Nimble Storage(ニンブルストレージ)とは、独自のファイルシステム「CASL」を使用することにより、低コストながらハイパフォーマンスを実現するストレージです。
またクラウドベースの管理/サポートツール「InfoSight」が容易な運用性と障害の未然検知を実現します。

Adaptive-Flash.png

細かい設計は不要!拡張も柔軟

モデルは必要IOPSと容量から選ぶだけ!さらに柔軟に拡張可能!
ディスク本数に依存せず、CPUでパフォーマンスが決まるため、SSD本数、HDD本数、 RAIDの組み方等、従来型ストレージで悩まされていた細かい設計は一切不要です。
モデルの選定は、必要なIOPSと容量から適当なものを選ぶだけ、と非常にシンプルです。

従来型ストレージのようなディスク本数やRAID構成を考慮した設計は一切不要!
※ 上記に記載の容量は、1筐体あたりの物理容量。拡張シェルフの接続による容量追加も可能です。

スケールアップ、スケールアウトにも対応し、柔軟な拡張が可能です。
中小規模から、ハイパフォーマンスが求められる大規模環境まで、システムを止めずに追加可能なのでスモールスタートが可能です。

全てコミコミ!追加ライセンス不要

追加料金なしでスナップショット、圧縮などの全機能使用可能!
スナップショット、圧縮を始めとするすべての機能が追加料金なしで使用可能です。
従来ストレージのような、オプションライセンスの追加費用や、分かりづらいライセンス体系に 悩まされることもありません。

  スナップショット レプリケーション   シンプロビジョニング
 ゼロコピークローン 圧縮(インライン)  運用管理ツール

クラウドにおまかせ!簡単設定&運用負荷軽減

設定は5分で完了!さらに障害を未然に防ぐ、プロアクティブなサポートを実現!
Nimble Storageの一番のウリでもある、クラウドベースの運用・監視機能「InfoSight」。
全世界の筐体から情報を常に収集し、障害の未然検知および通知を実施し、99.9997%の稼動実現。管理者の運用負荷を大幅に軽減します。

頻繁なデータ収集

頻繁なデータ収集.png

  • 5分間隔
  • 必要に応じて



広範なデータ分析

広範なデータ分析.png

  • 1日当たり30,000,000を超える情報を各アレイから受信
  • センサー、ログ ステータスデータ

セキュアなシステム

セキュアなシステム.png

  • SSLを使ったWebベースの管理
  • 双方向通信可能なセキュアなアクセス

情報分析及び運用自動化

情報の分析及び運用の自動化.png

  • 推奨システム構成の自動提示
  • 情報を集約、分析し、今後のトレンドを予測

広がり続けるネットワークの接続性とビッグデータ分析を、サポートの自動化とクラウドベースの運用管理に活用

モニタリング機能も充実しており、仮想マシンも含めた包括的な運用・管理支援を行います。
例えば、遅延をホスト/ネットワーク/ストレージに細分化して表示し、下記の例ではホスト/ネットワークレイヤー側に問題があることを示しています。

PAGE TOP