Networld LOGO
   Google
ホーム 製品 ソリューション 教育(トレーニング) サービス/サポート イベント・セミナー 会社情報
News

Home > Press release

2010年 12月 1日

株式会社ネットワールド

VMware社認定の仮想共有ストレージ
「StorMagic SvSAN v.4.4」をネットワールドが販売開始

外部共有ストレージを使わず、ESXサーバ内蔵のディスクを利用した
仮想共有プールを構築し、VMware HAやvMotionなどの
ミッションクリティカルな機能をシンプルな管理画面から実現

ITインフラのソリューション・ディストリビュータである株式会社ネットワールド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 森田 晶一、以下 ネットワールド)は、英StorMagic社と代理店契約を締結し、同社の仮想ストレージソフトウェアの最新版「StorMagic SvSAN v.4.4」が、SVA(Storage Virtual Appliance、仮想ストレージアプライアンス)としてVMware社の最新のテストスペックに基づいて技術認定されたのを受け、国内市場において本格的な販売を開始することを発表いたします。

「StorMagic SvSAN」は、VMware vSphereサーバ上のローカルディスクの空き領域を、iSCSIの共有ストレージ領域として利用することを可能にするバーチャルアプライアンスのため、導入し易く、高価で複雑な外付けのSAN/NASストレージを導入せずに、共有データストアを安価に構築できます。また、データ領域の管理はvCenterのプラグインモジュールとして同一管理コンソールから使いやすいインターフェースで行えるので、ストレージの専門知識を持つ管理者が不在でも運用可能です。

さらに、2台のサーバ上に作成したデータストアを同期し、筐体間でミラーリングを構成することにより、共有ストレージが必須となるVMware HAやVMware vMotionなども利用できます。VMware vSphere 4.1からは、エントリーライセンスにおいてもこれらの高度な機能が標準搭載されることから、ネットワールドでは、「StorMagic SvSAN」とVMware vSphereを組み合わせた、低価格でSPOF(Single Point of Failure)のない高可用性を備えた仮想環境を中小規模企業に積極的に拡販していきます。
さらに、筐体間ミラーリングは、筐体自体の障害発生時にもデータの冗長性を確保します。

「StorMagic SvSAN」の推奨構成は、2台のVMware vSphereサーバと1台のvCenterサーバとなっており、小〜中規模環境やスタートアップ環境、バックアップシステムなどに最も適した製品になります。

これまでも国内外で安定した稼働実績を持つ「StorMagic SvSAN」ですが、厳しい審査が行われるVMware社の認定プログラムに新バージョンの「StorMagic SvSAN v.4.4」がクリアしたことで、その堅牢性がさらに確認され、安心してお使いいただける簡易な仮想ストレージソリューションであることが、名実共に証明されました。



「StorMagic SvSAN」のSVA認定及びネットワールドからの販売に関して、ヴイエムウェア株式会社様よりエンドースメントをいただいております。


ヴイエムウェア株式会社  代表取締役社長 三木泰雄 様

ヴイエムウェア株式会社は、この度の株式会社ネットワールド(以下、ネットワールド)による英StorMagic社の「StorMagic SvSAN」の国内販売開始を歓迎いたします。
今回の「StorMagic SvSAN」がVMwareの技術認定を得たことで、顧客は安心して低価格なストレージを仮想化環境に利用できることに加え、これまで主に大手企業で利用されてきた「VMware vSphere」が提供する高可用性機能を、手軽に導入することが可能になります。 国内で多数のVMwareソリューションの販売実績・導入事例を有するネットワールド様の販売開始により、中堅・中小企業へのVMware仮想化ソリューションの利用が、より一層加速するものと確信しております。

■ バーチャルアプライアンス「StorMagic SvSAN」の機能・特徴

  1. 外部ストレージ不要で低コスト
    ・IAサーバの安価なHDD/SSDを利用可能
    ・ローカルストレージでiSCSIのデータストアを構築
  2. 導入・管理運用が簡単
    ・バーチャルアプライアンスなので導入が容易
    ・vCenterプラグインで一元管理
    ・ストレージの専門知識不要
  3. 高可用性
    ・VMware vMotionとVMware HAを実行可能(アプリ/データストア)
    ・HA機能を搭載し、同期ミラーリングによる耐障害性を確保

■ 「StorMagic SvSAN v.4.4」のシステム要件

動作環境

VMware vSphere 4.1をサポート
2GHz以上の仮想CPU
1GB以上のメモリ
ギガビット・イーサネット
500MBのディスク空き容量 (HA使用時は20GBのディスク空き容量が追加で必要)
別途データストア用の領域が必要

対応iSCSI 標準iSCSI、RFC3720準拠
RAID VMwareがサポートする全てのRAID
ストレージ容量 下記ライセンスの容量まで

■ 「StorMagic SvSAN v.4.4」の価格と販売時期など

◇販売開始:2010年12月1日  ◇出荷開始:2010年12月1日
◇販売経路: ネットワールド、および同社販売パートナー経由
◇販売価格(参考定価/税別) ※2011年3月31日までのキャンペーン価格となります。

StorMagic SvSAN v.4.4の価格

・上記価格はSvSAN2ノードのライセンス、サポートを含みます。
・容量はデータストアとしての実行容量でライセンスが発生します。

(例: SvSAN ボリューム2TB×2台でミラーの場合は、実効容量2TBになるため2TBのライセンス)
・1OSあたり100GBのサーバを20台集約した場合にかかるSvSANのライセンス費用は、1ゲストOSあたり12,490円となります。

ネットワールドでは、VMware認定サーバへのプリインストールモデルなども随時準備していく予定です。

■ ストレージバーチャルアプライアンス「SvSAN」HA構成の導入イメージ

ストレージバーチャルアプライアンス「SvSAN」HA構成の導入イメージ

■ StorMagicについて

StorMagic社は、仮想サーバ環境用のデータストレージをシンプルに、自動化するコスト効率の高いストレージ管理ソフトウェアソリューションを提供し急成長しています。
Adaptec社、Xiotech社、Eurologic社などにおいてストレージ経験が豊富な技術者が創業し、データ管理と統合のための優れた機能を持つ使いやすく信頼性の高いソフトウェアを提供し、ユーザ企業のミッションクリティカルなデータの保護・管理を支援しています。2006年設立、英国 ブリストルならびに米国ミネソタ州にオフィスがあります。


http://www.stormagic.com/

■ 株式会社ネットワールドについて

株式会社ネットワールドは、ITインフラストラクチャのソリューション・ディストリビュータとして、クラウド・コンピューティング時代の企業IT基盤を変革する技術製品と関連サービスを提供しています。サーバ、ストレージやネットワーク、そしてアプリケーションやデスクトップの仮想化に早期から取り組み、次世代のITインフラストラクチャのあるべき姿をリードしています。
http://www.networld.co.jp/

■ 報道関係者お問い合わせ先

株式会社ネットワールド
マーケティング本部MARCOMグループ
E-mail:お問い合わせメールフォーム

■ 製品ならびにご購入に関するお問い合わせ先

株式会社ネットワールド
マーケティング本部 ビジネスプロモーション部 ビジネス開発グループ
E-mail:お問い合わせメールフォーム


※システム構成図、画面データを以下からダウンロードしてお使いください
http://www.networld.co.jp/stormagic/press/

※記載されているロゴ、会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
※プレスリリースに掲載されている情報は発表日現在の情報です。発表後予告なしに変更されることがございますのであらかじめご了承ください。

 「StorMagic」製品についての詳細はこちら

 2010プレスリリースのインデックスへ戻る

page up  

プライバシー・ポリシー お問い合わせ サイトマップ