Press release

Home > Press release

2012年4月3日

株式会社ネットワールド

ネットワールド、複合システム検証センター「GARAGE」を開設
最新のサーバ、ストレージ、ネットワーク、仮想化環境を、全10ラックに常設
FlexPod、vExpressほか多種多様なシステムの検証が可能
プロジェクト導入期間を短縮し、さまざまなビジネスニーズに対応

ITインフラのソリューション・ディストリビュータである株式会社ネットワールド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 森田 晶一)は、複合システム検証センター「GARAGE(ガレージ)」を、本社内に開設しました。「GARAGE」は、合計10ラックに、仮想化システムの代表的なリファレンス・アーキテクチャである「FlexPod」と「vExpress」、ならびに各種仮想化ソフトウェアなど、最新のソリューション環境を常設しています。
同社のパートナ各社に対して無償で「マルチベンダーソリューション検証LABサービス」を提供し、データセンタ構築プロジェクトの期間を大幅な短縮を可能にします。
今後、「GARAGE」を利用した「クラウドハンズオントレーニング」、「ソリューションデモ体感サービス」などのメニューを充実させる計画で、パートナ各社がエンドユーザの多様なニーズに的確かつ迅速に応えられるよう、VAD(Value Added Distributor)として提供する付加価値をさらに高めていきます。

企業のデータセンタにおいては、導入・運用コストを含めたTCO(総所有コスト)削減、柔軟性や機動性の向上などさまざまな理由から、仮想化テクノロジの導入は必要不可欠なものとなっています。しかしながら、実際の導入に当たっては、サーバ、ストレージ、ネットワーク、仮想化ソフトウェアの組み合わせを考え、構成機器をそろえて正しく動作するかどうかを検証するなどの時間がかかります。
そこで、関連ベンダは、必要なシステムを組み合わせてリファレンス・アーキテクチャ化した検証済みパッケージによりこの問題を解決しようとしており、EMC、Cisco、VMwareの3社は、EMCのストレージ、Ciscoのサーバとネットワーク、VMwareの仮想化ソフトウェアを組み合わせた「vExpressイニシアチブ リファレンス・アーキテクチャ(以下 vExpress)」を、また、NetApp、Ciscoは、「FlexPod データセンター・ソリューション(以下 FlexPod)」を、VMware、Citrix XenDesktop、Microsoft SharePoint 2010などの基盤として提供しています。

ネットワールドの複合システム検証センター「GARAGE」は、ベンダ各社の協力により、サーバ、ストレージ、ネットワークなど「FlexPod」と「vExpress」を構成する最新機器を完備していることから、すぐに検証を始めることができ、リファレンス・アーキテクチャによる導入期間の短縮をさらに促進します。
ネットワールドでは、「GARAGE」を利用することで、通常のプロジェクト期間の約1/3、通常の「FlexPod」と「vExpress 」を導入するプロジェクト期間の約1/2の期間に短縮できると試算しており、パートナ各社のビジネス効率を高めると同時に、お客様により迅速かつ高度なサービスが提供できると考えています。
さらに、「GARAGE」では、多種多様なアプリケーションを含めた柔軟な検証環境の提供とお客様からのシステム検証のご要望を取り入れ順次拡大していく予定です。

■「GARAGE」について

所在地 ネットワールド本社内  (東京都千代田区神田神保町)
企画・運営 ネットワールド SI技術本部、マーケティング本部
協 力 EMCジャパン、ネットアップ、シスコシステムズ、日本マイクロソフト、ヴイエムウェア、シュナイダーエレクトリック、シトリックス・システムズ・ジャパン ほか (順不同)
対 象 ネットワールドのパートナ各社
サービス開始 2012年4月3日
サービス内容 マルチベンダーソリューション検証LABサービス
(占有型、共有型のいずれかで、GARAGEのリソースを利用することができます)
今後予定している
サービス
・クラウドハンズオントレーニングサービス
・ソリューションデモ体感サービス

■「GARAGE」の主な設備

フルラック10本に、以下の環境を備えています。

1.FlexPodゾーン
サーバ:Cisco UCS (Unified Computing System)
ネットワークスイッチ:Cisco Nexus
ストレージ:NetApp FASシリーズ
仮想化ソフトウェア: Citrix Xen (Server / Desktop) 、Microsoft Hyper-V、VMware vSphere
2.vExpressゾーン
サーバ:Cisco UCS (Unified Computing System)
ネットワークスイッチ:Cisco Nexus
ストレージ:EMC VNXシリーズ
仮想化ソフトウェア:VMware vSphere
ラック利用スペース
お客様の機材を持ち込んで、スペース、電源、ネットワークをご利用いただけます。
仮想マシン利用ゾーン
下記仮想化ソフトウェアを仮想マシン単位でご利用いただけます。
仮想化ソフトウェア: Citrix Xen (Server / Desktop) 、Microsoft Hyper-V、VMware vSphere

■「GARAGE」の意味

アップルコンピュータ社やマイクロソフト社など世界トップ企業が「ガレージ」からスタートしたことにあやかり、ネットワールドがパートナ各社とともに羽ばたく時代「General Availability Realization AGE」から、頭文字をとって命名しました。

■「GARAGE」によるプロジェクト期間短縮イメージ

システム構成図

画像をクリックすると拡大します

■「GARAGE」写真

システム構成図

■株式会社ネットワールドについて

株式会社ネットワールドは、ITインフラストラクチャのソリューション ディストリビューターとして、クラウド コンピューティング時代の企業IT基盤を変革する技術製品と関連サービスを提供しています。サーバー、ストレージやネットワーク、そしてアプリケーションやデスクトップの仮想化に早期から取り組み、次世代のITインフラストラクチャのあるべき姿をリードしています。

http://www.networld.co.jp/

■ 報道関係者お問い合わせ先

株式会社ネットワールド
マーケティング本部MARCOMグループ

※記載されているロゴ、会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
※プレスリリースに掲載されている情報は発表日現在の情報です。発表後予告なしに変更されることがございますのであらかじめご了承ください。

2012プレスリリースのインデックスへ戻る

page up