Arcserve UDP Appliance 製品概要

Arcserve UDP をプリインストールしたバックアップ専用アプライアンス

Arcserve UDP 7300

中規模環境の最適なバックアップとDRを実現します。
数十TBの物理/仮想混在環境を一元管理で運用できます。
イメージバックアップだから簡単システム復旧、P2V!

 

ここがすごい!

1、インストール不要の簡単セットアップ
バックアップ/リカバリに必要な管理コンポーネントはすべてインストール済。ウィザードに従い基本的な設定をするだけですぐに使えます。
2、バックアップ用に最適化されたハードウェア
重複排除機能用のSSD(240GB)を標準搭載。メモリ/SSDのサイジングが必要なくなりました。ディスク容量もたっぷり12TBあります。
3、Arcserve UDP のライセンスを使い放題
バックアップ対象の数や容量に関わらず、Arcserve UDP Advanced Edition のライセンスが使い放題。後からサーバ台数が増えても安心です。

ポジショニング

適切なソリューションがこれまで存在しなかった、中規模環境のBCP/DRソリューション!

ポジショニング

利用例

混在環境の統合管理

システムごとにバラバラで、時間がかかったバックアップの運用管理をArcserve UDP 7300 でシンプルに統合できます!

Arcserve UDP 7300 混在環境の統合管理

仮想化を検討中のお客様へ

バックアップ対象に対して課金されるライセンス体系だと、過渡期に無駄が出る可能性がありました。

Arcserve UDP 7300仮想化利用例

ライセンスが使い放題のArcserve UDP 7300なら移行前も移行期間も移行後も無駄なくそのまま使えます!

Arcserve UDP 7300仮想化利用例

中規模仮想基盤のDR

ストレージの機能でバックアップ/DRを行おうとすると、プライマリストレージと同等の高額なストレージが3倍の台数必要に…

Arcserve UDP 7300 中規模仮想基盤のDR

高すぎるDRを Arcserve UDP 7300 でよりリーズナブルに。災害対策案件の「竹」案としてご利用ください!

Arcserve UDP 7300 中規模仮想基盤のDR

メンテナンス内容

  • サポートへのお問い合わせはソフトウェア版と同じ窓口で対応
  • 納品から5年間のメンテナンスが標準セット
  • ハードウェア故障にはオンサイト(現地訪問)対応が可能
    (現地訪問は問題特定から4時間駆けつけ目標※)
  • Arcserve UDP の無償アップグレードが可能 ※※

※  サービス拠点(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡)より30km圏内での目標となります
※※ アップグレード作業はお客様にて実施いただきます。

仕様

オペレーティングシステム Windows Server 2012 R2 Standard Edition
ストレージ容量 12TB (※ 1 TB = 1,000,000,000,000 bytes)
ハードディスクドライブ
(RAID設定)
4TB SAS (RAID 5) × 4
ソリッドステートドライブ
(重複排除用)
240GB SSD
RAM 32GB
IPMI & ネットワーク
インターフェース
IPMI x 1 & 1 GbE (RJ45) x 2
拡張スロット PCI-E 3.0 スロット × 2 にオプションのSAS/FC/イーサネットカードを増設可能
寸法 (H x W x D) 4.3 x 43.7 x 65cm (1U - 19” ラックマウントレール付)
重量 14.5kg
電源ユニット 500W x 2(リダンダント)
消費電力
(アイドル時/高負荷時)
約108W/160W
電源定格 100v-240v AC 50/60Hz
搭載される機能
Arcserve UDP Advanced Edition 相当:継続的な増分バックアップ, 仮想マシンのエージェントレスバックアップ, グローバルデデュプリケーション, システムのベアメタル復旧, ファイル/フォルダ単位のリストア, バックアップデータの遠隔転送, テープへの二次バックアップ(オプションの増設カードが必要), SQL Server / Exchange Server / Oracle DB のオンラインバックアップ, 仮想スタンバイ, 統合管理コンソール 等

※テープデバイスへの二次バックアップも可能です。

製品画像

※ 増設カードはオプションとして購入する必要があります。

PAGE TOP