Platform9 VMwareプラットフォーム

既存のvSphereリソースをそのままシームレスにセルフサービスのDevOpsへ

ものの数分で、Platform9 Managed OpenStackは既存のあらゆるvSphere環境上をソフトウェア開発者のためのセルフサービスの環境に変革します

利用できる機能 :

  • 新しいアプリケーションを起動させるための開発者のためのセルフサービスポータル
  • ユーザー、リソースと役割へのアクセスのためのテナントと管理ユーザー
  • 展開中の仮想マシンインスタンスをカスタマイズするための機構
  • 仮想マシン(CPU、メモリ、ディスク、配置ルール)などのリソース構成を一元管理するフレイバ

vSphereと100%の相互運用性の保証

Platform9のメタデータドリブンのアーキテクチャは既存のvSphereのリソースを自動的に検知し、シームレスにOpenStack API経由でのオーケストレーションから利用できるようにします。

自動検知されるリソース :

  • コンピューティングクラスタのCPUとメモリのキャパシティ
  • データストアのストレージキャパシティ
  • 既存の仮想スイッチによるネットワークトポロジ
  • OpenStack Glanceイメージとして利用できる仮想マシンのテンプレート
  • OpenStackの仮想マシンとして利用できる既存の仮想マシン

結果として、情報システムや運用がvSphereを直接利用して行った運用に制限事項のない100%の相互運用性を保証します。

つまり、以下の制限はありません :

  • ホスト間、クラスタ間、または、vCenter間での仮想マシンのvMotion
  • データストア間、またはデータストアクラスタ間のストレージvMotion
  • vSphere経由での仮想マシンの電源操作
  • vSphere経由での仮想マシンの作成、更新、削除またはテンプレート

vCenter互換性のあるストレージとネットワークのサポート

VMware vCenterと互換性のあるあらゆるストレージテクノロジーを利用可能

  • VMFSやNFSが動作している従来型のストレージ
  • VMware VSANやその他のソフトウェアディファインドストレージ

Platform9 Managed OpenStackは仮想スイッチに接続されているリソースを検知し、OpenStackのネットワークにマッピングを行い、ネットワークを簡素化します。

仮想マシンをこのネットワークに展開することが可能です

  • VMware vSphere 分散仮想スイッチ(vDS)
  • VMware NSXやその他のソフトウェアディファインドネットワーク

IPアドレスはOpenStackによって管理される定義済みのプールから、または外部のIPアドレス管理ステムから割り当てられます。

PAGE TOP