IBM(ソフトウェア) アプライアンス製品

ハードウェアアプライアンス製品のご提供を開始しております。IBM ソフトウェアに限定されない取扱商材拡大として、注目の製品ラインナップになっております。

IBM QRadar Network Security(旧IBM Security Network Protection/Proventia)

XGS(アプライアンス)とXGS-V(仮想アプライアンス)

 XGSシリーズXGS-V
(仮想アプライアンス)
概要 ・物理アプライアンス。
・次世代IPSに求められる、
アプリケーションの可視化や脅威情報との連携などの機能を搭載
・仮想アプライアンス
・XGSの物理アプライアンスとほぼ同じ機能 (障害時のハードウェアバイパスなどなし)
機能 ・不正侵入検知・防御
・Virtual Patch®による脆弱性保護
・X-FORCE® のナレッジに基づく優れたゼロデイ脅威防御
・アプリケーションの可視化と制御
・SSL インスペクション 
・利用環境に柔軟に対応するパフォーマンス拡張&ネットワークモジュール
・QRadar SIEM との連携によるセキュリティー・インテリジェンスの実現
仮想化環境 VMware ESX, ESXi(*) に、IPS(不正侵入検知・防御) を実装する仮想セキュリティーアプライアンスで、ソフトウェアとライセンスで提供
保護対象 ・物理ネットワーク ・仮想ネットワーク
スループット
性能
400Mbps〜25Gbps
(モデル及び拡張ライセンスの組み合わせによる)
600Mbps〜1Gbps
※ 実装する仮想環境の構成によりパフォーマンスに変動があります。
特徴 ・実績のIPSテクノロジーを継承しつつ、次世代型機能をビルトイン
・ユーザーとアプリケーションの識別により、ポリシー違反や不適切な通信、業務中のSNSやフリーメールなどの利用の検知と制御
・SSL/TLS復号機能によりhttpsによる暗号通信にも対応
・将来的なパフォーマンスやインターフェイスの拡張に柔軟対応
・VMware 仮想マシンとして動作させるためのOVAファイルとして提供
・XGSの物理アプライアンスとほぼ同じ機能 (障害時のハードウェアバイパスなどなし)
・物理アプライアンスと同一の解析エンジン
・冗長化設定は、正式サポートなし。VMware vMotionも正式サポートなし
お勧めの
ケース
・標的型攻撃に代表されるクライアントサイドの脅威への対策と可視化 ・仮想化統合した環境へのセキュリティー対策

XGS(アプライアンス)

実績を重ねてきたIBM Security Network IPS(旧名称:Proventia®シリーズ)の技術を継承しつつ、昨今の脅威や利用形態にも柔軟に対応する次世代型不正侵入防御ソリューション

XGS(アプライアンス)

XGS-V(仮想アプライアンス)

XGS(アプライアンス)とほぼ同等機能。VMware ESX, ESXi環境へのIBM QRadar Network Security for VMWare導入により、お客様IT運用管理における課題を解決。

XGS-V(仮想アプライアンス)

IBM Security QRadar

将来の脅威を見据える インテリジェントな次世代統合ログ管理製品

IBM Security QRadar は、企業内の膨大な量のログやイベント情報を収集、多角的に高度な分析を行い、検出が困難だった脅威までも見つけ出します。運用の難しさや誤検知が多いこれまでのSIEM製品とは違う次世代のセキュリティー・インテリジェンス・ソリューションです。

QRadar画面イメージ

特長

  • コンテキストを考慮したイベント相関分析と異常検出技術によって潜在的な脅威や不正を早期に特定
  • スケールアウト可能な統合されたプラットフォーム
  • 自動化により運用担当者にかかる負担を削減

IBM Security QRadar 詳細について

IBM Security Guardium

こんな事で悩んでいませんか?

  1. データベースセキュリティが不十分なため、情報漏洩という大きなビジネス・リスクを抱えている
  2. J-SOXやPCI-DSS対応の監査ログを取りたくても、DB標準の機能では負荷が高く、業務への影響が大きい
  3. 様々なDBやOS毎にDB監査の仕組みを用意するのでは運用が困難。監査対応のコストが膨大

 

当製品導入のメリット

  1. 既存環境、データベースに負荷なしに全てのDBアクセスをリアルタイム監視、記録
  2. いつ、誰が、どこから、どんなアクセスをしたかの詳細なDBアクセス・ログを収集可能
  3. 様々なDBやOS、ERPパッケージのアクセスログを一元管理、統合的なレポートの出力が可能

hw_image04.jpg

PAGE TOP