InstallShield トレーニングコース (InstallShield 2019)

本コースは、InstallShield を使用してWindows Installer(MSI)ベースのインストーラー作成を習得するトレーニングコースです。
ベストプラクティスルール、コンポーネントルール、File Versioningルールなど MSI インストーラー作成の基本ルールを理解し、トラブルを起こさないインストーラー/アップデートインストーラーの作成のポイントを紹介します。また、ユーザーインターフェイスの編集や再配布可能ファイルの配布など、独自のカスタマイズを行う方法を学びます。
演習を通じてInstallShield の様々な機能を体感し、実際のインストーラー作成に役立てることができます。
コーステキストは講師が書き下ろしましたので、丁寧な解説で分かり易い講義です。

なお、本コースでは「基本のMSIプロジェクト」を対象とし、「InstallScript MSI プロジェクト」「InstallScript プロジェクト」、またInstallScript言語は使用しません。

コース名 InstallShield トレーニングコース (InstallShield 2019)
コースコード IS007
料金(税抜) ¥100,000 (テキスト代を含みます)
受講日数 2日間
受講時間 10:00~17:30
コースの目標

このコースを修了すると、次のことができるようになります。

  • Windows Installer の特徴やベストプラクティスルールを理解
  • 基本的なインストーラーの作成
  • アップデートやパッチの作成
  • インストーラーのカスタマイズ(条件設定/カスタムアクション/ダイアログの編集)
  • 再配布可能ファイルと複数パッケージの配布
  • コマンドラインからのインストール/サイレントインストール
  • トラブル発生時の問題の切り分け、ログの確認
前提条件 次の経験や知識がある方の受講を推奨しています。
  • Windowsシステムについて、操作方法と管理方法の基本的な概念を理解している方
  • 基本的なWindows 用語(DLL、レジストリ、サービスなど)を理解している方
対象者 InstallShield Premier/Professional を使用してインストーラー開発を行う開発者を対象としています。
コース概要

主に以下の機能について説明します。

  • Windows Installer の概要
  • 基本的なインストーラーの作成
  • ファイルのインストール(ベストプラクティスルール、コンポーネントルール)
  • リリースの設定、コマンドラインビルド
  • アップグレードとパッチの作成方法
  • Windows Installer プロパティと条件設定
  • カスタムアクション/テキストファイルの変更
  • システム検索、インストール要件の設定
  • 多言語対応、64bit対応インストーラーの作成
  • サービスのインストール
  • ユーザーインターフェイスのカスタマイズ
  • InstallShield 前提条件/マージモジュール/スイートインストーラー作成
  • トラブルシューティング
  • 実機演習

電話でお問い合わせ : 0120-520-097 (フリーダイヤル)
※ 受付時間:9:00~12:00 / 13:00~17:30(土・日・祝祭日・弊社休業日は除く)

PAGE TOP