Press release

Home > Press release

2011年12月8日

株式会社ネットワールド

ネットワールドとハンドリームネット、標的型攻撃に対して
アクセスネットワークのセキュリティ対策を提唱

ウイルスがLAN内に入り込むことを前提に、ゼロデイ攻撃や情報漏えいを防ぐため
新世代セキュリティスイッチ「SGシリーズ」の販売を強化

韓国ハンドリームネット(Handreamnet Co.,Ltd. 本社:ソウル市)の日本法人であるハンドリームネット株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 朴明浩)は、国内総代理店である株式会社ネットワールド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 森田 晶一)とともに、標的型攻撃をはじめとするサイバー攻撃にどう対策するかという課題に対して、従来の総合セキュリティ対策において欠落していた「アクセスネットワーク」のセキュリティ対策の重要性を呼びかけ、被害を最小限にとどめることができるセキュリティLANスイッチ「SGシリーズ」の販売を強化します。
その一環として、お客様のLAN環境にテスト導入し、対策の効果を評価し、導入・運用のし易さを実感していただくために、無料貸し出し機の提供を積極的に行います。

ファイアウォール、IDS、IPS、UTM、アクセス制限、スパムメール対策、文書セキュリティなど、多くの企業が多額の投資をしてセキュリティ対策を実施しているにもかかわらず、世界各地でサイバー攻撃は多発しており、日本でも深刻な事件が発生しています。そして、アンチウイルス、検疫システム、デバイス制御、ログ管理、資産管理ソフト、暗号化ソフトなど、数多くの対策を行っているはずのクライアントが、セキュリティ関連事故の発端となり、非常に短時間で被害が拡大している場合が多いのです。
その背景には、ゼロデイ攻撃の増加や、攻撃手法が巧妙になっていることなどからウイルス(マルウエア)やワームによる感染を100%防ぐのが難しい状況があり、さらに、セキュリティ対策が確立されていないスマートフォンなどの新しいデバイスの普及が事態をさらに深刻にしています。

これに対して、ハンドリームネットとネットワールドは、クライアントがウイルスやワームに感染し、LAN内に入り込むことを前提として、その活動を最小限に抑えるための対策を重視し、総合セキュリティが重視される中で、従来は見落とされてきたクライアントを直接接続(アクセス)するアクセスネットワークのセキュリティ対策の強化を推進するために、セキュリティLANスイッチ「SGシリーズ」の普及に努めます。

「SGシリーズ」は、クライアントが直接接続されるL2(レイヤー2)スイッチに、ハンドリームネットが独自開発したASIC のセキュリティチップを搭載しており、ウイルスの感染活動に特徴的な通信の振る舞いを瞬時に検知し、疑わしいクライアントを自動的に遮断するので、LAN内のウイルス拡散、必要のない有害トラフィック、感染したクライアント経由での情報漏えい対策ができます。
アンチウイルスでも止められない情報漏洩の前兆であるスキャニング、情報取得や盗聴によく使われるARPスプーフィングなどを遮断でき、また、検知テクノロジーはシグネチャやパターンファイルに依存しないため、ゼロデイ攻撃でも感染の拡大を抑制することが可能です。

また、通常のLANスイッチと同様に簡単に導入でき、「自動検知+自動分析+自動遮断+自動解除」で、面倒な設定や運用管理も不要です。さらに有効なのは、付属の管理ツール「Visual Node Manager」により、例えばどの端末からスキャンしているか、DOSやDDoS攻撃がされているかなど、どこで何が起こっているかをリアルタイムに発見し把握できる点です。もちろん、管理者への通知も可能です。

■「SGシリーズ」によるアクセスネットワークにセキュリティ対策のイメージ

クライアントPCにアンチウイルスソフトや検疫システム、資産管理システムによるIPアドレス/MACアドレス管理を施しても、何らかの理由で1台のクライアントPCがウイルス感染してしまうと、短時間でLAN内の他の全てのPCへウイルスを拡散してしまいます。

アクセスネットワークにセキュリティ対策をしていれば、1台のクライアントPCがウイルス感染しても、LAN内に拡散するのを防ぐことができます。

■「SGシリーズ」の機能・特徴

  • Behavior(振る舞い検知)方式の採用によりウイルスパターンファイルの更新不要
  • 特許技術MDSセキュリティエンジン搭載で、ゼロデイ攻撃にも対応可能
  • ARPスプーフィングを用いた内部ハッキング攻撃を排除し、機密情報、個人情報の漏えいを防ぎます
  • IP電話やユニファイドコミュニケーション環境における盗聴を自動検知・自動遮断
  • ネットワークエッジでDoS/DDoS攻撃などの各種有害トラフィックを検知・遮断
  • 高度なセキュリティ機能を実現しながら、Full Wire Speedでの転送を保証
  • Self Loop Detect機能のサポートで、ネットワークトラブル対策にも利用可能

『サイバー攻撃に対する考察と対策』 詳細資料(PPT)のご提供(無料)
以下よりお申し込み下さい。資料をダウンロード頂けます。

 『サイバー攻撃に対する考察と対策』 詳細資料お申し込み

■「SGシリーズ」の販売に関して

販売製品

  • 「SG2008G」 ・・・ギガビットEthernet(8ポート)対応モデル
  • 「SG2024」 ・・・Fast Ethernet(24ポート)、ギガビットEthernet(2ポート)対応モデル
  • 「SG2024G」 ・・・ギガビットEthernet(24ポート)対応モデル
  • 「SG2024PoE」 ・・・VoIP/ 無線アクセスポイント対応モデル
  • 「SG2048G」 ・・・ギガビットEthernet(48ポート)対応モデル
  • その他「SG2008G-PoE」、「SG2024G-PoE」、「SG2048G-PoE」

販売経路

ネットワールド、および同社販売パートナー経由

参考定価 (消費税別)

「SGシリーズ」
  • 「SG2008G」 ・・・159,000円
  • 「SG2024」 ・・・284,000円
  • 「SG2024PoE」 ・・・398,000円
  • 「SG2024G」 ・・・480,000円
  • 「SG2048G」 ・・・665,000円

■Handreamnetについて

ハンドリームネットはネットワークセキュリティの専門メーカーです。高度な技術力で世界初のL2セキュリティスイッチを開発し、安心、安全なLAN環境の構築を実現しました。高い顧客満足度でL2セキュリティスイッチ世界シェアNo.1を誇るSGシリーズ、接続端末管理ソリューションのVisual IP Manager、Subgate UTMシリーズでネットワークのトータルセキュリティを実現します。

http://www.handream.net/jpn/

■株式会社ネットワールドについて

株式会社ネットワールドは、ITインフラストラクチャのソリューション ディストリビューターとして、クラウド コンピューティング時代の企業IT基盤を変革する技術製品と関連サービスを提供しています。サーバー、ストレージやネットワーク、そしてアプリケーションやデスクトップの仮想化に早期から取り組み、次世代のITインフラストラクチャのあるべき姿をリードしています。

http://www.networld.co.jp/

『サイバー攻撃に対する考察と対策』 詳細資料(PPT)のご提供(無料)
以下よりお申し込み下さい。資料をダウンロード頂けます。

 『サイバー攻撃に対する考察と対策』 詳細資料お申し込み

株式会社ネットワールド

■ 報道関係者お問い合わせ先

株式会社ネットワールド
マーケティング本部MARCOMグループ

■ 製品ならびにご購入に関するお問い合わせ先

株式会社ネットワールド

ハンドリームネット株式会社

ハンドリームネット株式会社
営業 小野山 (おのやま)
TEL: 03-3527-9417 FAX:03-3527-9418 E-mail:sales.jp@handream.net

※記載されているロゴ、会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
※プレスリリースに掲載されている情報は発表日現在の情報です。発表後予告なしに変更されることがございますのであらかじめご了承ください。

2011プレスリリースのインデックスへ戻る

page up