Press release

Home > Press release

2011年9月1日

株式会社ネットワールド

ナラサキ産業が、社内ネットワークインフラ刷新で
ハンドリームネットのL2セキュリティスイッチ「SGシリーズ」を採用

ネットワーク専門家不要で、ループ障害やセキュリティ被害を防止
ビジュアルな管理ツールで、遠隔地も一括して問題箇所を瞬時に特定

ITインフラのソリューション・ディストリビュータである株式会社ネットワールド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 森田 晶一)は、電機・建築設備の販売・施工やエネルギー事業などを手がけるナラサキ産業株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役社長 石川 孝)が、ネットワールドが国内総代理店である韓国ハンドリームネット(Handreamnet Co.,Ltd.)のL2セキュリティスイッチ「SGシリーズ」を導入して社内ネットワークを再構築し、本格稼働開始したことを発表します。
「SGシリーズ」は、特許技術によりLAN内のトラフィック分布やパケット情報を分析して有害トラフィックを検知し、その発生源であるウィルス/ワームに感染したPCをネットワークから自動的に遮断し、脅威の繁殖やDDoS攻撃、盗聴などを阻止する新しいコンセプトのL2スイッチです。
標準バンドルの管理ツールにより、遠隔拠点のスイッチも含めて、ループ障害の発生やクライアントの疑わしい振る舞いなどを一元的にリアルタイムに把握できるようになり、問題が発生した場合の対処作業の負荷が大幅に軽減されました。また、「SGシリーズ」の導入により、図面の保存もなく構成が不明だった支店のネットワークを可視化することにより、管理が容易になりました。
導入・サポートは、ネットワールドのパートナーである株式会社日立情報システムズ(本社:東京都品川区)が担当しました。

■ 導入の背景

創業110余年のナラサキ産業は、電機・建築設備、FA、高機能材料、産業機械・農業施設、建設機械・資材など幅広い領域で事業を展開し、太陽光発電システムなどの環境関連事業も強化しています。業態が異なる各事業部門の業務システムは、それぞれ固有の要件を満たし効率化や生産性向上を最大限に追求していますが、全社的には、安定性とセキュリティの確保を重視しています。中でも、全社業務を支えるネットワークは安定性の向上が重要ですが、年度末の人事異動時期などに発生するネットワークのループ障害により、業務に支障をきたすことがあり、ループ検知・遮断機能を持つスイッチの導入などを検討していました。また、DoSやARPスプーフィングなどへの対策の重要性から、これらの課題を同時に解決するソリューションとして「SGシリーズ」に注目し、昨年10月にネットワールドが「SGシリーズ」の取扱いを開始後すぐに試験導入しました。
その結果、既存のスイッチと置き換えるだけで簡単に導入でき、ネットワークの専門家が不在でも、複雑な設定不要で、グラフィカルな管理画面で課題だったループ箇所の瞬時特定が可能になり、高度なセキュリティ機能も併せて利用できる事が評価され、本格導入に至りました。

■「SGシリーズ」導入の成果

「SGシリーズ」は運用管理ツール「Visual Node Manager(VNM)」が標準バンドルされており、どのポートにどの端末がつながっているかを簡単に確認でき、有害なトラフィックを検知・遮断可能です。以前は、問題のありそうなスイッチのポートを手作業で1つずつチェックしていましたが、「VNM」の画面で問題箇所を特定して対処できるため、作業負荷が大幅に軽減されました。ループの影響も各フロアの「島」レベルに抑えられるため、広範囲にわたって業務が止まる心配もなくなりました。
また、来客時に持ち込みPCを会議室で接続するなど、通常と違う動きがあった時に、それらを管理者側でリアルタイムに把握でき、ウィルスなどによりクライアントに疑わしい振る舞いがあった時にも、すぐに検知・遮断する体制が整いました。

ナラサキ産業は、現在、東京本社を中心に北海道本社・支店にも、冗長化電源を搭載した48ポートモデル「SG2048G/2」を1台、24ポートモデルの「SG2024G」を4台、8ポートモデルの「SG2008G」を1台導入していますが、「VNM」により、すべてのSGシリーズの情報を、東京本社で一括管理しています。
北海道の支店は、床下の配管にLANケーブルが通っているうえに、ネットワーク図面が保存されておらず、構成が不明でしたが、「SGシリーズ」を導入したことにより、どのポートにどのIPアドレスのマシンがつながっているかを可視化することができました。

ナラサキ産業では、今後、他の拠点に対してもSGシリーズを展開し、全社ネットワークの可視化をさらに進めていく計画です。また、シンクライアントの導入など、ITインフラの整備・高度化のために様々な取り組みを進めていく予定であり、幅広いソリューションを持つネットワールドの提案に期待が寄せられています。

■導入構成イメージ

導入構成イメージ

■ナラサキ産業株式会社について

創 業 : 1902年3月
本 店 : 北海道札幌市中央区北1条西7-1
東京本社 : 東京都中央区日本橋茅場町1-1-3
事業概要 : 創業110年を誇る総合流通企業。東証二部上場。電気設備、建築設備、FA・高機能材料、産業機械・農業施設、建設機械、建設資材、エネルギーなど、幅広い領域にわたる事業を展開。また近年では、太陽光発電システムなどの新事業も積極的に推進している。
U R L : http://www.narasaki.co.jp/

■株式会社日立情報システムズ について

本 社 : 東京都品川区大崎1-2-1
設 立 : 1959年6月15日
事業内容 : アウトソーシングサービスやネットワークサービスなどの「システム運用事業」、システムインテグレーション、ソフトウェア開発などの「システム構築事業」、そしてそれらの事業にかかわる「機器・サプライ品販売事業」を通じて、事業戦略から顧客サービスの現場までをシームレスに貫く、お客様にとって最適なITサービスをご提供しています。
U R L : http://www.hitachijoho.com/

■株式会社ネットワールドについて

株式会社ネットワールドは、ITインフラストラクチャのソリューション ディストリビューターとして、クラウド コンピューティング時代の企業IT基盤を変革する技術製品と関連サービスを提供しています。サーバー、ストレージやネットワーク、そしてアプリケーションやデスクトップの仮想化に早期から取り組み、次世代のITインフラストラクチャのあるべき姿をリードしています。

http://www.networld.co.jp/

■ 報道関係者お問い合わせ先

株式会社ネットワールド
マーケティング本部MARCOMグループ

■ 製品ならびにご購入に関するお問い合わせ先

株式会社ネットワールド

※記載されているロゴ、会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
※プレスリリースに掲載されている情報は発表日現在の情報です。発表後予告なしに変更されることがございますのであらかじめご了承ください。

2011プレスリリースのインデックスへ戻る

page up