Networld LOGO
   Google
ホーム 製品 ソリューション 教育(トレーニング) サービス/サポート イベント・セミナー 会社情報
News
Home > Press release

2008年3月26日

株式会社ネットワールド
アイベクス株式会社

ネットワールドとアイベクス、独自のログ生成技術により
従来のイベントログ方式では不可能だった正確なサーバ操作記録を実現する
サーバ用ログソフト「IVEX Meta Logger for Server」を販売開始

〜 OSレベルに踏込んだ独自のログ生成技術により、
サーバ向けで唯一正確な操作情報記録を実現 〜

ITインフラのソリューション・ディストリビュータである株式会社ネットワールド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:塩田侯造)と、セキュア・シンクライアントソリューションを展開するアイベクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:今泉清水、以下アイベクス)は、独自のログ生成技術により、従来のイベントログ方式では不可能だった正確なサーバコンソール操作情報の記録を可能にするサーバ向け新製品「IVEX Meta Logger for Server(アイベクス・メタ・ロガー・フォー・サーバ:以下、IML for Server)」の販売を3月26日より開始します。

ファイルサーバなどのOSとして使用されているWindows Server は、クライアントPC用のOSとは異なり、同時に複数ユーザがOSを利用する設計で開発されている事や、リモート経由でメンテナンスされる事が一般的なため、Windows XP や Vista向けに提供されている操作ログ取得ソフトウェアを利用することができません。そのため、サーバ上の操作記録では、OS標準機能であるイベントログを利用するより他に方法がありませんでした。

イベントログ方式は、サーバ管理者が監視対象を指定するという簡単な操作だけで手軽に利用できる反面、「不正操作を行なう前に設定を変えてしまえば、操作履歴がログに残らない」という点や、「ログ出力の対象となるアプリケーションが限定され、ブラウザや、メールソフト、コマンドプロンプトなどの履歴が残せない」、「外部記憶装置へのファイルコピー操作が記録できない」など、いくつもの問題を抱えています。

アイベクスは、これらイベントログ方式が持つ課題に対して、既にSBC(Server-Based Computing)分野で、トップクラスの出荷実績を持つログソフトウェア「IVEX Meta Logger for SBC」のログ生成技術(メタログ方式 *1)を応用することで、サーバ上の不正操作追跡に必要な操作情報記録を実現するIML for Server を開発しました。

アイベクスは、IML for Serverを自社ウェブサイトならびに、販売代理店のネットワールドを通じて、自社サーバを持つ企業、Windows Serverを搭載したソリューションを販売するIT企業向けに販売し、2年間で売上1億円を見込んでいます。

●IVEX Meta Logger for Server ( IML for Server ) について

IML for Server は、アイベクスが開発したサーバ用ログソフト製品です。操作情報を記録したいサーバへインストールするエージェントソフトと、ログを保存するログ・データベースから構成されています。ログ方式には、アイベクス独自の「メタログ方式(*1)」を採用しているため、イベントログだけでは実現不可能だったサーバ環境下での確実な不正操作追跡を可能にしました。

*1 メタログ方式 :アイベクスの提唱するMicrosoft社Active Directoryに完全準拠したOSユーザ主体のログ方式。ログ情報の主体を端末ではなく、OSログインユーザとすることで、1台の端末を複数ユーザが同時使用できるサーバOS上でも、操作ユーザの追跡を可能にしました。

主な特長

  1. メタログ方式によるリアルタイム操作情報記録
    IML for Server は、ログ記録の方式として「メタログ方式」を採用しています。 これにより、ログのファイルサイズ制限を無くし、リアルタイム性の高い幅広い操作項目の記録を 実現しました。
  2. 複数サーバのログを集中管理
    IML for Server は、複数サーバの操作ログを一箇所に集中管理することができます。 これにより、高い運用性の確保と操作情報の改ざんを防止することが可能になりました。
  3. 外部記憶装置に対応
    IML for Server は、OS標準機能では取得できない外部記憶装置への操作情報記録に対応しています。 これにより、USBメモリや同一ネットワーク内のPCやストレージへのデータコピー履歴を追跡することが 可能になりました。

■ 販売価格

オープンプライス

■ アイベクス株式会社について

アイベクス株式会社は、シンクライアントを中心に、セキュリティ及びネットワーク関連の各種パッケージを提供する革新的なシステム開発企業です。これまでのシステム開発及び各種サービス提供のノウハウを集約し、アジア発で世界に向けて新たなカテゴリ製品の提案と提供を行ってまいります。
http://www.ivex.jp/

社名: アイベクス株式会社
設立: 平成7年8月11日
代表者: 代表取締役 今泉 清水
所在地: [本社] 東京都千代田区神田和泉町1-3-3 タイワビル
[テクニカルセンター]  福島県郡山市方八町二丁目13番9号 光建ビル
事業内容: 情報処理及び情報提供サービス事業、パッケージソフト開発事業、ASPサービス事業

■ 株式会社ネットワールドについて

株式会社ネットワールドは、ITインフラストラクチャのソリューション・ディストリビュータとして、ユーティリティ・コンピューティング時代の企業データセンタと、そのセキュアでユビキタスなアクセスを実現する革新的な技術製品と関連サービスを提供しています。サーバやストレージ、そしてアプリケーションの仮想化に早期から取り組み、次世代のITインフラストラクチャのあるべき姿をリードしています。
http://www.networld.co.jp/

■ 製品ならびにご購入に関するお問い合わせ先

株式会社ネットワールド
マーケティング本部マーケティング1部
E-mail:お問い合わせメールフォーム

※記載されているロゴ、会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

※プレスリリースに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
発表後予告なしに変更されることがございますのであらかじめご了承ください。

「IVEX」製品についての詳細はこちら

2008プレスリリースのインデックスへ戻る
プレスリリース
プライバシー・ポリシー お問い合わせ サイトマップ