLOUD」は、VMware社技術を基盤とする「ニフティクラウド」のOEM供給を受け、DR(災害対策)を強化したり、迅速に仮想ネット機器を配備する(予定)など、独自のサービス・メニューを追加して提供するものです。

また、ネットワールドは、自社基幹システムのDRサイトとして「NETWORLD CLOUD」を利用し、その経済性や利便性の実証実験に成功しました。従来、西日本の支店に本番環境を縮小したバックアップ・システムを構築し事業継続に備えていましたが、新たに「NETWORLD CLOUD」の利用によって、そのコスト比較や多目的での利用など、様々な観点で評価をまとめています。今後は、こうした経験を積みながら獲得したノウハウとともに、お客様へのハイブリッド・クラウドの提案に活かしていきます。
ネットワールドは、企業の理想的なインフラはハイブリッド・クラウドであると考えており、自社システムのDR運用で経験を積んでいくことで、Value Added Clouds Distributorとして、自社クラウドを持たない顧客やパートナーを積極的に支援し、企業の最善のITインフラ構築に貢献します。

独自サービス・メニューを追加しDR対策を強化

「NETWORLD CLOUD DRサービス」は、ニフティ社からOEM供給を受ける「VMware vCloud® AirTM Technology」をベースとしています。VMware社のコンパクトで優れた技術である「vSphere Replication」によって、基幹システムのデータベースも含めた差分データを、NETWORLD CLOUD上にありながら稼働させていないバックアップ仮想サーバにコピーしておくことで、万一の災害発生時に、クラウド側の仮想サーバ群を立ち上げることで迅速なシステム継続(Warm DR)が可能になります。
加えて、ネットワールドでは、本番業務システムのデータベースが、そのDB管理サーバは仮想化されながらも、データ自体は仮想マシン内(VMDK)に取り込まずストレージを直接使っているユーザ向けには、当社が取り扱うActifio社のバーチャルアプライアンス「Actifio Sky」を利用して、データベースをNETWORLD CLOUDへバックアップし、それをデータベース仮想サーバと迅速に連結させるサービスの実証実験にも成功しており、異なるDB利用方式のユーザへのサービス・メニューとして提供します。
また、本格的な常時ミラーリング型のDR(Hot DR)やHAの要望には、ニフティクラウド内のNetAppストレージへバックアップを行う「DRサービス for NetApp」の提案と支援サービスも提供していきます。

プリペイド販売

「NETWORLD CLOUD」は、ネットワールドの販売パートナー各社による再販を可能にし、プリペイド方式でも販売します。プリペイド方式により、企業ユーザは予算を確保しやすい上、予定していた利用料金を超える心配がなくなり、販売パートナーは請求金額が事前にわかるため、再販しやすくなります。

無料トライアル・キャンペーン

「NETWORLD CLOUD」の使用感やパフォーマンスを体感いただくために、「NETWORLD CLOUD」のDRサービス「NETWORLD CLOUD DRサービス」を2ヶ月間、無料で試用できるトライアル・キャンペーンを実施します。対象となるDRサービスは、「VMware vCloud® AirTM Technology」によるDRサービス(「ニフティクラウド DRサービス with VMware vCloud® AirTM Technology」のOEM版)です。このキャンペーンは、2015年10月以降にVMware製品(VMware Workstation/Fusionなどのコンシューマーデスクトップ製品を除く)をネットワールド経由で新規購入されたユーザの皆様を対象とします。
その際に、コンサルティングが必要なお客様には、有償サービスとしてご提供いたします。
※詳細は下記までお問い合わせください。
◇株式会社ネットワールド
マーケティング本部 マーケティング統括部 コンバージドインフラソリューション課
E-mail:vmware-info@networld.co.jp

自社基幹システムでの実証

ネットワールドは、これまで西日本の支店に本番環境を縮小したバックアップ・システムを構築し事業継続に備えていましたが、今回の「NETWORLD CLOUD」の利用によって、その経済性だけでなく、災害時以外の計画停止時の活用など、様々なメリットが得られることが確認できました。今後は、2015年末までにこのDRの本格移行を済ませ、それを通じて蓄積したノウハウとともに、お客様へのハイブリッド・クラウドの提案に活かしていきます。企業における実システムのサーバやデータを、クラウド上のDRサイトで、かつ大半のサーバを立ち上げない状態で管理できることが、パブリック・クラウド活用に踏み切る最も大きなモチベーションになると確信しています。
当社の支店における従来のDRと、「NETWORLD CLOUD DRサービス」を利用した現在のDRの費用比較は以下のとおりです。

自社基幹システムのDR運用費の比較(当社計算による)

 支店におけるDR「NETWORLD CLOUD DRサービス」を
利用したDR
初期設備投資費用 ¥9,000,000 ¥0
運用費(年額) ¥1,000,000 ¥1,200,000

支店でのオンプレミスのDRと比較して、クラウド環境を利用したDRは、当然ながら機材等の「初期設備投資費用」が必要ないため、初年度の総費用は1/5以下に大幅削減することができます。なお、DBバックアップにActifio製品を使う場合は、そのライセンス費とクラウド費で年間360万円(※)の追加費用となります。
また、今回の構築に要した工数は約3週間で、自社システムで試行錯誤したノウハウを基に、「NETWORLD CLOUD DRサービス」を利用されるお客様向けに「Warm DR環境の構築サービス(150万円 / 税別~)」もご提供します。

(※内訳:Actifioの5年間契約ライセンス保守込み費用 1,200万円、NETWORLD CLOUD環境 月額費用10万円より、年額を算出)

今回の発表に際し、ニフティ株式会社からエンドースをいただいております。

ニフティ株式会社 執行役員/CIO 兼 クラウド事業部 事業部長 上野 貴也 氏

この度、株式会社ネットワールド様が「NETWORLD CLOUD」を開始されることを心より歓迎いたします。クラウドコンピューティングは普及期を迎え、市場はより多くのチャネルやソリューションを求めています。先進的なITソリューションを数多くディストリビュートされてきたネットワールド様ならではの視点で選別された強力なソリューション群が、「NETWORLD CLOUD」上で高い親和性をもって動作し、ネットワールド様の販売網を通じて迅速に市場に提供されることでしょう。
「NETWORLD CLOUD」がクラウド利活用の幅を広げ、より多くのお客様へ高い価値を提供し得るものと確信しております。

株式会社ネットワールドについて

株式会社ネットワールドは、ITインフラストラクチャのソリューション ディストリビューターとして、クラウド コンピューティング時代の企業IT基盤を変革する技術製品と関連サービスを提供しています。サーバー、ストレージやネットワーク、そしてアプリケーションやデスクトップの仮想化に早期から取り組み、次世代のITインフラストラクチャのあるべき姿をリードしています。

報道関係者お問い合わせ先

株式会社ネットワールド
マーケティング本部MARCOMグループ
お問い合わせフォーム

製品ならびにご購入に関するお問い合わせ先

株式会社ネットワールド
マーケティング本部 MD部 MD課
NETWORLD CLOUD お問い合わせフォーム

PAGE TOP