Flexera (InstallShield)

Home > Flexera (InstallShield) > 製品情報 > InstallShield 2011 製品概要

InstallShield 2011 製品概要

 

InstallShield® 2011 とは

InstallShield

約20年にわたりインストーラ開発ツールのデファクトスタンダードとして世界中のソフトウェア開発者にご利用いただいている「InstallShield」の最新バージョンです。優れたインストール環境を、シンプルなインターフェースで効率的に開発できる InstallShieldによって作成されたインストーラは既に5億台以上のPCでインストール作業が行われております。
最新版である「InstallShield 2011」は、Visual Studio2010、および.NET 4との連携機能を他社に先駆けて提供しており、Microsoft Team Foundation Serverへの統合機能も加わりました。また、Professional Edition / Premier Editionでは、InstallScript プロジェクトでUnicodeをサポートするので、ランタイム文字列、レジストリエントリ、ダイアログボックスなどで複数言語を扱えるようになりました。さらに、従来は上位モデルのPremier Editionのみに提供されていたStandalone BuildモジュールがスタンダードモデルのProfessional Editionでも提供されるようになりました。その他、64ビットアプリケーションインストーラ作成機能の強化、コード入力時間の短縮や入力ミスを回避することができるオートコンプリート機能が追加されたスクリプトエディタを提供しております。

※ご注意
InstallShield 2011は提供メディアがDVDとなっております。
また、InstallShield2011よりライセンスをあるマシンから他のマシンに移動できる回数の上限値が4回となっております。
アクティベーションに関する詳細は下記URLをご参照ください。

http://kb.flexerasoftware.com/selfservice/documentLink.do?externalID=Q205891

InstallShield 2011のEdition
InstallShield 2011
Premier Edition

InstallShieldの上位モデルで最大35ヶ国語に対応するマルチ言語対応インストーラが開発できる本格派ソリューションです。新機能ビルドイベント等も加わり、管理の手間を省きます。またStandalone Buildモジュールが5ライセンス利用可能です。

 
InstallShield 2011
Professional Edition

Developer、DevStudio、Professional、の後継版でInstallShieldのスタンダードモデルです。Windows、モバイルデバイス、サーバ用インストーラの開発が、直感的なウィザードや専用のビューを使って作成することが可能です。 Professional Editionでは英語+1ヶ国語のインストーラを作成する事が可能です。また、InstallShield2011よりStandalone Buildモジュールが1ライセンス利用可能です。

 
InstallShield 2011
Express Edition

InstallShieldの上位モデルで最大35ヶ国語に対応するマルチ言語対応インストーラが開発できる本格派ソリューションです。

 

Standalone Buildライセンス取得方法

主な特長
■ Windows 7、Windows Server 2008 R2とMSI 5をサポート
「Microsoft Windows 7」、「Microsoft Windows Server 2008 R2」をインストール先のOSとして指定できます。これらのオペレーティング システム用の機能条件やカスタム アクション条件をビルドすることができ、ファイル転送中に Windows タスクバーに進行状況バーを表示します。また、Windows Installer 5のサポートにより、インストールするユーザの指定や大きいMSIパッケージの高速インストールを実現します。
■ Microsoft App-V仮想アプリケーション作成のサポート
MSIプロジェクトを、アプリケーション仮想化技術であるMicrosoft App-Vの仮想パッケージにビルドすることができます。仮想アプリケーションは、独自の仮想環境に隔離して実行させるため、アプリケーションのOS依存や既存のアプリケーションとの競合を排除します。
※本機能には、Virtualization Pack を含む InstallShield のご購入が必要です。
■ 64ビットインストーラ作成機能の強化
64ビットアプリケーションに対する機能が強化され、64ビットのWindows7およびWindows Sever OSにアプリケーションを簡単に展開することができます。32ビット/64ビットアプリケーション向けのWindows7認定ロゴセットアップを容易に作成できます。
■ InstallScriptのUnicodeサポート
ランタイム文字列、レジストリエントリ、ダイアログボックスなどで複数の言語をサポートするInstallScriptインストーラーおよび InstallScript カスタムアクションを作成できます。
■ Visual Studio2010、.NET Framework 4.0のサポートを強化
Visual Studio2010 IDE内でインストーラーをビルドし、.NET4.0を対象とするアプリケーションを配布できます。またMicrosoft Team Foundation Serverへの統合機能も追加され、InstallShieldプロジェクトとVisual Studioソリューションのコンパイル、ビルド、管理を1つの環境で実行することが可能になりました。
■ Standalone Buildモジュールにより、クリーンなビルドシステムを維持
コンパイルを行うInstallShieldの一部の機能のみをビルドマシンにインストールして、クリーンなビルドシステムを維持できます。無償のStandalone Buildモジュールは、InstallShield 2011ではPremier Editionで5ライセンス、Professional Editionで1ライセンスご利用可能です。追加のStandalone Buildモジュールもご購入いただけます。
>> Standalone Buildライセンス取得方法
■ メンテナンスプランをご用意!
製品ライセンスにサブスクリプションとサポートがセットになったメンテナンスパックをご用意しております。ご購入後1年間の間にバージョンアップされた同一グレードの製品に対して無償でアップグレードでき、しかもテクニカルサポート「TEC-World」のサポートを10インシデントご利用いただく事ができます。
>> メンテナンスパックの詳細はこちら

◆ご注意

InstallShield 11.5より製品がWindows版とマルチプラットフォーム版に分かれており、マルチプラットフォーム版である「InstallAnywhere」につきましては、現時点で弊社では取り扱いの予定がございません。こちらの製品について、ご購入に関する詳細につきましては、Flexera Software Japan (前Acresso)へお問い合わせください。

お問い合わせ先
E-mail : support-apac@flexerasoftware.com
祝祭日を除く、(月)〜(金) 9:30-18:00

page up