VMware ライセンス

VMware製品の主なライセンス単位の種類は、以下のとおりです。製品の選定の際に参考にしていただけますよう、お願い致します。
※全てのVMware製品のライセンスは、VMware社のVMware End User License Agreements(EULA)の内容に準拠します。 下記の表はあくまでも弊社の解釈による、簡易的なライセンス体系のご紹介です。正確なライセンス体系については、下記URLをご確認下さい。
VMware End User License Agreement
VMware Product Guide

ライセンス単位説明
CPU ESXiがインストールされているサーバが搭載している、物理CPU数 1つにつき1ライセンスが必要です。コア数はカウントしません。
インスタンス 製品をインストールする対象のサーバまたは仮想マシン数のライセンスが必要です。
※コールドスタンバイ時は、待機側ライセンスは不要です。
PLU 2通りのカウント方法が存在します。
「ESXi上のVMを管理対象とする場合は物理 1 CPU単位」・「外部クラウド上のVMを管理対象とする場合は15 OS インスタンス単位」でライセンスをカウントします。
VM 管理対象のVM数に応じてライセンスが必要です。
OSインスタンス 考え方はVM単位と同じです。
※外部クラウドや物理OS環境を管理対象に置ける製品の場合、VM単位と区別するためにOSインスタンス単位と記載されています。
CCU(同時接続) 仮想デスクトップへリモートから同時に接続してくる数(Concurrent Connection User数)に応じてライセンスが必要です。
Named User 製品を利用する全ユーザの数に応じてライセンスが必要です。
デバイス 製品を利用するデバイス数に応じてライセンスが必要です。
PC 製品をインストールするPCまたはサーバの台数に応じてライセンスが必要です。

データセンター基盤

製品名ライセンス単位
vSphere CPU
vSphere for Desktop CCU
vCenter Server インスタンス
vSphere with Operations Management CPU
NSX CPU
vSAN CPU
vCloud Suite PLU

データセンター運用管理・監視

製品名ライセンス単位
vSphere CPU
vRealize Operations Standard VM または CPU
vRealize Operations Advanced OSインスタンス または CPU
vRealize Operations Enterprise OSインスタンス
vRealize Operations for Horizon CCU
vRealize Automation OSインスタンス
vRealize Log Insight OSインスタンス または CPU
vRealize Suite PLU
vRealize Network Insight CPU または CCU

データセンター運用管理・監視

製品名ライセンス単位
Site Recovery Manager VM

仮想デスクトップ・モバイル

製品名ライセンス単位
Horizon Standard CCU
Horizon Advanced/Enterprise CCU または Named User
AppVolumes CCU または Named User
Mirage Named User
AirWatch Green/Orange デバイス または Named User
AirWatch Blue/Yellow デバイス
Workspace One デバイス または Named User

個人利用・開発・検証

製品名ライセンス単位
Worstation Pro/Player PC
Fusion/Fusion Pro PC
PAGE TOP