VMware 動画

各種動画をご覧いただけます。

VMware Mirage 各機能デモ

Win XP⇒Win 7へのマイグレーション

Horizon Mirageのベースレイヤ配信機能を利用して、XPから7へのOSマイグレーションを行うことができます。

ファイルリストア

Mirageのバックアップ機能を利用すると、クライアントPCから簡単にデータのリストアを行うことができます。

クライアントPCのデータ復旧

利用中のPCが壊れた場合に、バックアップイメージからクライアントPCを復旧できます。 Mirageは、まずシステムを復元し、その他のデータをバックグラウンドで配信することで、PCが利用できない時間を最短にする事ができます。

アプリケーションのキャプチャと配信

クライアントで利用するアプリケーションをキャプチャし、他の端末へ配信することができます。

VMware AirWatch 各機能デモ

デバイスのエンロールメント(初期登録作業)

Google PlayやApp Storeから、AirWatch MDM エージェントをインストールし、業務に利用するデバイスの登録を行います。

動画の流れ

  1. iPad上で、App Storeにアクセス
  2. 「AirWatch MDMエージェント」を検索、インストール
  3. アプリケーションを開き、自身のユーザーアカウント、パスワードでログイン
  4. デバイス種類(会社支給、個人持ち込み、共有端末等)を選択し、登録
  5. 管理者側で設定しているプロファイルをインストール
  6. 自動的に読み込まれ、デバイス登録完了(1~6 まではわずか数分で完了)

セルフサービスポータルからのリモートワイプ、ロック

セルフサービスポータル画面から、ユーザ自身で、デバイスのリモートワイプや、ロックを行うことができます。

アプリケーションリスト設定によるポリシー制御

ブラックリストやホワイトリストの設定により、使用可能なアプリケーションの制御を行うことができます。 これらを企業全体やグループごとのポリシーとして設定することにより、デバイスの使用可否を自動的に管理することができます。

AirWatch純正のコンテナアプリケーション利用(Secure Content Locker)

モバイルデバイス上で、社内外との企業内データのやり取りを行うことができます。

PAGE TOP